『天国大魔境』ヒルコの正体や出来事の時系列にして解説・考察

※本サイトには一部プロモーションが含まれています。

マンガ

『天国大魔境』ヒルコの正体や時系列や相関関係を整理して解説・考察

『天国大魔境』は、石黒正数による講談社『月刊アフタヌーン』で連載中の漫画。文明が崩壊した世界で生きる少年少女たちの様子を描いています。

『天国大魔境』の物語は、「天国編」と「魔境編」の大きく分けて2つの軸で進行していきます。以下では、それぞれのキャラクターに関するポイントやあらすじ、起きた出来事の時系列など詳しく解説していきます。

『天国大魔境』のあらすじの解説は、以下の記事で詳しく解説しています。

アニメ『天国大魔境』はディズニープラスで見放題!

配信サイト配信状況
ディズニープラス

ディズニープラス


今すぐ見る
独占見放題

Amebaマンガなら、天国大魔境が全巻50%即還元で購入できます!

\マンガが50%即時還元/

Abemaマンガで読む

普通に買うのは損しています!

ネタバレあり

以下では、天国大魔境の展開に関するネタバレに触れています。注意の上、お読みください。

『天国大魔境』のキャラクター解説(天国編)

トキオ

『天国大魔境』トキオ
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前トキオ
入園時期2期生
推定年齢14歳
身長158cm
能力体を硬化して仮死状態にできる
特徴・他の生徒たちの恋愛の様子に戸惑う
・コナへ好意を寄せる
・コナとの子どもを妊娠、出産

コナとの子どもを設けるも、学園爆撃の余波で、実子かクローンか不明なまま、猿渡に手渡された赤ちゃん(足に丸印の付けなかった方)を育てる。

ミミヒメ

『天国大魔境』ミミヒメ
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前ミミヒメ
入園時期2期生
推定年齢14歳
身長153cm
能力予知能力
特徴・長く伸びた耳による高い聴力
・先端や刃物への恐怖心がある
・外の世界では「星尾あかり」として生活

シロに好意を寄せられるミミヒメですが、それほど恋愛への関心がない様子。気遣いがよくできて面倒見もいい。

予知能力で潜在的にタカとアンズが結ばれることを知っていたから、タカと手を繋ぐ様子をアンズに見られていはいけないと察するなど、勘がいい。

シロ

『天国大魔境』シロ
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前シロ
入園時期2期生
推定年齢14歳
身長168cm
能力工作能力
特徴・ミミヒメが大好き
・社交性はなく他人への関心は低い
・外の世界では「宇佐美俊」として生活

シロは、初めは寡黙で謎めいた様子だったが、ミミヒメへの一途な思いを人生と通して貫いた人間。

タカ

『天国大魔境』タカ
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前タカ
入園時期2期生
推定年齢14歳
身長170cm
能力高い運動能力、強靭な肉体
特徴・好奇心旺盛で元気
・外の世界では「南方弥刀」として生活
・後にアンズ(乃亜)と結婚して子どもを儲ける

アンズ

『天国大魔境』アンズ
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前アンズ
入園時期2期生
推定年齢14歳
身長157cm
能力ダンス、表現力
特徴・頭は良いが、たまにおっちょこちょい
・タカをなにかと意識している
・外の世界では「梅津乃亜」として生活
・後にタカ(弥刀)と結婚し子どもを儲ける

コナ

『天国大魔境』コナ
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前コナ
入園時期1期生
推定年齢17歳
身長172cm
能力想像(予知)したものを描写する力
特徴・閉所恐怖症
・アスラへ恋愛ではない好意を持っていた
・トキオの好意に応じ子どもを儲ける

アスラ

名前アスラ
入園時期1期生
推定年齢享年12歳
身長不明
能力予知能力、飛行能力、治癒能力ほか
特徴・人間というよりも宇宙人に近い見た目
・あらゆる能力を持っている様子
・未来予知したことで学園で自死する

