アクション

いいヤツすぎて可愛い『ヴェノム』は続編のカーネイジに期待

venom

今回ご紹介する映画は『ヴェノム』です。   

 

本作、キャッチコピーは「マーベル史上、最も凶悪なダークヒーロー誕生。」となっていますが、実際のところマーベル史上最もかわいいヴィランが誕生していました。

 

日本では「マーベル版寄生獣」「ハリウッド版ど根性ガエル」とも言われていたくらいですからね。

 

本記事はそんな可愛いヴィラン『ヴェノム』のネタバレ感想記事となります。

映画『ヴェノム』の基本情報

作品情報

原題 Venom
監督 ルーベン・フライシャー
出演 トム・ハーディ
ミシェル・ウィリアムズ
製作国 2018年
上映時間 112分

あらすじ

ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、ひょんなことからライフ財団が人体実験を行いそれにより死者が出ているという噂を聞きつける。

ジャーナリズムの正義感から、真相を突き止めようと調査を始めたのだが、被験者と接触した際に、地球外生命体のシンビオートに寄生されてしまい…。

ヴェノムがいいヤツ過ぎて可愛い

venom_03出典:https://www.imdb.com/

※以下映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。  

ポスターや予告編をみると、ヴェノムに対して気持ち悪い造形で恐ろしいイメージがありましたが、本作を鑑賞した後には「ヴェノム可愛いな」という感想になることでしょう。

 

そんなヴェノムの可愛いところを紹介します。

ヴェノムが可愛かった代表的なところ

  • エディに一目惚れして体から離れたがらない
  • エディのピンチをちゃんとサポート
  • エディとのボケとツッコミを披露
  • 一度は体を離れるも、エディを守るために戻り、強敵とも戦っちゃう

エディは地球外生命体であるシンビオートに寄生されて、「ヴェノム」として名乗りを上げることになります。

 

しかし、ヴェノムはエディという体を利用して何か悪事を働くというよりも、割と協力的にエディとの相棒となっているんです。

 

でもこれは裏を返してしまえば、視聴者からの期待とは裏腹の展開なんです。

 

「最も残虐な悪の誕生」と紹介されていますが、まったくそんな感じはないです。  

 

現に本作、映画『ヴェノム』は多くの女性に人気がでたとのことで、考えてもみればレイティングもR指定なし。

 

そりゃR指定なしじゃ残虐性は描けませんよね。

 

アクションシーンはそれなりにあるものの、血が一切出ません。

 

ヴェノムが人を食べるシーンがありましたが、一口で食べた訳じゃないのに血の一滴、ましては服の破片すら残らないんです。

 

ヴェノムさんは食べ方も上品なんですね。

 

可愛いといえば聞こえは良いですが、万人受けするテイストに収まっているのは少し残念にも感じます。

可愛さの裏にはソニーとマーベルの権利関係が伺える

本作がいい意味でも“可愛い”作品となってしまったのには、少なからずソニーとマーベルの権利問題が伺えました。

 

というのも、1999年にスパイダーマンの権利を獲得したソニー・ピクチャーズは、ヴェノムを含むスパイダーマンの原作に登場する900近いキャラクターの権利を握っています。

 

そしてサム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズや『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどの映画を製作してきました。

 

そんな中、ディズニー傘下のマーベル・スタジオではMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画に着手し、スパイダーマンが登場する契約を結び、話題となりました。

 

するとソニーもSMU(ソニー・マーベル・ユニバース)としてスパイダーマンに登場するヴィランを中心に描いていくシリーズ企画を打ち立てるのでした。

 

その第一弾が本作『ヴェノム』なんです。

 

今後のMCUとの絡みを想定してなのか、それとも第一弾を失敗できないリスクからなのかは分かりませんが、ヴェノムが可愛くなってしまった(R指定なし)のはそういう理由も感じられました。

 

関連記事【2020年】マーベル映画を見る順番はこれだ!MCUの歴代映画一覧

ヴェノムは可愛いけどアクション描写はカッコいい

出典:https://www.imdb.com/

ヴェノムが可愛いと表現されてしまった一方で、映像表現としては素直にすごいと感じます。

 

ヴェノムとライオット、エディとドレイクという寄生する側の戦いと、寄生される側の戦いが同時に描かれるシーン。

 

シンビオートが人間に寄生する描写は『スパイダーマン3』においても描かれていたので、新鮮味はそこまでありませんが、より細やかなで滑らかな表現になっていて、スローモーションを上手く使った映し方になっていました。

 

その他では、室内での格闘から一気に加速して始まるカーチェイスシーンの流れも良かったですね。

 

サンフランシスコ特有の坂道を駆け抜け、エディはアクセルをフルスロットしているだけなんですが、そこにヴェノムのギミックが入りアクションの幅を広げています。

 

単純な中に上手くヴェノムの動きを取り入れたかっこいいアクションとなっていて印象的でした。

 

ただ、肝心のシンビオートについてやエディがなぜ選ばれているのかなど、細かい点は一切描かれないので消化不良のまま進んでいくのは否めません。

 

そのあたりは続編で描かれるんですかね。

2021年6月公開の続編にはカーネイジが登場

venom_02出典:https://www.imdb.com/

ラストで、エディが刑務所に取材で行ったときに出会う男が誰だか気になった人も多いと思います。

 

「俺がここを出たら大虐殺(カーネイジ)になるぞ」  

 

彼の発言をわざと字幕でも説明しているこのシーン。

 

カーネイジとは、スパイダーマンの原作コミックでも登場する凶悪なヴィランです。

 

刑務所で登場したあの男こそ、後のカーネイジになる男で凶悪殺人鬼のキャサディ(ウディ・ハレルソン)だったのです。

 

続編のタイトルは『Venom:Let There Be Carnage(ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ)』(原題)に決定しました。

 

全米公開日が2021年6月25日です。

 

ルーベン・フライシャー監督はスケジュールが合わず、続編の監督を続投はできませんでした。

 

代わりに『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役や『猿の惑星』シリーズのシーザー役などでモーションキャプチャーの第一人者といわれ、MCU『ブラックパンサー』などにも出演した俳優のアンディ・サーキスが監督を担当することになりました。

映画『ヴェノム』のクレジットのアニメは何?

spider-verse_07出典:https://www.imdb.com/

映画『ヴェノム』のエンドクレジットでのおまけシーンでは、先ほど紹介したカーネイジが登場するシーンと別にもう一つありました。

 

それはアニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』です。

 

本作との関係性はありませんが、アニメーション映画として大傑作の映画になっていますので合わせてチェックしてみてください。

 

関連記事6人のスパイダーマンが登場する映画『スパイダーバース』がかっこいい

映画『ヴェノム』は可愛い相棒

映画『ヴェノム』は鑑賞前の予想をいい意味で裏切る可愛さがありました。