ブログ運営

【ワードプレス】お名前ドットコムで取得したドメインをエックスサーバーに設定する方法【真似するだけ】

 
お名前ドットコムでドメインは取得できて、エックスサーバーも契約したんだけど、これでワードプレスのブログ始められるの?

 

こんな疑問にお答えします。

 

ドメインの取得とサーバー契約が完了したら、それらを紐付ける必要があります。

 

この手順で諦める方もいますが、分かりすく説明しますので同じ手順でやれば心配ありません。

  • お名前ドットコムで取得したドメインをエックスサーバーで設定する方法
  • お名前ドットコムでドメインのネームサーバーを変更
  • エックスサーバーでドメインの追加設定する
 

 

お名前ドットコムで取得したドメインをエックスサーバーで設定する方法

本記事をご覧の方は下記2点がすでに完了していることと思います。

  • お名前ドットコムでドメインの取得
  • エックスサーバーの契約

 

もし、まだドメインの取得とサーバーの契約が終わっていなければ以下を参考にしてください。

 

お名前ドットコムで取得したドメインをエックスサーバーで設定するためには、お名前ドットコム側と、エックスサーバー側の2つでお互いを紐付ける設定が必要となります。

 

ドメインとサーバーの紐付けの手順

  • ネームサーバーの変更(お名前ドットコム側の設定変更)
  • ドメインの追加設定(エックスサーバー側の設定変更)
  • 独自SSLの設定

次の項目でそれぞれ具体的に説明していきます。

お名前ドットコムでドメインのネームサーバーを変更する

まず、お名前ドットコム側での設定をしていきます。

はじめに「お名前.com NAVI」にログインします。

 

お名前.com NAVI ログインページ

 

ログイン後、トップページの下に「ご利用状況」という項目がありますので、そこの「ドメイン一覧」を選択します。

 

「ドメイン一覧」をクリックすると、下記画面になります。

ネームサーバー下の項目「初期設定」をクリックします。

 

すると、「ネームサーバー設定」のページに移ります。

 

下にスクロールして、「2.ネームサーバーの選択」の「その他」をクリックします。

 

下図のような画面になるので、右下の「+ボタン」をクリックして、ネームサーバー5まで項目を増やします。

 

ネームサーバーの項目を増やしたら、それぞれ下図のように入力します。(コピペ下に用意しました。)

 

コピペ用に下に記載しておきます。

  • ネームサーバー1:「ns1.xserver.jp」
  • ネームサーバー2:「ns2.xserver.jp」
  • ネームサーバー3:「ns3.xserver.jp」
  • ネームサーバー4:「ns4.xserver.jp」
  • ネームサーバー5:「ns5.xserver.jp」

 

このネームサーバーというのが、エックスサーバー側と紐付けするのに必要な情報となります。

エックスサーバーのサーバーパネル管理画面の「サーバー情報」から確認できます。

 

入力して確認ボタンを押します。下図の完了画面が出たらオッケーです。

 

以上で、お名前ドットコム側での設定は完了となります。

エックスサーバーでドメインの追加設定する

続いて、エックスサーバー側での設定をしていきます。

はじめに、エックスサーバーの「サーバーパネル」にアクセスします。

 

 

サーバーIDとサーバーパネルパスワードが必要となりますので、分からない方はエックスサーバーから届いた「サーバーアカウント情報」というメールをご確認ください。

 

「サーバーパネル」にログインすると下図のような画面になるので、右側の「ドメイン設定」をクリックします。

 

すると下図のドメイン設定画面に移るので、タブの「ドメイン設定追加」をクリックします。

 

下図のようにドメイン名を入力する画面になるので、お名前ドットコムで取得したドメイン名を入力します。

 

確認画面でドメイン名を確認したら「追加する」をクリックします。

 

下図のドメイン設定の追加確認画面になれば、完了です。

 

登録してすぐURLをアクセスすると下記のように表示されることもあります。

 

無効なURLです。
プログラム設定の反映待ちである可能性があります。
しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

 

しかし、心配ありません。数時間放置すれば反映されて完了します。

 

独自SSLの設定

ドメインとサーバーの紐付けができたら、最後に独自SSLの設定をしておきましょう。

 

 独自SSLってなに?

「SSL」はホームページの通信が暗号化されている証明となるものです。

 
SSLが適用されたホームページのURLは「https://~」で始まるのが特徴でセキュリティの高さをアピールすることができます。

SSLには、大きく分けて「共有SSL」と「独自SSL」があります。
 
共有SSLは、サーバー会社が所有するドメインをSSL化し、複数の人たちで共有します。
一方の独自SSLは、独自のドメインをSSL化します。
 

簡単に言うと、セキュリティを高めるための設定という感じですね。

通常、独自SSLは有料なことが多いですが、エックスサーバーでは無料なので必ず設定しましょう。

 

エックスサーバーの「サーバーパネル」に再びアクセスします。

 

SSL設定画面に移るので、タブの「独自SSK設定追加」をクリックします。

その後、対象のサイトを選択し、「独自SSK設定を追加する」をクリックします。

※下図は、すでに独自SSLが設定されている場合の画像です。

 

以上で、ドメインとサーバーの紐付けが完了となります。

お疲れさまでした。

 

ここまで来たら、後はワードプレスをサーバーにインストールするだけです。

下記の記事を参考にどうぞ。

 

エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールする方法を解説