国内ドラマ

【ネタバレ感想】バチェラー3はつまらない?ローズセレモニーとその後【指原はすごい】

Amazonで世間を賑わせている番組があります。

 

それはAmazonオリジナルの婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」です。

 

一般のファンから芸能界まで、多くの人を熱狂させたシリーズの待望のシーズン3が完結しました。

今回は、そんな「バチェラー・ジャパン」シーズン3の感想記事となります。

Amazonオリジナル番組『バチェラージャパン』とは

2002年の放送開始から、瞬く間に全米で最も愛される国民的人気番組に成長したのが「The Bachelor」です。

 

内容を簡単に説明すると、ハイスペックな1人の男性が、多数の女性の中から最高のパートナーを選び、1人にプロポーズをするという恋愛番組です。

 

「バチェラー(bachelor)」とは独身男性という意味です。

 

見所としては、ラグジュアリーで非日常な世界で繰り広げられる人間模様のリアルさが売りだと思います。

 

「運命の相手を探しに来ました」と言って登場した3代目バチェラー・友永真也さんが、20名の女性を迎えて最後に選ぶ女性とは誰なのか。

 

シーズンを重ねるごとに規模も大きくなり、過去最高に華やかでゴージャスになっていました。

 

スタジオでは、全シーズンに引き続き、今田耕司、藤森慎吾、指原莉乃が参加。

 

ぶっちゃけトークでバチェラーの行動と女心を痛快に分析し、番組をさらに盛り上げています。

 

 

『バチェラー』シリーズはAmazonプライム会員がみることができます。

Amazonの速達サービスを使える上、映画も見放題のお得なサービスです。

30日間の無料体験も設けていて、気に入らなければ解約すれば一切お金はかかりません。

 

今すぐAmazonプライム会員になる

【ネタバレ】ローズセレモニーとその後

出典:https://www.amazon.co.jp/

最終回、残っていたのはぶどう農家の岩間恵さんと、元北新地ホステスの水田あゆみさんの2名。

 

最終回の舞台となったのは、バチェラーの第2の故郷でもあるフランス。

 

正直な話、前回のバチェラーの実家挨拶で、家族全員が水田さんがいいという中バチェラーが「おれは岩間さんが好きなのに」とキレる場面もあり、まぁ岩間さんが選ばれることは濃厚でした。

 

そんな中、フランスでのデートで、岩間さんから恋愛感情ではないという実質的に振られてしまうバチェラー。

 

一方の水田さんはバチェラーへの想いを素直に伝えます。

 

そして最後のローズセレモニー。バチェラーは最後の一人を選びます。

 

選ばれたのは、水田あさみさんでした。

 

「バチェラー・ジャパン」シーズン3の最終回、結果としては水田あさみさんがバチェラーに選ばれ、真実の愛を見つけるのでした。

 

と思いきや、ここでは終わらないんですよね。

最終回としては終わったのですが、その後のスタジオ収録で衝撃の事実が伝えられます。

 

なんと、バチェラー友永さんは水田さんと1ヶ月で別れ、その後岩間さんと付き合っていることが分かるのです。

【ネタバレ感想】バチェラー3はつまらない?

ご覧の結末の通り、スタジオでも悲鳴が上がり、結ばれた2人の幸せな決意表明の場所であったはずが、バチェラーへの尋問の場所へと化していきます。

 

友永さんは、これまでの話で真っ直ぐな男だということは伝わってきました。

岩間さんが好きだということは恐らく多くの方が分かっていたように思います。

 

友永さんの行動の何がダメだったのか

自分が好きで、自分のことを好きになってもらいたい女性(岩間さん)と、自分のことを本当に好きでいてくれる女性(水田さん)の間で揺れ動く最終回は面白かったと思いました。

 

その結果、水田さんを選んだことで、僕自身友永さんが覚悟を決めたんだなと思って祝福の目で見ていたところ、その後の報告には落胆しました。

 

ローズセレモニーで結果がどうなるにせよ、最初から岩間さんを選んでいたらここまで炎上はしなかったと思います。

 

しかし彼は水田さんを選び、その後の1ヶ月で岩間さんへの想いが溢れてくるという理由で彼女を振っています。

 

さらには、水田さんと付き合っている最中にも関わらず、岩間さんと連絡を取り、会いに行っているのです。

 

その言い分として、ちゃんと感謝を伝えたいという苦し紛れの言い訳をしますが、すかさず指原に突っ込まれていました(笑)。

 

また後述しますが、このスタジオでの指原の役割というのが素晴らしいものでした。

恐らく彼女がいなければ、モヤモヤ感は凄まじいものだったと思います。

 

友永さんについて思うことを挙げてみます。

ローズセレモニー時点では水田さんが一番好きだった

  • 去りゆく岩間さんに向かって「めぐみー!めぐみー!」と叫ぶ
  • その後、水田さんとディープキス

本能のままに生きているんだなぁと感心しましたよ(笑)。

 

「芯のある女性、強い女性を望んでいる」という繰り返しの発言

  • 恐らく一番芯があり強い女性である野原さんは脱落
  • 最初から一番好きだった岩間さんを選ぶ

 

友永さん自身が弱い部分があるから強い女性を求めていたんでしょうが、結局第一印象、つまりは顔が一番良かったということですね。

 

ただ、芯のある強い女性という意味では岩間さんはあながち間違いではなかったかもしれません。

 

これまで見ていて、岩間さんという人間は、恐らく誰よりも自分が一番という気持ちが強かったように思います。

 

