エロティック

【濡れ場がエロい】松坂桃李主演の映画『娼年』のエロシーンを徹底解説

娼年

みなさん、セックスは好きですか?

照れずに返事ができる人もいるとは思いますが、自分のセクシャルな部分について話すことは中々勇気がいると思います。

今回は、性描写と真摯に向き合った映画『娼年』をご紹介します。

主演には松坂桃李を起用し、彼を語る上で欠かせないターニングポイントとも言える映画になっていました。

R18のレーティングの本作は、日本映画でもなかなか観られない妥協のない性描写をしていました。

本記事ではそんなエロい映画『娼年』のエロシーンを徹底解説します。

そのため、エロティックな言葉や表現が登場する記事になりますので、不快に思う方はページを戻るようお願いします。 

濡れ場・エロシーン満載の『娼年』の作品情報

作品情報

原題娼年
監督三浦大輔
主演松坂桃李
製作国日本
公開年2018年
上映時間119分
おすすめ度(4点/5点)

キャスト

キャスト役名
松坂桃李森中領
真飛聖御堂静香
冨手麻妙咲良
猪塚健太平戸東

監督は、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『愛の渦』『何者』などで知られる三浦大輔監督です。

過去作からも繊細な心情描写や、性に対する自由な発想と表現力に定評があると感じます。

本作においても、様々な女性が登場する中で、思考やプレイといった描き分けが印象的でした。

映画『娼年』のあらすじ

 

あらすじ

退屈な大学生活に無気力な日々を送っているリョウ。彼のバイト先のバーに、ホストの友人とその客である御堂静香という女性がやってくる。

「女性に興味がない」と語るリョウを気に入った御堂は、経営するボーイズクラブでの仕事を誘う。

その仕事に興味を持ったリョウはなんとか「情熱の試験」を突破し、彼女の店で働くことに。

「娼夫」という仕事に戸惑いもあったリョウだったが、様々な女性と交わることによって次第にやりがいを見つけていく…。

『娼年』が無料で視聴できる

実は映画『娼年』はU-NEXTで無料視聴できます。

というのもU-NEXTの31日間の無料体験の間に視聴して解約すれば完全無料なんです。

さらに本作以外にもFANZAなどのAVが見放題にもなるので、エロ活が捗るのである意味注意してください。

映画『娼年』を見る

関連記事【18歳以上】U-NEXT(ユーネクスト)最大のメリットはアダルトです【エロ・AV】

エロい濡れ場で松坂桃李の腰が崩壊!?

