コラム

【日本人受賞】世界三大映画祭で受賞した日本映画をご紹介!

 
世界三大映画祭ってたまにテレビなどで紹介されるけど、日本人や日本の映画が受賞したことってあるの?

 

こう言った疑問にお答えします。

 

世界三大映画祭それぞれで、日本人や日本映画は受賞して活躍しているんです。

 

どれも日本が世界を代表する映画ですので、知らないと日本の映画は語れませんよ。

 

  • 世界三大映画祭とは
  • ヴェネツィア国際映画祭で受賞した日本人受賞の一覧
  • カンヌ国際映画祭で受賞した日本人受賞の一覧
  • ベルリン国際映画祭で受賞した日本人受賞の一覧

 

【日本人受賞】世界三大映画祭で受賞した日本映画をご紹介!

世界三大映画祭とは

まず、そもそも世界三大映画祭とは何かという方へ向けて簡単にご説明します。

 

映画祭というのは各国様々な地域で行われていますが、その中でも世界規模で開催される映画の見本市とも言えるのが、国際映画祭です。

 

その国際映画祭の中でも最も有名で影響力のある3つの映画祭が世界三大映画祭と言われています。それがこちらの3つになります。

 

世界三大映画祭

 
  • ヴェネツィア国際映画祭
  • カンヌ国際映画祭
  • ベルリン国際映画祭

 

聞いたことがある映画祭もあるかと思います。

 

それぞれの映画祭で傾向が異なっています。

また、映画祭を通して世界のマーケットに発信されるのでその影響力は大きいんです。

 

それぞれの映画祭の特徴などを知りたい方は、下記の記事をどうぞ。

 

世界三大映画祭においても日本人の活躍の舞台が広がっています。

次項ではそれぞれの映画祭において日本人が受賞した作品をご紹介していきます。

ヴェネツィア国際映画祭で受賞した日本人受賞の一覧

受賞部門がたくさんあるのですが、主要部門での日本人受賞作品が以下の通りです。

受賞年受賞対象受賞部門受賞日本人
1951
『羅生門』
金獅子賞
(最高賞)
黒澤明
(映画監督)
1953
『雨月物語』
銀獅子賞
(金獅子賞に次ぐ第2席の作品)
溝口健二
(映画監督)
1954
『山椒大夫』
銀獅子賞
(金獅子賞に次ぐ第2席の作品)
溝口健二
(映画監督)

『七人の侍』
黒澤明
(映画監督)
1958
『無法松の一生』
金獅子賞
(最高賞)
稲垣浩
(映画監督)
1961
『用心棒』
男優賞 三船敏郎
(俳優)
1965
『赤ひげ』
男優賞 三船敏郎
(俳優)
1982  栄誉賞
(優れた業績に対する賞)
黒澤明
(映画監督)
1989
『千利休 本覺坊遺文』
銀獅子賞
(金獅子賞に次ぐ第2席の作品)
熊井啓
(映画監督)
1995
『幻の光』
※是枝裕和監督
撮影賞 中堀正夫
(撮影監督)
1997
『HANA-BI』
金獅子賞
(最高賞)
北野武
(映画監督)
2003
『座頭市』
銀獅子賞
(金獅子賞に次ぐ第2席の作品)
北野武
(映画監督)
2005  栄誉賞
(優れた業績に対する賞)
宮崎駿
(映画監督)
2011
『ヒミズ』
※園子温監督
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞) 染谷将太
(俳優)
二階堂ふみ
(俳優)

以外と知られていないですが、日本勢も結構受賞していることが分かります。

 

黒澤明監督『羅生門』は、歴代の最高賞の中の最高賞として栄誉金獅子賞を受賞しています。

 
さすがは世界のクロサワですね。日本が誇る映画人です。
『羅生門』は日本人であればみておきましょう。

 

今すぐ『羅生門』を観る

(U-NEXTで無料視聴できます)

 

近年では園子温監督『ヒミズ』で新人賞をダブル受賞した染谷将太と二階堂ふみの若手俳優が話題となりましたね。

 

今すぐ『ヒミズ』を観る

(U-NEXTで無料視聴できます)

 

カンヌ国際映画祭で受賞した日本人受賞の一覧

カンヌは、いわゆる主要部門であるコンペティション部門と、ある視点部門というものがあったりします。日本人の主な受賞歴は以下の通りです。

受賞年受賞対象受賞部門受賞日本人
1954
『地獄門』
パルム・ドール
(最高賞)
衣笠貞之助
(映画監督)
1960
『鍵』
審査員特別賞 市川崑
(映画監督)
1963
『切腹』
審査員特別賞 小林正樹
(映画監督)
1964
『砂の女』
審査員特別賞 勅使河原宏
(映画監督)
1965
『怪談』
審査員特別賞 小林正樹
(映画監督)
1978
『愛の亡霊』
監督賞 大島渚
(映画監督)
1980
『影武者』
パルム・ドール
(最高賞)
黒澤明
(映画監督)
1983
『楢山節考』
パルム・ドール
(最高賞)
今村昌平
(映画監督)
1987
『親鸞・白い道』
審査員賞 三國連太郎
(映画監督)
1990
『死の棘』
グランプリ
(最高賞に次ぐ賞)
小栗康平
(映画監督)
1997
『萌の朱雀』
カメラ・ドール
(新人監督賞)
河瀬直美
(映画監督)
 