彼女の言動は「私は、私が、私だったら」と全て自分本位で主張していて、パリでの食事シーンでもそれは顕著に現れていましたね。

 

他の女性がバチェラーに対していかに魅力を伝えるかということで試行錯誤している中、彼女だけバチェラーを振り回しているんですよね。

 

正直どっちがバチェラーか分からなくなります(笑)。

 

それも、彼女は友永さんに好かれているという確固たる自信があるからだと思います。

そう言った意味で岩間さんは一番強い女性だとは思いました。

 

あれだけ神戸での暮らしを望んでいた友永さんが、結局岩間さんのいる東京で暮らすことになるというのは笑えました。

 

結果的にバチェラー3はつまらなかったのかと聞かれると、つまらない部分と面白い部分があり、個人的には楽しめました。

『バチェラー3』を通して思う指原莉乃のすごさ

出典:https://dime.jp/genre/553078/

バチェラーを通して非常に感じたのは、指原のコメントの的確さです。

 

思ったことはしっかり発言して、視聴者を引きつけるような発言と、視聴者を代弁する発言のバランスが取れていて非常に感心しました。

司会者の誰よりも的確なコメント

今回の件に関しても、他のMC2人が割と当たり障りもないコメントをしているのに対し、自分の感じていることを素直に、そしてトゲのないように噛み砕いて伝えていたのが素晴らしかったです。

 

指原の的確な発言

  • 当事者である水田さんが強く言わない以上、彼女の気持ちを汲んで合わせている点。
  • 友永さんの選択に対し、「世間からもそういう目で見られる」ということを踏まえた上で、責任ある行動を促したこと。
  • 「心から祝福はできないけど、2人の決めたことなのでとやかく言うことはできない」と言いながら、胸糞悪いという強烈なメッセージを残したこと。

 

彼女も、恋愛禁止のアイドルという立場でスキャンダルが発覚し、紆余曲折あった経験から来る言葉なのでしょう。

 

指原がいろんな番組で引っ張りだこな理由がよくわかりました。

僕がシーズン3を見て一番魅力的だったのは間違いなく指原莉乃でしたね。

『バチェラー3』を通して思うこと

バチェラー運営側も、友永さんというプレーヤーに良い意味でも悪い意味でも大分振り回されたんじゃないかと思います。

 

まず、いい意味として。

金髪のDJ中川さんとのシーン。

 

友永さんの好みが分かりやすい部分もありますが、思わせぶりはせずにハッキリと伝えることは伝えてほしいと言う中川さんに対して、ローズセレモニー前にバラを渡せないと伝え、ローズセレモニーが行われないという事件がありました。

 

恐らく番組的には問題あったでしょうが、視聴者としては新たな展開だったのでこういうのもありだとは思い、面白かったです。

 

次に、悪い意味として。

これはお分かりの通り、最終的な1人を選んだ後に、それを覆した点です。

 

こればっかりは個人の問題のため、運営側もどうしようもないことだとは思います。

 

問題なのは、岩間さんがカメラの無いところで夜通し友永さんと話したことが、後に付き合うことになったときっかけと話したことです。

 

もちろん本人たちのことを考えると、四六時中カメラに撮られている極限の状態というのは理解できますが、最後のローズセレモニー前という一番大事な局面で、一方の側に明らかに有利な状況があったという点が問題なんです。

 

やはり視聴者としては、映されている中でしか反応ができないので、裏ではこうだったということが分かってしまうと、急に気持ちが冷めちゃうんですよね。

 

また、今回のケースによって、今までのローズセレモニーの価値が失われてしまう可能性があることも問題です。

 

最終的に選んだ水田さんを振って、選ばなかった岩間さんと付き合うということが、バチェラー自体のシステムを破綻させてしまっているのです。

 

つまり、あれだけの空気感で行われるローズセレモニーの価値が薄れてしまうのです。

 

また、新たな課題も浮かび上がっていると思います。

 

今回、最終回を目前にして話題となったのが、SNS上でのネタバレ。

匂わせる投稿や、目撃情報などがSNS上でネタバレとして出てしまっていたのです。

 

番組が収録されてから最終話が放送されるまでの間に時間があるため、ネタバレにならないように当事者たちは努めなければなりません。

 

当然のことながら、収録中はスマホなどの外部との通信できるものは遮断されるとのことですが、いざ収録が終わった後は自由となるわけです。

 

その後の個人の裁量になるとは思いますが、それが引き金となってネタバレにつながってしまっているのが現状です。

 

今回のケースも、友永さんと岩間さんが海外旅行しているところの目撃情報がSNS上であがったことで、放送スケジュールに影響が出ているのだと思われます。

 

当事者たちをどこまで縛れるのか、そしてその縛った中の恋愛に果たしてリアリティがあるのかという難しい課題に直面しているとも感じました。

 

自分にも言えたことなので難しいですが、男いうのはやはり顔の好みに傾きやすいというのがシーズン1〜3を通して改めて思いました。

 

ただ、可愛い人を好きになるのは分かりますよ(笑)。

 

シーズン4ではバチェラーも女性陣も人選には慎重になって欲しいと感じました。

『バチェラー』シリーズはAmazonプライム会員がみることができます。

Amazonの速達サービスを使える上、映画も見放題のお得なサービスです。

30日間の無料体験も設けていて、気に入らなければ解約すれば一切お金はかかりません。

 

今すぐAmazonプライム会員になる