サスペンス・ミステリー

【犯人が怖い】『スマホを落としただけなのに』のネタバレ感想

今回ご紹介する映画は『スマホを落としただけなのに』です。

監督はジャパニーズホラーを代表する中田秀夫監督

情報社会の恐ろしさを題材とした原作小説を上手く映画化しています。  

本作、犯人が怖すぎたのでかなり印象的でした。

本記事では、『スマホを落としただけなのに』の犯人を含めたネタバレ感想を紹介します

※犯人が分かってしまうので、未鑑賞の方は先に下のリンクからみるのをおすすめします。

『スマホを落としただけなのに』U-NEXTで無料視聴できます。

31日間の無料体験で誰でも簡単に無料で楽しめます!

\ 登録・解約も簡単 /
今すぐ無料体験する※31日間以内に解約で完全無料です

作品情報

原題 スマホを落としただけなのに
監督 中田秀夫
主演 北川景子
田中圭
千葉雄大
製作国 日本
公開年 2018年
上映時間 116分
おすすめ度 (3.5/5)

あらすじ

派遣社員の稲葉麻美(北川景子)には恋人の富田誠(田中圭)がいて、ある日誠はスマホをうっかり落としてしまう。

そのことを知らない麻美は電話をかけると、電話越しの知らない相手から自分のことに関して知っていると言われ、気味悪くなるも、スマホの拾い主から無事返してもらう。

しかし、それから麻美に奇妙な出来事が起き始める。それと同時に身元不明の遺体が山中で次々と発見される事件が発生する…。

【キャスト】犯人はこの中に…!

  • 稲葉麻美(北川景子)
    →商社に勤めるOL
  • 富田誠(田中圭)
    →麻美の恋人
  • 杉本加奈子(高橋メアリージュン)
    →麻美の同僚
  • 大柳守(バカリズム)
    →富田の同僚
  • 浦野善治(成田凌)
    →麻美の知り合いの部下でIT専門家
  • 武井雄哉(要潤)
    →麻美の大学時代の先輩の商社マン
  • 加賀谷学(千葉雄大)
    →ITエンジニアから転職し、刑事となった新米
  • 毒島徹(原田泰造)
    →警視庁捜査一課のベテラン刑事

主なキャストは、ご覧の8人です。

以下では、早速『スマホを落としただけなのに』の犯人や結末をネタバレしますのでご注意ください。

犯人の正体がめちゃ怖い!

©2018 映画『スマホを落としただけなのに』製作委員会.

犯人は、成田凌が演じるITエンジニアの浦野でした。  

犯人は成田凌!目がまじ怖いです…

親身になってくれたと思ったら、突如、本性をあらわにした犯人を成田凌が好演していました。

この映画に登場する人たちの多くが、顔芸レベルのオーバーリアクションなのが気になるところですが、浦野が犯人だと分かるシーンで、ギョロッと目を見開いた成田凌の猟奇的な表情が怖くて最高でした。

まめもやし
まめもやし
成田凌さんって、イケメンだけどどこかサイコ感がある雰囲気が絶妙にあっていますよね!

関連記事【ネタバレ感想】角田光代の小説が原作『愛がなんだ』は共感できる?

正直な所、成田凌さんが犯人という点に関しては、意外性はありません。

というのも、バカリズムさんや要潤さんが演じていた役柄に分かりやすいミスリードを誘っていることもあり、浦野が犯人であることにそれほど意外性はありません。

しかし、ラストの展開は犯人が分かってからが面白くなっています。

明らかに「スマホを落としただけ」ではない展開に、自然と引き込まれました。

次の項目では結末までのネタバレを紹介してきます。

『スマホを落としただけなのに』の結末ネタバレ

©2018 映画『スマホを落としただけなのに』製作委員会.

