コラム

世界三大映画祭とはアカデミー賞と何が違うのか分かりやすく解説

世界三大映画祭とは?
世界三大映画祭っていう言葉をよく耳にするけど、どういうものでどこでやってるのかな?

 

こういった疑問にお答えします。

 

本記事では、映画の名誉ある式典、世界三大映画祭についてご紹介します。

 

よくある間違いで、「世界三大映画祭ってアカデミー賞とかでしょ?」ということもありますので、アカデミー賞との違いも解説していきます。

 

世界三大映画祭を通して映画の魅力を再発見していただければと思います。

世界三大映画祭とは

movie

世界三大映画祭とは、以下の3つの映画祭を指します。

世界三大映画祭

  • ヴェネツィア国際映画祭
  • カンヌ国際映画祭
  • ベルリン国際映画祭

 

これらは世界の映画・テレビ製作産業を統括する国際組織である、国際映画製作者連盟(略称FIAPF)という団体が公認している52の映画祭(2008年時点で)において、最も有名な3つの国際映画祭となります。

 

国際映画祭というのは、世界規模の映画の祭典でコンペティション形式による優秀作品の潜航や映画を売買する市場としても運営されているんです。

 

国際映画祭を通して、各国の良質な映画が世界に知れ渡るきっかけになるので、映画における重要なマーケットとして機能しているんです。

 

お気づきになった方もいると思いますが、アカデミー賞は世界三大映画祭ではありません。

アカデミー賞とは何が違うのか

Academy Awards

混合されることの多い世界三大映画祭とアカデミー賞ですが、実際は根本的に違います。

 

そもそもアカデミー賞とは映画祭ではなく、アメリカ映画の発展を目的とした成果を称えるための映画賞のことなんです。

 

アカデミー賞の授賞式は毎年2月の最終日曜日あるいは3月の第1日曜日にハリウッドのドルビー・シアターで行われます。

 

授賞式の前年1年間にアメリカ国内の特定地域で公開された作品が対象に先行されます。

 

華々しさと話題性があるアカデミー賞ですが、1日で終わる授賞式なので、映画祭のようなマーケットとしての機能はしていません。

 

受賞されたからといって賞金がもらえるわけではなく、金メッキのオスカー像と名誉が与えられるのです。

 

とはいえ、受賞された作品への影響力はすごいものがあり、やはりアカデミー賞という話題性は世界各国でも作品の評価として重要な位置づけとなっています。

 

世界三大映画祭とアカデミー賞との違いが分かったところで、世界三大映画祭のそれぞれについてを紹介していきます。

ヴェネツィア国際映画祭

まず最初はヴェネツィア国際映画祭についてです。

 

イタリア北部の水の都として知られるヴェベツィアで毎年8月末から9月初旬に開催される映画祭です。 開催しない時期もありましたが、世界最古の歴史を持つ伝統ある映画祭です。

 

ヴェネツィア国際映画祭の特徴としては、「芸術性の高い作品」が受賞することが多いといわれて言います。

もともとは美術展の映画部門としてが始まりだったこともあり、アート性が評価される傾向が強いです。

一時期はイタリア作品の受賞が偏っていたこともありましたが、近年では地域に関わらず世界中の作品も幅広く評価しているため、バラエティに富んだ作品を知ることができます。

 

最高賞に送られるのは金色の獅子のトロフィー、「金獅子賞(Golden Lion)」です。

ヴェネツィア国際映画祭「金獅子賞」受賞のオススメ作品

『レスラー』(2008年受賞)

レスラー出典:https://www.imdb.com/

かつてスターだった中年のプロレスラー(ミッキー・ローク)が、試合後に心臓発作で倒れ、医師から引退を宣告され、自身の人生を見つめ直す物語です。

 

正直私はプロレスが特別好きという訳ではなかったのですが、プロレスというものの存在意義、そしてミッキ・ローク以外には考えられないほど彼の人生と重ね合わせてしまう構成は涙なくしてはみられません。

原題 The Wrestler
監督 ダーレン・アロノフスキー
出演 ミッキー・ローク
製作国 アメリカ
製作年 2008年
上映時間 109分

\ 無料体験で視聴できます /

今すぐ『レスラー』を観る

『HANA-BI』(1997年受賞)

出典:https://www.imdb.com/

これは説明不要ですかね。世界の北野武監督の作品です。

この作品で北野監督の名が世界に認められたといっても過言ではないでしょう。

 

今は亡き大杉漣さんの沈黙の演技が素晴らしいです。

『アウトレイジ』とはまた違った、叙情的、哲学的で、はかなさの感じる描写が余韻を残します。

原題 HANA-BI
監督 北野武
出演 北野武
岸本加世子
大杉漣
製作国 日本
製作年 1997年
上映時間 103分

\ 無料体験で視聴できます /

今すぐ『HANA-BI』を観る

カンヌ国際映画祭

次に、カンヌ国際映画祭です。

 

フランス南部コート・ダジュール沿いの都市カンヌで毎年5月に開かれている映画祭です。

 

例年800社、数千人の映画プロデューサー、バイヤー、俳優などが揃い、世界各国から集まる映画配給会社へ新作映画を売り込むプロモーションの場となっている国際見本市(マーケット)が映画祭と一緒に併設されています。

 

集中的に世界中のマスメディアから多大な注目が集まり、毎回全世界から数多くの俳優、映画製作者が参加します。

 

カンヌの特徴として、「独自性」「商業性」が挙げられます。

 

「ある視点」部門などに見られる独自性や日本の監督作品も毎年何かしらの賞を受賞したりしているので三大映画祭の中では一番知名度も高いように思います。

 

