ブログ運営

当サイト「モブログ」について

こんにちは。

映画ブロガーのまめもやし(@mamemo843と申します。

本記事は、当ブログ「モブログ」についてご紹介する記事となります。

モブログとは

当ブログ「モブログ」は、映画やドラマの感想・考察をするブログです。

取り扱う映画は、最新作から、往年の名作、世界各地で制作された映画まで、幅広いテーマの映画を扱っています。

当ブログが意識していること

いろんな映画ブログがありますが、その中で、当ブログ「モブログ」が意識していることがあります。

それは、「読者へのわかりやすさ」

私は映画の批評家でも専門家でもありません。ただの映画が好きな一般人です。

私のブログに訪れて、映画の感想や考察を読んでくれる。それだけでも嬉しいのですが、それなら自分の感じたこと、思ったことを分かりやすく伝えたい。

ときに、何度も観たくなる映画もあれば、二度と観たくない映画もあります。

映画の感想は人それぞれ。その人が生きてきた人生と、タイミングによって感じ方は異なるのです。

だからこそ、私は私の言葉で、自分がそのとき感じた感情を文字に残しておきたい。もちろんそれに共感してくれる人がいたら嬉しいです。

まめもやし

だからこのブログは、すべて私ひとりで運営・管理・デザインもしています。

つまらない映画を酷評することもあると思います。でも、それは一人の人間の主観的な感想であって、あなたが違うと感じたらそれでいいのです。

“ペンは剣よりも強し”。言葉や文字には、人を変えるほどの大きな力があります。

大いなる力には大いなる責任が伴う

自分が書いた文章には責任を持って、これからも分かりやすく伝えていきます!

“映画が好き”をもっと自由に、開かれたものに

「趣味はなんですか?」と聞かれたときに「映画鑑賞」と答えると、無難な印象を持たれたり、それによって“映画好きマウント”を取られてしまうなんてことがあります。

正直、くだらなくて嫌になる話です。

“映画好きマウント”なんて、くだらない

私の友人で、「趣味は映画鑑賞」「映画が好き」と気軽に言えないと話す人がいます。

  • 一番好きな映画は?
  • 年間で何本映画観てるの?
  • 映画好きなのに〇〇観てないの?

その人は、これまでの経験から、上記のようなことを質問され、“映画マウント”を取られて困ってしまったというのです。

その経験から、観た映画の本数を気にするようになってしまい、ノルマのように映画の本数を数えるようになってしまった時期があったそう。

純粋に映画を観ることができなくなり、映画を消費している感覚になってしまったと語るのです。

映画に限ったことではありませんが、ライトユーザーを「ニワカ」と表現する風潮があったりします。

映画でよくある話で言えば、以下の記事。

ニワカに「好きな映画教えて」と聞いたときに言ってくる映画として、以下の3作品を挙げています。

  • ショーシャンクの空に
  • レオン
  • パルプフィクション

どれも名作と言われる評価が高い作品で、これらを“真の映画好き”は好きな映画に挙げないらしいです。

まめもやし

まったくもって、くだらない話ですよ…。

人の好みに正解や正しさなんて存在しない

島国気質なのか、日本では「正しさ」や「正解」を追い求め過ぎな風潮があるんですよね。

その人が「好き」と言ったものに対して、他人が「そんなんじゃ好きとは言わない」と言う必要なんてないのです。

友人は、TwitterなどのSNSでも、気軽に感想を言えないと言います。

世の中の反応をみて、「自分の感想がずれていないか、間違っていないか」を気にしてしまうというのです。

繰り返しますが、映画の感想は人それぞれです。そこに正解なんてものはありません

まめもやし

好きな映画が嫌いになることも、嫌いだった映画が好きになることもあるのものです!

もちろん、感想は人それぞれですが、表現には注意が必要です。

個人を攻撃したり、特定の団体や性別などを蔑んだり、それに準ずる表現をすることはやめましょう。

SNSで誰もが気軽に発信できる一方で、それは誰もが影響力を持っていることを忘れないようにしよう。

まめもやし

つい感情のままに、過激な言い方をしてしまうこと、誰もがあると思います。私自身も気をつけます!

その上で、好きなものを好きと言えない世の中なんてポイズンですよ。もちろんその逆もしかり。

まめもやし

ぜひ、反町隆史さんの「Poison」を聞いてくださいね!

多くの業界にとって、ライトユーザーが重要であることは言うまでもありません。ライト層がいることで、よりその業界の裾野が広がっていくのです。

私は映画の文化を閉じたものにしたくない。もっともっと開かれたものであってほしいのです。

「映画が好き」という事実に、上も下も、正解もありません。

あなたが「映画を好き」という気持ちを大切にしてほしいのです。

まめもやし

だから僕は自己紹介するときに、まず堂々と「映画が好きです」と宣言しています!

まめもやしの活動

つづいて、私、まめもやしがやっていることを以下にまとめています。

映画ブログ「モブログ」

当ブログ、映画の感想や考察をしているブログです。

Instagram

インスタもやっています。インスタでは、おすすめの映画を、画像や動画で紹介しています!

Twitter

Twitterでは、最新映画の情報やシェアしたくなる映画の情報を発信しています。

note

noteでは、映画に関するコラムや、私の個人的なエッセイなどを発信しています。

YouTube

実は、YouTubeもやっています。こちらは映画ではなく、ミニマリストとしての私自身のライフスタイルについての発信をしています。

ご興味のある方はチャンネル登録していただけますと嬉しいです。

まめもやし

それぞれ、ご興味のある方はチェックしていただけますと嬉しいです!

当ブログの広告について

当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。

しかし、映画を消費するだけのコンテンツにはしたくない思いがあります。

ファスト映画や違法アップロード、そしてコロナの影響などもあり、映画業界は年々苦しい状況になっています。

このサイトも映画の感想や考察をする上で「ネタバレ」を扱っています。

ファスト映画と、ネタバレを扱う映画ブログやYouTubeは何が違うのか。私自身もすごく考えています。

ミニシアターが続々と閉館したり、映画や映画館離れが加速している現代。

そんな中で、映画を愛する一人の人間として、映画と映画館に還元したい、恩返しがしたいという気持ちで運営しています。

まめもやし

そういう理由もあり、好き嫌いはハッキリ言いたいので、なるべく試写会には行かず自分のお金で鑑賞するようにしています!

ゆくゆくは私も映画に関する事業を立ち上げたいとも思っています。

映画ブログで稼ごうとするのはおすすめしませんが、映画ブログは誰にでも簡単に始めることができます。

もし、私のように映画ブログをやってみたいという人は、以下の記事を参考にしてみてください。

最初に読んで欲しい記事

最後に、まず最初に読んでほしい、おすすめ記事をご紹介します。

この記事をご覧になってくださった方にまず読んで欲しい記事があります。

人生・仕事に疲れたときに観てほしい映画リスト
人生・仕事に疲れた時に観てほしい映画リスト

続きを見る

まめもやし

この記事では、私が人生に行き詰まったり、壁にぶつかったりするときに助けられた映画を紹介しています!

もし、何かに悩む場面があれば一読してみてください。

Road Movie
【旅がしたい!】傑作・名作ロードムービーのおすすめ映画14選を紹介

続きを見る

まめもやし

私が一番好きな映画ジャンル「ロードムービー」のおすすめ作品をまとめた記事です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。素敵な映画のある人生を!

お仕事の依頼に関しては、問い合わせフォームからお願いいたします。

-ブログ運営