本作の展開と結末を振り返ってみます。

スマホを落としてプロポーズ

富田誠(田中圭)は稲葉麻美(北川景子)へのプロポーズのことや、仕事のことを考えて慌てていたため、スマホをタクシーに置き忘れてしまいます。

麻美は誠のスマホを代わりに落とした人から返してもらい、その後、誠からプロポーズを受けます。  

プロポーズの返答に悩む麻美は、友人の加奈子(高橋メアリージュン)の勧めもあって、自身を取り戻すためにもSNSを久しぶりに再開します。

まめもやし
まめもやし
この辺の流れは、正直、なんで?って感じですよね(笑)

連続殺人事件

一方、毒島(原田泰造)と加賀谷(千葉雄大)の刑事二人は、山奥で起きた女性の不審死を捜査していました。

被害者には共通点があり、いずれも長髪で髪の毛の一部を切り取られていました。

旧友との再会と不審な出来事

麻美はSNSを通じて大学の先輩だった武井(要潤)らと久しぶりの交流をしていました。

それと同時に、麻美の周りで不審なメールやクレジットカードの不正利用など、ネットにまつわる不審な出来事が起こるようになりました。

ITエンジニアからの手助け

麻美はSNSを通じて知り合ったITエンジニアの浦野(成田凌)に一連のネット被害を相談し、対処してもらうことになります。

浦野の手助けもあり、ネット被害はなくなり一時解決したかのようになりました。

捜査の進展

毒島と加賀谷は、連続殺人事件の被害者である風俗嬢に付きまとう男に着目し、その犯行から犯人がインターネットに詳しい人物であることを予測します。

訪れる恐怖と犯人

ネット被害が解決し、安堵していた麻美の元に誠が他の女性といる写真が突然送られてきます。

同時に、誠の元にも麻美が武井に突然キスされた時の写真が送られてきて、二人の関係に暗雲が立ち込み始めます。

麻美はもう一度浦野の元へ助けを依頼しに行きますが、そこで浦野に睡眠薬を盛られて気を失ってしまうのでした。

そう、浦野こそが犯人だったのです。

監禁

麻美は見知らぬ場所に監禁されてしまいます。

何とかして誠に助けを求め、助けられそうになったのですが、浦野は誠がいる目の前で麻美に対して本当のことを打ち明けるように迫ります。

何のことだかわからない誠が混乱する中、麻美は自身について打ち明けます。

稲葉麻美

稲葉麻美という人間は実はすでに死んでおり、麻美の本当の正体は、親友でかつてのルームメイトだった山本美奈代(桜井ユキ)だったのです。

5年前、美奈代は武井との間で妊娠し、中絶した過去がありました。

一方の麻美は投資にハマり、美奈代の名義を使って失敗して多額の借金を作ってしまいます。

美奈代は自分の境遇を嘆き、麻美に「人生を返して」と言い放ちます。その言葉が引き金となり、麻美は美奈代と自分を偽り、自殺してしまうのでした。

その結果、美奈代は麻美として生きていくことを決めたのでした。

まめもやし
まめもやし
とんでもない過去が明らかになりましたね!

事件の収束

事実が分かったところで、再び浦野に殺されそうになる麻美でしたが、到着した毒島と加賀谷に抑えられ、浦野は逮捕されます。

事件以降、麻美と誠の関係は疎遠になりますが、加賀谷から麻美のスマホを受け取った誠は、そのスマホのフォルダが自分の写真でいっぱいであることを知ります。

それを知った誠は麻美に会いに行き、過去を受け入れた上で改めてプロポーズをするのでした。  

一方、その傍らでカップルがスマホを落としていくのでした…。

【ネタバレ感想】犯人以外にも異常な人が多くない?

©2018 映画『スマホを落としただけなのに』製作委員会.

見た人のほとんどが同じことを感じたと思います。

全然スマホを落としただけじゃねぇ!!