最高賞に送られるのは、黄金のパルム(ヤシの木の葉)「パルム・ドール」です。

カンヌ国際映画祭「パルム・ドール」受賞のオススメ作品

『パリ、テキサス』(1984年受賞)

パリ、テキサス出典:https://www.imdb.com/

テキサスの町パリを求めてさまよう男と、失踪した妻、置き去りにしていた息子との再会。観た人は芸術性の高い映像に驚くことでしょう。

 

ロードムービーの中でも特に大好きな作品です。言葉にするよりも観て感じてほしいです。

原題 PARIS, TEXAS
監督 ヴィム・ヴェンダース
出演 ハリー・ディーン・スタントン
ナスターシャ・キンスキー
製作国 フランス・西ドイツ合作
製作年 1984年
上映時間 146分

\ 無料体験で視聴できます /

今すぐ『パリ、テキサス』を観る

『万引き家族』(2018年受賞)

万引き家族出典:https://www.imdb.com/

近年の日本映画のハイライトといってもいいと思います。

是枝監督の作品はこれまでもカンヌで多く評価されてきていますが、ついに最高賞である「パルム・ドール」を手にしました。

現代日本の問題ともリンクするテーマで、是枝監督の一貫している家族の形の描き方の結晶が現れているともいえる作品でした。

原題 万引き家族
監督 是枝裕和
出演 リリー・フランキー
安藤サクラ
松岡茉優
樹木希林
製作国 日本
製作年 2018年
上映時間 120分

\ 無料体験で視聴できます /

今すぐ『万引き家族』を観る

ベルリン国際映画祭

最後はベルリン国際映画祭です。

 

ドイツのベルリンで毎年2月に開催される映画祭です。 首都ベルリンで開催されていることもあって、来場者数が多いです。

 

冷戦下の西ベルリンで始まった映画祭ということもあり、社会派映画が多いのが特徴です。近年では特に、難民問題を扱った映画や圧政下で撮られた作品が多い印象があります。

 

最高賞に送られるのは、黄金の熊である、「金熊賞 (Golden Bear)」となります。

ベルリン国際映画祭「金熊賞」受賞のオススメ作品

『別離』(2011年受賞)

別離出典:https://www.imdb.com/

ベルリン映画祭史上初の作品賞、男優賞、女優賞の三冠を達成したイランの映画です。

イラン人夫婦に降りかかる危機を軸にして、人間の複雑な心理や社会問題を描いています。家庭内に潜んだ秘密や嘘が引き金にスリリングな展開になっていきます。

独特の張り詰めた心理描写が巧みで終始画面から目を離せなくなります。

原題 Jodaeiye Nader az Simin
監督 アスガー・ファルハディ
出演 レイラ・ハタミ
ペイマン・モアディ
製作国 イラン
製作年 2011年
上映時間 123分

\ 無料体験で視聴できます /

今すぐ『別離』を観る

『千と千尋の神隠し』(2002年受賞)

千と千尋の神隠し出典:https://www.imdb.com/

こちらは説明不要ですね。日本の興行収入ランキングの王座に君臨する映画です。

 

原題 千と千尋の神隠し
監督 宮崎駿
出演(声) 柊瑠美
入野自由
夏木マリ
製作国 日本
製作年 2001年
上映時間 124分

\ 無料体験で視聴できます /

今すぐ『千と千尋の神隠し』を観る

世界三大映画祭で活躍する日本人たち

世界三大映画祭には、毎年様々な日本人の作品がエントリーしています。

 

映画祭は世界に映画を配給するきっかけとなるマーケットの場所でもあります。

そのため受賞すると世界各地で映画が観られることになり、監督にとっても俳優にとってもすごくメリットになります。

 

実は多くの日本人がこれまで三大映画祭にて素晴らしい成績を納めています。

有名どころでいうと、黒澤明監督、北野武監督、近年話題の是枝裕和監督など、映画祭の常連となっていますね。

 

日本人が受賞したこれまでの作品が知りたい方は以下の記事で解説しています。

【日本人受賞】世界三大映画祭で受賞した日本映画をご紹介!   こう言った疑問にお答えします。 世界三大映画祭それぞれで、日本人や日本映画は受賞して活躍しているんです。 ...

世界三大映画祭を知ると映画がもっと面白くなる

今回は世界三大映画祭を取り上げました。内容をもう一度まとめてみます。

ヴェネツィア国際映画祭

・イタリアのヴェネツィア
・毎年8月末から9月にかけて開催
・世界最古の歴史をもつ映画祭
・芸術性の高い作品が多いのが特徴
・最高賞は「金獅子賞」

カンヌ国際映画祭

・フランスの港町カンヌ
・毎年5月に開催
・各国のバイヤーなどがプロモーションのため多く来場する
・国際見本市などの「商業性」とある視点部門などの「独自性」が特徴
・最高賞は「パルム・ドール」

ベルリン国際映画祭

・ドイツの首都ベルリン
・毎年2月に開催
・来場者数が多い
・社会派な作品が多いのが特徴
・最高賞は「金熊賞」

 

世界中で様々な映画が作られていて、様々な良作が次々と生まれています。

映画祭の役割とはそんな良作を世界へ発信することだと思っています。

 

アメリカやヨーロッパが市場的に大きいこともあり注目されがちですが、近年ではアジアの良作もたくさん生まれています。

映画祭を通して観たことのない映画と出会い、そして映画を通してその国の文化を学ぶこともできます。

 

映画祭を知ることでもっと映画の魅力を感じるきっかけとなれば幸いです。