コラム

10分に1回の濡れ場がある『日活ロマンポルノ』リブート映画がエロい。

 
エロい映画が無性に見たくなる時ってあるよね。おすすめのエロティックな映画が知りたいな。

 

こんな疑問にお答えします。

 

今回ご紹介するするのは、かつて一世を風靡した日活ロマンポルノを、日本を代表する映画監督たちがリブートしたプロジェクトをご紹介します。

 

エロい映画が観たいなら、ロマンポルノを知らない訳にはいきません。

10分に1度濡れ場が訪れるのですから。

  • 日活ロマンポルノってなに?
  • 日本を代表する映画監督が集結
  • ロマンポルノのルール
  • ロマンポルノリブート作品をご紹介

 

本作で紹介する映画は、控えめに言ってもエロすぎますのでご注意を。

 

日活ロマンポルノってなに?

日活ロマンポルノとは、映画会社の日活が1971年に製作を開始した成人映画です。

 

要するにエロ映画です。

 

日活といえば、日本を代表する映画会社の一つですが、かつて経営に苦しんでいる時期がありました。

会社の存続をかけ、ポルノ映画主体の路線へと舵を切ることになったのです。

 

「ロマンポルノ」という言葉には文字通り「ロマンを求めるポルノ」という意味が込められています。

 

当時、ロマンポルノは「芸術なのか、わいせつなのか」という論争が巻き起こるほど注目を集めていました。

 

それだけ映画という形で真剣に性に向き合ったということが伺えます。

そんなロマンポルノですが、2016年で生誕45周年を迎えました。

 

そこで行われたのが、新作映画の製作と過去作品の活性化の意味も含めたプロジェクト、ロマンポルノリブートプロジェクトです。

日本を代表する映画監督が集結

ロマンポルノのリブートプロジェクトとして、日本を代表する映画監督が新作映画の製作に携わりました。

 

 ロマンポルノリブート作品を製作した監督

  • 塩田明彦
  • 白石和彌
  • 園子温
  • 中田秀夫
  • 行定勲

 

それぞれの監督のおすすめ映画を紹介しておきます。

塩田明彦 

『さよならくちびる』

小松菜奈、門脇麦の二人が好演した音楽映画。

あいみょんと秦基博が手掛ける心地よい音楽も相まって胸に迫る。

 

白石和彌

『孤狼の血』

現代版ヤクザ映画の傑作。

日本映画はここまでできるという力量を見せる一本。

 

園子温

『愛のむきだし』

4時間に及ぶ長尺でありながらあっという間に終わるぶっ飛んだ作品。

園子温ワールドを体験するならこの作品。

 

中田秀夫

『リング』

日本を代表するホラーの名手、中田秀夫監督の代表作。

海外でもジャパニーズ・ホラーという一つのジャンルを築いた人ですね。

created by Rinker
ポニーキャニオン

 

行定勲

『GO』

「在日韓国人との恋愛」という恋愛映画でありつつも日本社会の問題を巧みに描いた作品。

窪塚洋介と柴咲コウの2人が好演。

created by Rinker
東映ビデオ

 

ロマンポルノのルール

日活ロマンポルノには、映画製作にあたって独自のルールがありました。

 

今回のロマンポルノリブートプロジェクトにおいても、そのルールを踏襲した6つのルールが用いられて製作されています。

 

 ロマンポルノの6つのルール

  • ロマンポルノ初監督
  • 完全オリジナル脚本
  • 10分に1回の濡れ場
  • 製作費は全作品一律
  • 上映時間は80分程度
  • 撮影期間は1週間

 

ロマンポルノ初監督

ロマンポルノを撮る上の1つの条件が、初監督であること。

 

つまり、これまでロマンポルノ作品を撮ったことがない監督たちだけが参加しているのです。

 

完全オリジナル脚本

これから紹介する作品は、全て完全にオリジナル脚本となります。

 

監督たちそれぞれが、自分の個性をだして表現しているのが面白さの一つですね。

 

10分に1回の濡れ場

この条件は、以前の日活ロマンポルノのルールにもありました。

 

ロマンポルノ作品では、10分に1回濡れ場が訪れます。

 

単純に考えて7、8回映画で濡れ場が訪れるのですから何とも魅力的ですよね。

 

