ドラマ

テロの実話を元にした映画『ホテルムンバイ』のネタバレ感想

今回ご紹介する映画は、『ホテルムンバイ』です。

 

オーストラリアとインド、アメリカが合同で製作したこの作品、2008年にインドで起きた実際の事件を題材にしています。

  • 実際のテロ事件が題材
  • テロ行為を体験するかのような終始緊張感にあふれた映像
  • 辛い描写が多い
  • ホテルの従業員の献身的姿に感動

テロという誰の身に起きてもおかしくはない事件。

誰もが一見の価値はあります。

正直な話、ホラー映画よりも怖いです。

映画『ホテルムンバイ』の作品情報とあらすじ

作品情報

原題 Hotel Mumbai
監督 アンソニー・マラス
脚本 ・原作  ジョン・コリー
出演 デブ・パテル
アーミー・ハマー
製作国 オーストラリア
アメリカ
インド
製作年 2019年
上映時間 123分   
おすすめ度

主演はインド題材の映画で印象的な『スラムドッグ$ミリオネア』『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』『チャッピー』などのデブ・パテルです。

 

共演には『君の名前で僕を呼んで』で話題になったアーミー・ハマーも出演しています。

 

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

あらすじ

あらすじ

インド、ムンバイ。

アルジュンは妻子を養うためムンバイの5つ星ホテル、タージマハルホテルにて厳しい料理長のもと従事していた。

2008年11月26日、ホテルにはアメリカ人建築家のデヴィッドやロシア人実業家のワシリーなどが宿泊していた。一方、ムンバイに船で到着した若者たちは、各地でテロ行為を始める…。

 

デブ・パテル主演の映画はU-NEXTで視聴できます。

30日間の無料体験で解約すれば一切お金がかかりませんので見ないと損ですよ。

 
U-NEXT

『ホテルムンバイ』はテロの実話を元にした映画

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL ANDSCREENWEST INC

魂を掴まれる驚愕の実話

2008年にインドのムンバイで起きた同時多発テロを題材にした今作。

上映時間のほとんどをテロに襲われる恐怖を描いているため、観ているというより、実際にテロ被害にあっているかのような緊張感が長く続きます。

 

そのため、容赦のないテロリストたちから受ける不条理な猛攻に、非常に辛い映像が続きました。

僕が観ていた上映会では途中退出する方もいました。

 

事実、テロという脅威は、いつどこで起きるか分からない誰しもに起こりうることであり、彼らの恐怖は計り知れないものだと痛いほど感じました。

誰がいつ殺されてもおかしくない状況でありながら、ホテルの従業員たちは宿泊者たちを命がけで助けようとするのです。

 

そこには宗教や人種の分け隔てなどありません。

実際にホテルの従業員の方が最も多くなくなっているということから、どれだけ身を呈していたのかが分かります。

 

終始息をつく暇がないくらいの展開に、鑑賞後は疲労が溜まるかもしれませんが、観るべき映画だと思います。

【ネタバレ感想】映画『ホテルムンバイ』であなたはテロを体験する

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL ANDSCREENWEST INC

※以下映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

他人事ではない恐ろしすぎるテロ事件

170人以上が死亡し、事件の収束までに3日を要したこの事件。

 

正直、観ているのが辛かったです。緊迫した状況と理不尽なテロ行為に、中々息をつく暇がなく、早く事件が収束してくれと願うばかりでした。

 

実際の恐怖は映画と比べ物にならないですが、この映画を通して改めてテロが他人事ではないことに気付かされます。

旅行先、移動中、そして映画を観ている時であっても起こりうるのです。

日本だって例外ではないはずです。

 

映画を観ながら「今、この映画館に突然テロリストがやってきたら」などと考えてしまうと恐ろしくて仕方ありません。

実際にホテル以外にも駅やカフェ、そして映画館においても襲撃はあり、犠牲者が出ていることを考えると気が休まりません。

 

また、ホテルの宿泊者の動向にも興味深いものがありました。

劇中、なぜそこから動いてしまうんだというようなシーンがいくつかあります。

観客からしてみると下手な動きをしない方がいいのでは、と感じるところで行動して裏目に出るという場面。

これも被害者のパニック心理を写していて、緊迫した状況で冷静な判断をできないことを伝えています。

 

自分だったら何ができるのか、どう行動するのかということを否応無く考えさせられました。

宿泊者、ホテル従業員、そしてテロリストたち

今作で描かれるのは、単なるテロリストに襲われる被害者たちという構図ではありません。

 

テロリストたちの言動や心理描写も事細かに描かれるのです。

それが意味するのは、テロリストの彼らも人間であるという事実。

テロの実行犯はパキスタンの若い少年たちでした。

 

彼らがタージマハルホテルに入ったときの素直な感想や、自分の家族に泣きながら連絡する姿、女性のブラジャーにも触れられない姿は、何でこんなことしてしまったんだという思いが芽生えます。

 

そんな彼らには指導者がいて、逐一電話で指示を受けています。

彼らはそれを疑いもせずに実行し、異教徒だから殺せと言われればその通りに殺してしまうのです。

その純粋さゆえの無知であることがより恐ろしいのです。

そして宗教を大義に掲げ、許されざる事件を引き起こした指導者は今だに捕まっていないのです。

 

また、テロにより様々な側面も浮き彫りになっていました。

 

ムンバイの警察組織のテロ対策の不十分さ、報道によって犯人に有利になる情報が得られてしまうこと、宗教とは一体何のためにあるのか。

 

悲しきテロの被害にあったタージマハル・ホテルでしたが、大きな被害を受けたにも関わらず、速やかに修復して再開業しました。

今尚ホテルで働く多くの人がテロの被害者であるという、テロに決して屈しないインドの方々の力に感動しました。

 

インドにはいつか必ず行き、タージマハル・ホテルに泊まろうと思います。

映画『ホテルムンバイ』でテロの恐ろしさを知る

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL ANDSCREENWEST INC

インド最大の都市、ムンバイで起きた凄惨なテロ事件。

観るのが辛い映像が続き、宗教ひいては信仰とは何なのかを改めて考えさせられた作品でした。

誰のみに起きてもおかしくはないテロ事件。

一人でも多くの人を助けようとした“名もなき英雄たち”に心震えました。

 

デブ・パテル主演の映画はU-NEXTで視聴できます。

30日間の無料体験で解約すれば一切お金がかかりませんので見ないと損ですよ。

 
U-NEXT