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

石田衣良の小説が原作

原作の作家、石田衣良さんの「池袋ウエストゲートパーク」「4tenn」等の過去の作品には触れた機会があり、男の青春と官能的な表現が得意というイメージがあります。

今作、映画化されるよりも先に舞台化されていて、その主演も同じく松坂桃李が演じています。  

インタビューで本人が「腰が終わるんじゃないかと思った」と話していたように、全編通して性描写がひっきりなしに描かれているため、観る人を選ぶ作品だとは思います。 

松坂桃李が「腰が終わるんじゃないか」と感じたほどの激しい腰使いが見られますよ。

松坂桃李自身も撮影で身を削ったと言っていましたが、人間の欲望をありのままに表現する難しさを画面を通して感じました。 

性描写も建前としての濡れ場シーンではなく、しっかりプレイ内容まで描ききっています。

また、今作ではセックスシーンが多くの割合を占めているため、一つ一つの場面で違った表情を見せる松坂桃李と相手の絡み方にも注目して楽しむことができます。

松坂桃李は若手俳優の中でも演技力に定評があると感じています。

他の松坂桃李が主演した映画も面白いので是非チェックしてみてください。

関連記事映画『孤狼の血』は実話?モデルやキャスト・続編など【ネタバレ感想】

関連記事松坂桃李演じる映画『不能犯』うそぶきの正体や過去とは?【ネタバレ感想】

【濡れ場がエロい】映画『娼年』のエロシーンを徹底解説

以下では、劇中において主人公リョウが交わることとなる女性を順番に紹介します。  

濡れ場となるエロシーンを徹底解説しますので、ご注意ください。

【濡れ場1人目】ギャル風の女(階戸瑠季)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

エロシーン解説

映画の冒頭。大学生のリョウはギャル風の女と一夜を共にして朝を迎えるシーンから始まります。

そこでいきなりおっぱい丸出しで登場するのがこの女性。グラビアアイドルの階戸瑠季さんです。

彼女の残した手紙の内容から、行きずりで一夜限りの関係を持ったことが伺えます。

リョウは心にぽっかり穴が空いたような空虚な表情を浮かべていました。  

その後、リョウが務めるバイト先のバーに友人でホストの進也が女性を連れてきます。  

その女性こそがリョウを娼夫への道へ誘うことになる御堂でした。  

セックスや女性なんて退屈だと語るリョウを御堂は気に入り、バイト後に少し付き合うように誘うのでした。

【濡れ場2人目】咲良(冨手麻妙)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

エロシーン解説

御堂静香に連れらてきた場所で御堂とのセックスが始まるのかと思いきや、相手をするのは咲良という若い女性でした。  

それこそが「情熱の試験」だったのです。

咲良は生まれつき耳が聞こえない女性ということが分かりますが、それでも構わずリョウは咲良とのセックスを始めます。 

リョウは自分の欲を満たすための激しい独りよがりなセックスをします。

ここで初めてはっきりと性描写が描かれます。松坂桃李の見たことのない手マンやマシンガン並みの腰使いには衝撃を受けました。

ことを済ませたリョウに対し、5000円を渡す御堂。それは不合格を意味していました。

しかし、咲良が5000円を追加したことで1万円となり、御堂の経営するボーイズクラブ「Le Club Passion」の最低条件を合格したことになりました。

咲良を演じたのは冨手麻妙という女優です。モデル出身の彼女は園子温監督作品『アンチポルノ』でもヘアヌードを披露しています。

関連記事濡れ場の多いエロ映画が見たければ『日活ロマンポルノ』リブートがおすすめ。

【濡れ場3人目】ヒロミ(大谷麻衣)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

エロシーン解説

咲良との試験を終えたリョウはボーイズクラブへの入会を決めます。  

そしてリョウがクラブ・パッションに入ってから最初の顧客となるのは、中年女性のヒロミ彼女と出会った最初の日はカフェで簡単な質問だけで終わってしまいます。  

嫌われてしまったかと思ったリョウでしたが、次の日も呼ばれて向かうと昨日とは明らかにムードが違うヒロミの姿が。  

そこからの展開は早く、ホテルへ着くや否や濃厚な絡みが始まります。  

洋画でよく見る玄関からおっぱじまる情熱的なスタートを皮切りに、官能的なセックスが行われます。

リョウの高速手マンはもちろん、ヒロミのお返しフェラや、立ちバックからなだれ込んでフィニッシュします。

まさか松坂桃李のあんな喘ぎ声を聞くとは思いませんでした(笑)。ヒロミを演じた大谷麻衣さんは本作をみた篠山紀信さんにオファーされてすべてをさらけ出した写真集を発表します。