コナと同期の1期生であるアスラは、一人だけ他の生徒とは明らかに違う外見をしています。能力も卓越していて、どこか神聖な面持ちすら感じます。高原学園での初めての死者となる。

タラオ

名前タラオ
入園時期3期生
推定年齢享年10歳
身長不明
能力怪力、頭が良い
特徴・トキオへ好意を寄せる
・黒いアザの病気を発症して病死
・火葬後に硬化した物体が出現
・死の直前、トキオに学園から逃げるように伝える

運動能力の高いタカでも持ち上げられない大きな石を放り投げたという話から、怪力があったと推測できます。病気の発症後はヒルコになると言うが、火葬したらならないのかは不明。残った物体がヒルコになる可能性も?

クク

『天国大魔境』クク
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前クク
入園時期3期生
推定年齢10歳
身長135cm
能力高い跳躍力とクライミング力、水泳も得意
特徴・病気を発症して死亡
・両性具有
・崩壊後はミチカとオーマと行動を共にする

ミチカ

名前ミチカ
入園時期3期生
推定年齢10歳
身長不明
能力高い運動能力
特徴・両性具有

イワ

名前イワ
入園時期3期生
推定年齢10歳
身長142cm
能力不明

ナナキ

名前ナナキ
入園時期3期生
推定年齢10歳
身長137cm
能力不明

オーマ

名前オーマ
入園時期5期生
推定年齢5歳
身長不明
能力幻覚を見せる能力
特徴・両性具有

マコ

名前マコ
入園時期4期生
推定年齢不明
身長不明
能力念力
特徴・ナタを気にかける
・外の世界では「堀さちお」として生活

ナタ

名前ナタ
入園時期4期生
推定年齢不明
身長不明
能力不明
特徴・外の世界では「三倉まなか」として生活

サクヤ

名前サクヤ
入園時期4期生
推定年齢不明
身長不明
能力不明

上仲誌乃(園長)

上仲誌乃(かみなかしの)
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前上仲誌乃(かみなかしの)
生年月日1945年4月20日
役職高原学園の園長
特徴・現代社会を「地獄」と表現
・ミーナの予言を知り学園を設立
・「大災害」後の「天国」づくりに奔走
・普段は車椅子だが、実は立つことも走ることもできる

青島裕子

青島裕子(あおしまゆうこ)
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前青島裕子(あおしまゆうこ)
年齢33歳(2024年当時)
役職高原学園の副園長
特徴・トキオの妊娠に気づき園長に報告
・副園長に抜擢される
・学園爆撃時に生徒を外へ逃がす

猿渡照彦

猿渡照彦(さるわたりてるひこ)
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前猿渡照彦(さるわたりてるひこ)
年齢40歳(2024年当時)
役職高原学園の保険医
特徴・トキオ出産時にクローンを作るが、どちらがトキオの子どもかが分からなくなる
・学園崩壊後は学園に残り一部の生徒らと過ごす

上仲永吉

名前上仲永吉(かみなかえいきち)
年齢72歳(2024年当時)
役職高原学園の幹部、誌乃の夫
特徴・学園崩壊後に猿渡に園長の計画を伝える

今永美咲

名前今永美咲(いまながみさき)
年齢不明
役職高原学園の出資者

『天国大魔境』のキャラクター解説(魔境編)

マル

『天国大魔境』マル
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前マル
推定年齢15歳
特徴・高い身体能力
・近接戦闘術
・漢字に弱い
・ヒルコの核に触れられる
・キルコが好き

キルコ

『天国大魔境』キルコ
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前キルコ
年齢20歳(肉体)/18歳(脳)
特徴・肉体は竹早桐子
・脳は竹早春希
・高い射撃能力
・絶望的なネーミングセンスの欠如
・自分のアイデンティティに揺れ動く