製作費は全作品一律

5人の監督たちは、全て製作費を統一するというルールが課せられています。

 

これによって、同じ条件下でそれぞれの監督がどんな作品を作るのかという面白さを感じられますね。

 

上映時間は80分程度

日活ロマンポルノは、上映時間70分程度だったこともあり、リブートする上でも同じような条件を踏襲しています。

 

80分という尺は、普通の映画から考えると短く感じますがポルノ映画に関しては丁度いい長さです。

 

撮影期間は1週間

リブートプロジェクトに当たって課せられたのは、1週間の撮影期間。

 

それぞれの監督たちが1週間で紡ぎ出す作品は、比べて見るとより一層面白いです。

 

ロマンポルノリブート作品をご紹介

それでは早速、5人の監督が作り出した新作ロマンポルノ作品をご紹介します。

塩田明彦監督『風に濡れた女』

あらすじ

かつて劇作家だったが、都会から逃れて世捨て人のように山小屋で生活する高介(永岡佑)。

ある日、汐里(間宮夕貴)という野性的な女と出会う。

欲望に忠実な汐里にロックオンされた高介は彼女に翻弄されながらも欲望を露わにしていく…。

 おすすめポイント

  • 笑えるエロ映画
  • 本能に忠実な肉食女性に狙われた男
  • 登場人物全員がセックス三昧

 

白石和彌監督『牝猫たち』

あらすじ

池袋の繁華街。

風俗嬢の女性3人は、呼び出された男たちと枕を交わす。

ネットカフェ難民、シングルマザー、不妊症とそれぞれ悩みを抱えながら、好きでもない男性の前で素肌をさらし彼女たちはたくましく生きていく。

おすすめポイント

  • 風俗から日本社会の現実を見る
  • 風俗嬢たちがたくましく生きる姿
  • 芸人とろサーモン村田の好演

 

園子温監督『アンチポルノ』

あらすじ

売れっ子小説家兼アーティストの京子(冨手麻妙)は、極彩色の部屋で分刻みのスケジュールをこなしていた。

しかし、寝ても覚めても消えない悪夢により、彼女は自分は京子なのか、京子を演じているのかと混乱してしまう。

そして、虚構と現実の間で、彼女の過去の秘密が明らかになり…。

おすすめポイント

  • 園子温ワールド全開
  • ポップでアナーキーで、エロい
 

 

中田秀夫監督『ホワイトリリー』

あらすじ

陶芸家を目指すはるか(飛鳥凛)は、有名な陶芸家の登紀子(山口香緒里)のところに、見習いとして住み込んでいる。

はるかは多忙な登紀子に代わり、家事や雑事をはじめ、さらには陶芸教室も任されていた。

ある日、有名陶芸家の息子、悟が、新弟子として迎えられる…。

おすすめポイント

  • レズビアンによる濃厚な絡み
  • 仮面ライダー女優の初脱ぎ
  • ホラーの名手が紡ぎ出すロマンポルノ

 

行定勲監督

あらすじ

映画監督の古谷(板尾創路)は、何も撮ることができない日々が続き、憂鬱を感じていた。

自然と女性の肌のぬくもりを求めるようにさまよう古谷。

やがて仕事、名声、愛を失ってしまい…。

おすすめポイント

  • ダメ男に乱れる女性のエロス
  • 大河出演女優の本気の濡れ場
  • 美しく、官能的な映像美

 

【まとめ】ロマンポルノは男のロマン

日活ロマンポルノのリブートプロジェクト作品をご紹介しました。

 

 ロマンポルノリブート作品

  • 塩田明彦『風に濡れた女』
  • 白石和彌『牝猫たち』
  • 園子温『アンチポルノ』
  • 中田秀夫『ホワイトリリー』
  • 行定勲『ジムノペディに乱れる』

 

日本を代表する監督たちが、同じ条件のもとで製作したロマンポルノ。

5作品とも監督それぞれの個性が光っていました。

 

AVとは切り口の違う、ロマンポルノという性に真正面から向き合った作品の意義を感じました。

 

今回ご紹介した作品は、全てU-NEXTで見られます。

31日間の無料体験で解約すれば一切お金がかかりません。

 
U-NEXT