『うなぎ』
パルム・ドール
(最高賞)
今村昌平
(映画監督)
2004
『誰も知らない』
※是枝裕和監督
男優賞 柳楽優弥
(俳優)
2007
『殯の森』
グランプリ
(最高賞に次ぐ賞)
河瀬直美
(映画監督)
2008
『トウキョウソナタ』
ある視点部門審査員賞 黒沢清
(映画監督)
2013
『そして父になる』
審査員賞 是枝裕和
(映画監督)
2015
『岸辺の旅』
ある視点部門監督賞 黒沢清
(映画監督)
2016
『淵に立つ』
ある視点部門審査員賞 深田晃司
(映画監督)
 
『レッドタートル ある島の物語』
ある視点部門特別賞 マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
(スタジオジブリ制作の日仏合作)
2018
『万引き家族』
パルム・ドール
(最高賞)
是枝裕和
(映画監督)

カンヌ国際映画祭は多くのメディアで取り上げられているのでご存知の方も多いかと思います。

 

最近では是枝裕和監督の『万引き家族』21年ぶりに最高賞である、パルム・ドールを受賞して話題となりました。

 

今すぐ『万引き家族』を観る

(U-NEXTで無料で見られます)

 

 

その他だと黒沢清監督や河瀬直美監督も常連になっています。

 

カンヌの部門には「ある視点部門」という他の映画祭にはない視点の部門があるのも面白いです。

ベルリン国際映画祭で受賞した日本人受賞の一覧

ベルリン国際では、主要のコンペティション部門で最高賞の金熊賞が有名ですね。

 

日本人の主な受賞歴は以下の通りです。

受賞年受賞対象受賞部門受賞日本人
1958
『純愛物語』
銀熊賞
(最優秀監督賞)
今井正
(映画監督)
1959
『隠し砦の三悪人』
銀熊賞
(最優秀監督賞)
黒澤明
(映画監督)
1963
『武士道残酷物語』
金熊賞
(最高賞)
今井正
(映画監督)
 
『にっぽん昆虫記』
※今村昌平監督
銀熊賞
(主演女優賞)
左幸子
(俳優)
1975
『サンダカン八番娼館 望郷』
※熊井啓監督
銀熊賞
(主演女優賞)
田中絹代
(俳優)
1986
『鑓の権三』
銀熊賞
(芸術貢献賞)
篠田正浩
(映画監督)
1987
『海と毒薬』
銀熊賞
(審査員特別賞)
熊井啓
(映画監督)
2000
『独立少年合唱団』
銀熊賞
(芸術貢献賞)
緒方明
(映画監督)
2001
『絵の中のぼくの村』
銀熊賞
(芸術貢献賞)
東陽一
(映画監督)
2002
『千と千尋の神隠し』
金熊賞
(最高賞)
宮崎駿
(映画監督)
2008
『パーク アンド ラブホテル』
最優秀新人作品賞 熊坂出
(映画監督)
2010
『キャタピラー』
※若松孝二監督
銀熊賞
(最優秀女優賞)
寺島しのぶ
(俳優)
2014
『小さいおうち』
※山田洋次監督
銀熊賞
(最優秀女優賞)
黒木華
(俳優)

日本は銀熊賞の受賞が多いです。

 

有名どころは宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』ですね。

 

日本の歴代興行収入のナンバーワンに今も君臨するメガヒット作品です。

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

あまりメディアでの露出度は高くないベルリン国際映画祭ですが、社会派の映画が多く受賞する傾向にあります。

【まとめ】日本が世界に誇る映画たち

本記事では世界三大映画祭における日本人の受賞歴をまとめました。

 

知っている映画や観たことのある映画はどれくらいありましたか。

 

恐らく想像していたよりも日本人受賞者の数が多かったのではないかと思います。

 

賞レースを勝ち抜いた作品たちなのでどれもクオリティは高いです。

映画選びで迷ったらこれらの作品から見てみるのがおすすめです。

 

黒澤明監督や北野武監督、是枝裕和監督など、日本を代表する映画監督たちがそれぞれの映画祭で栄光を手にしています。

 

最近では俳優陣の活躍も目立っているので、世界に日本の映画の素晴らしさを発信する意味でも、国際映画祭での今後の日本人の活躍には目が離せませんね。

 

映画見放題数が業界No.1のU-NEXTなら映画を見まくれます。

 

無料体験の31日間中に解約すれば一切お金がかかりませんので利用しないのは損ですよ。

 
U-NEXT