【濡れ場4人目】イツキ(馬渕英理何)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

エロシーン解説

リョウが次に相手するのはメガネをかけた知的な女性、イツキ。

思いがけず文学的な知識の共有で打ち解けたリョウはイツキの自宅へ招かれます。

そこで彼女からあることを打ち明けられます。なんと、一見真面目そうに見える印象とは裏腹に、彼女は特殊な性癖を持つ女性だったのです。

というのも、イツキは昔好きだった幼馴染の前でオシッコを漏らしてしまった過去があり、それがきっかけでエクスタシーを覚えてしまいました。

それ以上の快感が今でも忘れられず、打ち解けたリョウに自らの放尿姿を見て欲しいとお願いするのでした。

予想外のことに一瞬戸惑うリョウでしたが、彼女を受け入れ、目の前でその姿を目の当たりにし、優しく抱き寄せます。

ある意味一番体を張っているイツキを演じた馬渕英理何さんは、舞台挨拶で「お漏らし女優です」と自己紹介するほどユーモラスで素敵な方です。

【濡れ場5人目】主婦(荻野友里)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

エロシーン解説

リョウはその後ボーイズクラブでの評判が上がり、次々と依頼を受けるようになります。  

次の顧客はセックスレスに悩む主婦でした。

結婚後旦那にセックスを拒まれ続け気持ちが参ってしまった主婦の相談に乗り、抱き寄せるリョウ。

娼夫となったことで、より自由になったというリョウのナレーションとともに、リョウがもう普通の世界には戻れないことも感じさせるシーンでした。

そのままセックスシーンへと流れ、プレイとしては騎乗位から正常位へとシフトする定番の流れでフィニッシュします。

主婦を演じた荻野友里さんは、NHKの教育番組にも出演していた方なので、こういう映画に出演して体を張っているのはさすがで素敵でした。

【濡れ場6人目】紀子(佐々木心音)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

エロシーン解説

次の依頼は特殊な状況の夫婦からでした。

車椅子にのり、体が不自由な夫の泉川(西岡徳馬)は、自分の目の前で自分の代わりに妻の紀子とセックスして、それを映像に残したいという要望を申し付けます。

さらに妻からは「夫のためにも激しく犯してほしい」と頼まれるリョウ。

戸惑いながらも引き受け、車椅子に乗る夫の目の前で、紀子を激しく犯します。

その様子に気持ちが高まった泉川はまさかの行動に出ます。

なんと自らズボンのチャックをおろし、オナニーをし始めるのです。

次第に激しくなるリョウと泉川の息遣い。そして最後はなんとリョウ、泉川ダブルのぶっかけフィニッシュでした。

次第に激しくなるリョウと泉川の息遣い。そして最後はなんとリョウ、泉川ダブルのぶっかけフィニッシュ

さすがにこのシーンには爆笑しました。一体何を見せられているんだという感覚とともに、サングラスをかけてドSプレイをする松坂桃李は「本当によく演じたな」と心から思いました。

後にこの夫婦は上客で、いつも変な設定をしてプレイを楽しんでいる変態夫婦であることがわかります。 

紀子を演じたのは、歌手で元グラビアアイドルの佐々木心音さん。モデル体型の彼女のDVDはAmazonで大ヒットしています。

【濡れ場7人目】平戸東(猪塚健太)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

エロシーン解説

クラブ・パッションの先輩でもあり、No.1のアズマ。クラブの一室で話していると、彼がNo.1である理由を明かしてくれます。  

おもむろに服を脱ぐとアズマの体には無数の傷跡がありました。彼は痛みを快感に感じる性癖の持ち主で、変態性の強い顧客がこぞって指名するのでした。

そんな事情を知り、戸惑うリョウに近寄るアズマ。リョウの普通らしさを気に入ったアズマはそのまま、リョウの股間に近づきます。

戸惑うリョウをなだめると、アズマはリョウの息子をくわえてフェラを始めます。リョウは戸惑いながらも気持ちよさに負けて果ててしまいます。

松坂桃李と猪塚健太のダブルイケメンプレイに女性は嬉しいシーンですね。

気持ちよくなったリョウはお返しに何かできないかアズマへ尋ねると、アズマは自分の小指を折るように頼むのでした。

人の指を折ることへの恐怖から叫ぶリョウと、激痛とともにエクスタシーを感じ声をあげるアズマの声が響き渡ります。

痛々しいシーンですが、変態性と恐怖性の刺激が強かったです。アズマを演じた猪塚健太さんは本当に演技が上手いです。

【濡れ場8人目】老女(江波杏子)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

エロシーン解説

友達のホストの進也と恵に娼夫であることがバレてしまったリョウは、二人から軽蔑の目で見られます。  

それでも変わらず仕事に向かうリョウが続いて迎えるのは、70歳の誕生日を迎える老女。 

この老女は手を握っただけでその人のことがわかるという特技をもっていて、リョウの友達とのすれ違いの話を聞きながらエクスタシーを感じるのです。

熟女好きの需要にも答える本作はさすがですね。手を触っただけでイケる体質という面白い視点で楽しませてくれました。演じた江波杏子さんは、2018年に惜しくも逝去され、本作が映画としての遺作となりました。

