ドラマ

映画『孤狼の血』は実話?モデルやキャスト・続編など【ネタバレ感想】

 

今回ご紹介する映画は『孤狼の血』です。

アウトローな世界を描いた作品を得意とした白石和彌監督による本作。  

豪華俳優陣を惜しみなく使い 、金、女、犯罪に渦巻く欲望の世界を描き切っています。

決して地上波で観ることはできない内容なので、見ないと損ですよ。

日本映画もここまでできるんだという力量を感じさせる一本をどうぞ。

映画『孤狼の血』の作品情報とあらすじ

作品情報

原題孤狼の血
監督白石和彌
原作柚月裕子
出演役所広司
松坂桃李
製作国日本
製作年2018年
上映時間126分
おすすめ度(4点/5点)

あらすじ

昭和63年、広島の架空の都市、呉原が舞台。

暴力団が街を牛耳るこの街では広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」が一触即発の状態。

そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。

それを殺人事件と見たベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件捜査に奔走する。

やくざの抗争が引き金となり、あらゆる要素を呑み込んでいく…。

今すぐ『孤狼の血』を観る

映画『孤狼の血』のキャスト

今作、対立するヤクザと警察、それらを取り巻く女など様々な登場人物が出てきます。  

整理する上でも相関図を載せておきます。

©︎2018「孤狼の血」製作委員会
©︎2018「孤狼の血」製作委員会

ご覧になれば分かると思いますが、豪華俳優陣が勢揃いな本作。  

中でもやはり主演の役所広司の演技はすごいです。

ヤクザたちの抗争という話だと、最近は北野武監督『アウトレイジ』シリーズを思い浮かべる方も多いかと思います。  

created by Rinker
バンダイビジュアル

 

『アウトレイジ』は北野武監督ということもあり、コメディ要素も垣間見える部分が感じたりしますが、本作は乾いた怖さというものを感じました。  

アウトレイジ俳優含め、他の強面俳優たちでもできたとも感じますが、役所広司をキャスティングし、それが見事にどハマりしているのですごいです。  

また、役所広司のとタッグを組み、捜査する新人役には松坂桃李。  

映画をメインに積極的に色々な役に挑戦していて、若手俳優の中でも頭一つ抜けている印象があります。  

松坂桃李が好演している他の作品も参考にどうぞ。

娼年
【濡れ場がエロい】松坂桃李主演の映画『娼年』のエロシーンを徹底解説みなさん、セックスは好きですか? 照れずに返事ができる人もいるとは思いますが、自分のセクシャルな部分について話すことは中々勇気がいると...
松坂桃李演じる映画『不能犯』うそぶきの正体や過去とは?【ネタバレ感想】今回ご紹介するのは映画『不能犯』です。松坂桃李が演じるうそぶきの正体や過去は一体なんなのか。...

映画『孤狼の血』のモデルとは

©︎2018「孤狼の血」製作委員会

本作は、日本の推理小説家である柚月裕子による、長編警察小説シリーズが原作です。  

彼女は普通の主婦をしていたのですが、小説家になるための講座を受けたことがきっかけで小説を書き始めます。  

2008年には『臨床真理』にて「このミステリーがすごい!」大賞において大賞を受賞します。  

今作を観た後に、原作が女性作家だったということを知ったので驚きました。

柚月さん自体『仁義なき戦い』などの任侠映画ファンだということもありますが、主婦が書いたとは思えない男臭いものになっていました。  

またそれを白石監督が映像化するにあたって、より映像向きの表現に仕上げていて見事です。

映画『孤狼の血』は実話!?

©︎2018「孤狼の血」製作委員会

『孤狼の血』が実話かどうかということですが、これは実話ではありません。

広島を舞台としていますが、呉原という架空の都市を舞台としています。  

監督している白石和彌監督が実話を元にした映画を得意にしていて、北海道警察銃器対策課での覚せい剤密輸事件を題材とした『日本で一番悪い奴ら』や、茨城県で起きた「上申書殺人事件」を題材とした『凶悪』などが実話ベースの物語となっています。  

白井監督の撮る映画は、本作のように実話を元にしていない映画でも実話のように感じる部分があるのですごいです。

それはリアリティの追求と演出の妙とも言えるのでしょうね。

『孤狼の血』続編について

ご紹介した通り、原作小説がモデルとなっています。  

実は原作の小説はシリーズ化していて、映画ではシリーズ1作目の『孤狼の血』を描いています。  

シリーズ2作目『凶犬の眼』を元に現在製作が進められているということですので、いつ公開になるかは分かりませんが、続編が観られる可能性は十分にあると思います。  

映画『孤狼の血』のネタバレ感想

©︎2018「孤狼の血」製作委員会

※以下映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

ヤクザが牛耳る街で形にとらわれず身を呈した男の姿

役所広司演じる大上は、一般的な警察官の姿とはまるで違います。  

彼の捜査の方法は型破りで、乱暴で、法律すら破るような強引なやり方。  

タッグを組まされた新人の日岡もそのやり方に困惑と疑問を隠せずにいます。  

その素行っぷりは、あまりに破天荒なのでどっちがヤクザか分からなくなるほど。  

しかし、彼のやり方が一つの確固たる信念に基づくものであることが後半で明らかになります。  

「孤狼」がたった一つ守り抜いたこと、それはヤクザが牛耳る呉原という街で、堅気(一般の人々)を守るということ。  

汚く破天荒でありながらも誰よりも正義を貫いた大上。  

そしてそれを誰よりも近くで見ていた日岡にもその意思は次第に受け継がれていきます。

大上が身を呈し、その悲願を日岡が達するというラストのカタルシスは素晴らしいものがありました。  

広島弁のドスの効いた言葉の応酬からは『仁義なき戦い』を彷彿とさせます。  

 

バイオレンスシーンの描写も迷いなく描ききっています。  

東映のヤクザ・任侠映画の系譜を踏襲している体当たり的な作品でした

【まとめ】日本映画の底力を見せつけられました

日本映画もここまでできるという力強さを感じました。  

単なる「ヤクザ映画」では収まらず、それでいてエンターテインメント性にも富んでいます。  

バイオレンス描写こそありますが、あなたの日本映画の印象が変わることでしょう。  

映画『孤狼の血』U-NEXTで独占見放題となっています。  

30日間の無料体験で解約すれば一切お金がかかりませんので見ないと損ですよ。

今すぐ『孤狼の血』を観る

白石和彌監督関連記事濡れ場の多いエロ映画が見たければ『日活ロマンポルノ』リブートがおすすめ。