稲崎露敏

『天国大魔境』ロビン
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前稲崎露敏(いなざきろびん)
年齢25歳(2011年11月11日)
特徴・船山孤児院のリーダー格
・不滅教団の宇佐美の元で働く
・高原学園茨城施設の大濾過装置を管理
・秘密裏にヒルコと人間の実験をする
・逃亡し、現在は復興省から指名手配中

竹早春希

竹早春希(たけはやはるき)
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前竹早春希(たけはやはるき)
年齢13歳(2034年当時)
特徴・桐子の弟
・桐子への重度なシスコン
・射撃能力
・ヒルコに下半身を食われ桐子へ脳移植される

竹早桐子

名前竹早桐子(たけはやきりこ)
年齢15歳(2034年当時)
特徴・春希の姉
・人気の電動カーレース選手
・弟思い
・肉体が春希の脳移植の器となる

三倉まなか

名前三倉まなか(みくらまなか)
年齢23歳(肉体)/94歳(脳)
特徴・高原学園の4期生のナタ
・園長の脳が移植される
・マルをキルコの元に届ける
・アザの病気の発症して死亡

宇佐美俊

『天国大魔境』宇佐美
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前宇佐美俊(うさみしゅん)
推定年齢享年29歳
特徴・高原学園の2期生のシロ
・「不滅教団」の医師
・工作が得意
・星尾あかりの亡骸を抱えて自死

宇佐美医師の正体はシロ。学校を出た後の外の世界では、宇佐美俊(うさみしゅん)に名を変えました。シロは工作が得意でした。

シロは、かねてからミミヒメへ好意を寄せており、そんな彼女があんな姿になっていくのはさぞ辛かったでしょうね。最後の彼女からの言葉で少なからず救われたことでしょう。彼女を守ったときにもらった制服のボタンとミミヒメの亡骸を抱きしめて自死しました。

まめもやし

ミミヒメとシロのエピソードは後のエピソードを知ると、振り返って泣けてきます…。

星尾あかり

星尾あかり(ほしおあかり)
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前星尾あかり(ほしおあかり)
推定年齢享年29歳
特徴・高原学園の2期生のミミヒメ
・宇佐美による延命措置を受ける
・アザの病気の進行を遅らせるため体中の部位を切断
・マルのマルタッチによって死亡

迫田

名前迫田(さこた)
年齢55歳
特徴・浅草で桐子らレース興行の怪我に手当をする
・人食い研究や人体実験のウワサあり
・春希の脳を桐子の肉体に移植した
・現在は消息不明
・高原学園の保険医・猿渡の本名と同一

水橋

名前水橋(みずはし)
年齢不明
特徴・「リビューマン」代表
・不滅教団による治療で片足が義足に
・デモで怪我を追い、周りから死んだと思われる
・キルコの生理に気づきケアする

ジューイチ

名前ジューイチ
推定年齢23歳
特徴・都市伝説系の情報屋
・女性至上主義の壁の町で「種豚11号」として飼われていた
・町を4人で抜け出し唯一脱走できた
・精子提供による息子、十五の父親
・脱走時に叫び声で知らせた人間を殺害する
・決め台詞は「シーユー・バイバイ」

十五

名前十五(じゅうご)
推定年齢1歳
特徴・ジューイチの息子
・ヒルコ人間
・冷却能力を持つ

ヘルム

名前ヘルム/怜夢(れいむ)
推定年齢16〜17歳
特徴・地獄夢と書いてヘルム
・本名は怜夢
・過去にこめかみにホクロのメガネ男にレイプされる
・ビームを跳ね返すヒルコ相手と闘う
・浜松空港でレイプ犯に復讐する(陰部を爆破)
・レイプ犯の連れていた少女を引き取る