【濡れ場9人目】御堂静香(真飛聖)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

エロシーン解説

御堂はここまでのリョウの頑張りを認め、何でも好きなことを言ってごらんと持ちかけます。

それに対してリョウは御堂と付き合うことを望みます。

御堂は拒みますが、気持ちを抑えられないリョウは力ずくで無理やり御堂に迫りますが、御堂からのビンタで終わってしまいます。

御堂とのシーンはいつ描かれるのかという焦らし方が上手いんですよね。リョウの抑えられない気持ちが伝わってきます。

そんな御堂に対して、「成長した姿を見て欲しい」ということで咲良ともう一度情熱の試験をやらせて欲しいと懇願するのでした。

【濡れ場10人目】白崎恵(桜井ユキ)

©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

エロシーン解説

ある日、リョウの元へ初めての客から名指しで指名が入ります。  

呼ばれたホテルの一室に向かうと、そこにいたのはなんと大学の友人のメグミでした。  

メグミは1ヶ月分のバイト代を使い、娼夫であるリョウを呼んだのです。

流石に戸惑うリョウでしたが、「娼夫にやりがいを感じているならプレイで見せてみろ」と挑発されて、激しく交わる2人。

お得意の高速手マンで潮をふかせから、69からの対面座位、くるりと回してバックといった恐るべき滑らかな手順で交えます。

そして極め付けはバックから両足を持ちあげ、空中バック!最後は正常位にてフィニッシュ。

個人的に今作一番エロいシーンでした。同じ大学の友達だったリョウとメグミの思いが文字通りセックスを通してぶつかり合い、生々しさを感じさせられました。

プレイ後、メグミはリョウがもう自分と同じ世界にはいないと悟り、泣くのでした。

メグミを演じた桜井ユキさんはドラマでも活躍する女優なので、体を張った演技を見られる貴重なシーンでした。

【濡れ場11人目】咲良2回目・御堂静香(冨手麻妙・真飛聖)

エロシーン解説

御堂が実はエイズに感染していることや咲良が娘であることなど、御堂が自分の過去を打ち明けます。

それを踏まえた上で自分の成長を見せつけるための試験としてもう一度咲良と交わるリョウ。  

最初の頃の自分本位のセックスとは異なり、ゆっくりと時間をかけて愛撫するリョウ。

その姿を見せつけるかのように御堂に視線を送ると、御堂もリョウとセックスしているかのように感じます。

擬似的に3Pのような絵面となり、三人とも恍惚の表情を浮かべてフィニッシュするのでした。

【濡れ場12人目】老女2回目(江波杏子)

エロシーン解説

その後、クラブパッションは摘発され、御堂は警察へ連れてかれてしまいます。  

御堂がいなくなった後、咲良が御堂の代わりとなり、リョウも引き続き娼夫の仕事は続けています。

1年が経過し、昨年同様に誕生日を迎える老女の元へ向かうリョウ。

そして老女を抱くシーンへ繋がり、映画は幕を下ろします。

『娼年』は濡れ場・エロシーン満載だけど面白い!

娼年
©︎石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会.

濡れ場・エロシーン満載で進んでいく本作ですが、それ以上にエンタメ作品としても面白いんです。

三浦監督は本作を「セックス・エンターテインメント」と表現していますが、本当に沿う感じます。

初めは何事にも興味を示さず、死んだような目をしていたリョウでしたが、御堂との出会い、「娼夫」という仕事にやりがいを見つけることで、変わっていきます。

しかし同時にそれは普通の大学生には戻れないことも意味していました。  

無気力でつまらないと感じていた日常は、娼夫として求められる自分と、様々な欲望をもった女性たちを知ることで埋まっていくのでした。  

今のご時世で、日本映画でここまで性に向き合える映画はそうそう無いと思いますので、少しでも興味があれば観てみるのもいいと思います。

言葉で説明しましたが、映像で見るとやっぱり違いますので、ぜひ映像で見てくださいね。

今すぐ『娼年』をみる

関連記事【邦画】若手女優の濡れ場がエロい映画9選【ベッドシーン】

関連記事【洋画】美人女優のエロ過ぎる濡れ場がある映画特集【子供はダメ】