情報社会の怖さはわかるけど顔芸が目立つ

確かに、情報社会の現代で「スマホを落とすことの怖さ」は十分に伝わりました。

いろんな人を匂わせまくって、犯人のミスリードを誘う鉄板な展開や、犯人が分かってからの麻美の異常な過去で二重に展開していく様子など、飽きずに観ることができました。

テンポよく進んでいき観やすい映画だった一方で、気になった点もいくつかあります。

北川景子さんの表情がオーバーすぎる

これは、顔芸としか言えないですよ。過剰の一言に尽きます。見ればわかります。というかキャスト全体的にオーバーリアクションなんたよね…。

麻美の設定

麻美の過去が明らかになる二重展開は面白かったです。

ただ、整形して成り代わるのは無理がありすぎるんですよね。

そして、それが犯人にバレる原因がホクロというのも安直というか…。

ラストが必要あるのか

ラストで、誠と麻美がよりを戻す展開って必要あるんですかね。形だけハッピーエンドのようなオチにするのはさすがにモヤモヤします。

全体的に登場人物たち全員サイコパスに見えるんですよね。

『スマホを落としただけなのに』の原作と監督

©2018 映画『スマホを落としただけなのに』製作委員会.

本作は『このミステリーがすごい!』大賞において隠し玉賞を受賞した同名小説が原作となっています。

まめもやし
まめもやし
「隠し玉賞」なんてあるんですね…!

著者は、ニッポン放送のディレクター・プロデューサーの志駕晃(勅使川原昭)さん。  

そんな原作を映画化したのは、中田秀夫監督

  • 『リング』
  • 『仄暗い水の底から』
  • 『本当にあった怖い話』(テレビ番組)

上記作品などで有名なジャパニーズホラーの第一人者ですね。

『スマホを落としただけなのに』の主題歌は?

 

映画『スマホを落としただけなのに』の主題歌は、ロックバンド、ポルカドットスティングレイ「ヒミツ」という曲です。  

映画のために書き下ろしただけ合って、映画にピッタリの曲調ですごく良いです。

ボーカルの雫さんのミステリアスな雰囲気と歌声が、楽曲の魅力を引き立てています。

『スマホを落としただけなのに』の続編

出典:http://sumaho-otoshita.jp/

実は、『スマホを落としただけなのに』は続編があります。   

今度は千葉雄大さんが主演で、成田凌さんは続投し、新たに白石麻衣さんがキャストに加わっています。

本作でも千葉雄大さんと成田凌さんが、同じタイプを匂わせる展開を見せていましたが、続編ではどういった内容になるのか楽しみです。  

本作の犯人として逮捕された浦野が次作ではどのように関わっていくか。

続編もU-NEXTなら無料体験のポイントを使って無料視聴できます。

\ 登録・解約も簡単 /

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』を観る※31日間以内に解約で完全無料です

まとめ:セキュリティはしっかりしよう!

今回は、中田秀夫監督『スマホを落としただけなのに』をご紹介しました。

「スマホ」という、現代人には欠かせないツールを題材に、身近に起こりうる恐怖を上手く演出していました。

原作ありきだとは思いますが、情報社会におけるセキュリティ面の警鐘を鳴らす方向に振り切ったらもっと違う意味で怖くなっていたと思います。  

そこは続編に期待しましょう。

映画を観終わったあとに、席を立つ人たちの多くが、忘れものがないかを入念に確認していたので、啓発にはなっていましたね。(笑)

『スマホを落としただけなのに』U-NEXTで無料視聴できます。

31日間の無料体験で誰でも簡単に無料で楽しめます!

\ 登録・解約も簡単 /
今すぐ無料体験する※31日間以内に解約で完全無料です
【ネタバレ感想/考察】『愛がなんだ』の岸井ゆきのに共感できるのか今回ご紹介する映画は、『愛がなんだ』です。今泉力哉監督が角田光代の原作小説を映像化した本作。相手を一途に思い続ける女性の恋愛感情の機微を巧みに表現した映画になっています。...
matokimi
【ネタバレ感想/考察】『まともじゃないのは君も一緒』はみんな普通じゃない【相関図も】今回ご紹介する映画は、『まともじゃないのは君も一緒』です。前田弘二監督による作品で、コミュ力ゼロの男と恋愛経験ゼロの女のまったく噛み合わない会話劇が魅力のラブコメディです。...
awesome-japanese-movie
【邦画】映画ブロガーが選ぶマジで面白いおすすめ映画33選【DVD選びに】本記事では、映画ブロガーの私がおすすめするマジで面白い映画をご紹介します。「邦画はつまらない」と思うのは、まだ面白い邦画に出会ってないだけ。...