トトリ

トトリ
©石黒正数・講談社/天国大魔境製作委員会
名前トトリ
推定年齢13歳
特徴・岩田組
・ホテル王になると宣言
・ヒルコ人間

【ネタバレ考察】『天国大魔境』ヒルコや元の人間について

ヒルコに関する情報

  • 大災害以降に出没するようになる
  • 人食い”・“ヒルコ”・“怪物”など呼び方はさまざま
  • 内部には心臓のような“核”を保有している
  • 不死身、さまざまな特徴や能力を持っている
  • 怪物になる病気を発症して死んだ、元人間
  • 瀕死に陥ると硬化して仮死状態となる
  • ミーナは学園の子どもたちを“ヒルコ”と呼び、外の外へ行くことがテストだと発言
  • 不治の病「黒いアザの病気」を発症して死亡すると“ヒルコ”になる
  • 400年以上前から核を持ち存在する「鬼のミイラ」もいる(江戸時代の文献にも明記あり)

これらの情報を整理して考えると、ヒルコはアザの病気を発症して死んだ元人間であるが、「鬼のミイラ」の存在が示すように、必ずしも高原学園出身の人物であるわけではないと推測できます。

それを元に、以下では物語で登場したヒルコたちを順に紹介していきます。

ヒルコなどの特徴元の人間
6本のムチを持つ鳥型のヒルコ(1巻)タカ
10本足のオオグソクムシ型ヒルコ(2巻)???
手の生えた魚型のヒルコ(2巻)クク
幻覚を見せる単眼型のヒルコ(3巻)オーマ
冷却能力を持つクモ型のヒルコ(5巻)ナナキ
大濾過装置で人間と繋がれたヒルコ(6巻)???
キル光線を跳ね返すヒルコ(7巻)???
山村の祠にいた鬼のミイラ(8巻)???
巨大な光の手足を持つヒルコ=アンジュラス(8巻)アンズ

6本のムチを持つ鳥型のヒルコ(1巻)

1巻で登場した、キルコとマルが泊まった宿「八巣旅館」に現れたヒルコ。

元の人間はタカ。8巻後の50話にて、タカの能力が“視えない斬撃”であることが明かされ、2呼吸ごとの攻撃という点でも同じでした。

10本足のオオグソクムシ型のヒルコ(2巻)

2巻の浅草で、桐子が参加したレース中に登場したヒルコ。竹早春希が闘い、下半身を食べられてしまう。10本足で背中に甲皮を持つオオグソクムシのような見た目。姿を消す能力を持っていて、動きは遅い。

手の生えた魚型のヒルコ(2巻)

2巻で草壁農園から東京に向かう船で襲われたヒルコ。魚の形で胴体から無数に手が生えています。

元の人間はクク。水泳が得意で、壁に貼り付いてよじ登る様子も見られ、コナから似た絵をもらい嬉しそうにしていました。扉絵に注目すると、2巻「クク①」でククが、「クク②」では魚型のヒルコが描かれているのも伏線。

幻覚を見せる単眼型のヒルコ(3巻)

3巻の「不滅教団」の地下駐車場で幽閉されて仮死状態となっていた単眼のヒルコ。キルコは目を見たことでヒルコに襲われる幻覚を見させられる。

元の人間はオーマ。学校の5期生としてやってきたオーマは、目を見た相手が幻覚を見てしまうため、常にサングラスをしていました。周りと馴染めずに一人でいたところも地下で動かなくなっている様子とリンクします。

冷却能力を持つクモ型のヒルコ(5巻)

5巻で情報屋ジューイチの車に乗ってやってきたバリケードの町でキルコとマルが襲われるクモ型のヒルコ。急速冷却能力を持つ。キルコの放ったキル光線により、下半身を切断されるも、核を残した上半身で逃げていく。

元の人間はナナキ。5巻29話「壁の町⑤」の扉絵で描かれているヒルコの足元にある壊れた窓枠が「ナナキ」と読むことができる伏線。

ジューイチの「壁の町」の話の中に登場したジューイチと共に逃げようとして殺されたカップルは、イワとナナキと推測できます。ナナキの子どもだから十五は冷却能力を持っていたのです。

大濾過装置の人間と繋がれたバケモノ(6巻)

6巻でロビンが去った後に鍵のかかった部屋で見つかった人間とバケモノ

人体実験をしている様子だが、ヒルコであるかも不明。

キル光線を跳ね返すヒルコ(7巻)

7巻でヘルムが戦っていたヒルコ。特殊なバリアなのか、キルコが放ったキル光線を跳ね返す能力を持っていた。

山村の祠にいた鬼のミイラ(8巻)

山村の熊野郎の祖母が敷地内の祠で祀っていたヒルコ。

ヒルコと同様の核があり、江戸時代の文献にも記されるほど大昔からいたという。

巨大な光の手足を持つヒルコ=アンジュラス(8巻)

高原学園奈良施設へ向かう途中でキルコとマルがくぐり抜けた巨大なヒルコ。

元の人間はアンズ。そ50話のタカの発言、54話での迫田医師の発言によりほぼ確定。56話にて、マルによって核を握り潰されて消滅。

出来事を時系列に整理して解説

以下では、『天国大魔境』のコミックス内に登場する時間を明記する描写をまとめて整理して並べました。


  • 1945年4月20日

    後の高原学園園長、上仲誌乃(かみなかしの)が埼玉県草加市に誕生。(8巻47話「上仲誌乃」より)


  • 1995年

    高原学園の創立。(8巻第47話「上仲誌乃」より)


  • 2000年

    地球に衝突する小惑星の存在をミーナが予言する。(8巻46話「猿渡照彦」より)

  • 2005年ごろ(天栄元年)

    小惑星衝突に備え、園長はシェルターとなる学園の設立。それを学園での年号、天栄元年としていると推測。

  • 2011年

    稲崎露敏(いなざきろびん)が誕生。(6巻34話「稲崎露敏③」より)

  • 2018年(天栄12年)5月6〜7日

    アスラが学校の庭で首を吊って自殺する。(4巻第23話「アスラ」、3巻15話「タラオ③」より)

  • 2019年4月1日

    便利屋のトールが弓月(ゆづき)のオヤジから支援団体を作るようにアドバイスされる。(第58話「稲崎真凛」より)

  • 2023年(天栄17年)7月

    7月1日、ククとトキオが保育器室に侵入して赤ちゃんを目撃する。(211話「クク②」より)

    7月4日、保育器室に侵入したトキオの足跡を猿渡が発見する。(3巻17話「トトリ」より)

  • 2023年(天栄17年)10月

    10月16日22時34分、タラオが病死し、火葬後に謎の物体が出現。(3巻15話「タラオ③」より)

    10月17日、トキオの体調が悪くなる(妊娠の兆候)。(3巻15話「タラオ③」より)

    10月28日、トキオがコナの部屋へ訪れ、キスして夜を共にする(3巻17話「トトリ」より)

  • 2024年(天栄18年)1月

    男性たちが戦士に持たせるレーザー銃の射撃テストにやってくる。(4巻24話「A-mk3」より)


  • 2024年(天栄18年)7月

    7月前後、トキオ出産。園長に利用されることを危惧した猿渡がトキオの子どものクローンを作る。(公式ガイドブックより)

    7月17日、戦士8名による、小惑星の軌道を修正する作戦を潰すテロ行為お迎えの日」。1名は現場から逃亡。(7巻41話「お迎えの日」より)

    7月20日、プールに全生徒が集められ、外の外に到達する“ヒルコ”の役割をミーナから告げられる。(6巻35話「高原学園①」より)

    7月26日、学校が爆撃される。トキオが赤ちゃんを抱えて石化、園長はナタに脳を移植。自衛隊により一部の生徒たちが保護される。(7巻41話「お迎えの日」より)

    7月28日、マコは戦士の落としたレーザー銃を拾う。トキオの石化が解ける。(7巻41話「お迎えの日」より)ナタは三倉まなかとして病室で目覚める。(7巻42話「ミクラ①」より)

  • 2024年7月〜11月

    7月26日の学園崩壊後、身を隠して自衛隊に保護されなかった生徒や猿渡らは、11月10日まで崩壊後の学園で過ごす。(8巻46話「猿渡照彦」より)

  • 2024年(天栄18年、令和6年)8月23日

    ミミヒメとシロがコンビニに行く。タカと似た俳優「北多民君太」を雑誌で見る。(7巻43話「ミクラ②」より)

  • 2024年11月11日

    11月11日午前2時14分、小惑星「あめのぬぼこ=ニビル」が欧州付近(イタリア北部あたり)に衝突。「大災害」となる。(8巻46話「猿渡照彦」より)

    11月、大阪の病院にいる三倉まなかは、園長・誌乃としての記憶を取り戻し、動き始める。(7巻43話「ミクラ②」より)

  • 2024年11月〜2026年4月

    「あめのぬぼこ」の被災後、ロビンは妹のマリンを失う。(62話「船山通①」より)

    2025年5月10日、ロビンは震災で親とはぐれた5歳の蘭を引き入れ、トールと3人で生活する。(63話「船山通③」より)

    2026年4月中旬、ロビンらが瀕死の桐子と春希を発見して保護する。(63話「船山通③」より)

  • 2034年9月

    9月12日、稲崎露敏、竹早桐子、竹早春希など船山孤児院チームは、浅草で電動カートレース興行していた。(2巻8話「竹早桐子」より)

    9月20日、春希は“人食い”に襲われ、脳を姉の桐子の体に移植される。(2巻9話「竹早春希」より)

    9月頃、ロビンが行方不明になる。(2巻9話「竹早春希」より)


  • 2035年1月15日

    キルコは体の傷が癒えて動けるようになり、便利屋稼業を始めていく。(2巻9話「竹早春希」、10話「クク①」より)

  • 2039年

    キルコとマルが冒険する現在軸。便利屋のキルコの元にミクラがマルを連れてやってくる。

最初は、この世界の元号は「天栄」だと思っていましたが、7巻の43話で外の世界のコンビニでは現実世界と同じ「令和」を使っていました。つまり、天栄元年は「高原学園の学校施設ができた年号」要するに「園長による天国の始まりの年」と考察しています。

日本神話のルーツから見る『天国大魔境』

『天国大魔境』では、公式ガイドブックでも明かされているように、日本神話からのインスピレーションを受けています。

まめもやし

日本神話といえば、新海誠監督『すずめの戸締まり』でも日本神話のインスピレーションがありましたね!

すずめの戸締まり
【ネタバレ解説・考察】『すずめの戸締まり』が伝えたいこと|新海誠の集大成

「あめのぬぼこ」

園長の誌乃が、ミーナの予言する小惑星衝突を「あめのぬぼこ」と表現していました。古事記は、イザナギとイザナミの2人の神が「天の沼矛(あまのぬぼこ)」で国土を固めたことから物語が始まります。

ミーナのシステム認証

8巻でミクラになった園長が、ミーナのシステム認証時の合言葉「まひらのくつのくれつれ〜」という言葉は、「日本書紀」で記載されている、斉明天皇(さいめいてんのう)時代に流行した童謡(わざうた)

意味は解明されていないようですが、不吉な意味があったとされていて、物語の展開を想像させるものになっています。

登場人物の名前と神々

キャラクター日本神話における神々
トキオトキオカシノカミ
ミミヒメアメノオシホミミ
タカタケミナカタ
アンズアメノウズメ
ククタニグク
たらおアメノタヂカラオ
ミチカタケミカヅチ
サクヤコノハナノサクヤヒメ
稲崎露敏イザナギ
竹早桐子/春希タケハヤスサノオノミコト

上記のように、日本神話における神々の名前と学園の生徒名の関連があります。さらに外の世界で命名された名前も神々からの名前に由来していることがわかります。

\記事が良ければシェアしていただければ幸いです/

-マンガ
-,