ディズニー

【感動】歴代ディズニー映画オープニングのシンデレラ城ロゴを知らないの?

ディズニー映画を見ていると、映画が始まる前のオープニングで花火と共にシンデレラ城が現れるカッコいい映像を見ると思います。

実は、あの映像にはちょっとした秘密があるんです。

それを知ることで、ディズニーの映画をさらに楽しむことができますよ。

今回はディズニー映画のオープニングロゴの歴史を振り返ってご紹介します。

歴代ディズニー映画オープニングのシンデレラ城ロゴに隠された秘密とは。

まずは、ディズニーの城ロゴって「そもそもどんなロゴだったっけ?」とイメージがつかない方のために画像を載せておきます。

出典:https://www.disney.co.jp/

これを見ればなんとなく思い出す方も多いのではないでしょうか。幻想的な空間に登場するインパクトのあるシンデレラ城。

個人的にはこのオープニングを見るだけで感動してしまいます。この映像のお城、シンデレラ城と思いきや、実は違うみたいなんですね。

ディズニー映画のオープニングロゴはシンデレラ城ではない?

先ほどご紹介したディズニー映画のオープニングに登場する城ですが、一見シンデレラ城に見えますよね?

僕自身もシンデレラ城だと思っていたのですが、実はあれはシンデレラ城という訳ではないんです。

実はシンデレラ城と眠れる森の美女で登場する城からインスピレーションを受けた城ということみたいです。

比べてみると、シンデレラ城の方がかなり近い気もしますが、両方の要素が含まれていることも分ります。

ちなみに、ディズニー2大キャッスルとも言われるこの2つの城のモデルとなった実際のお城がドイツにあるんです。

それが「ノイシュバンシュタイン城」です。

ロマンチックですごく素敵なお城ですよね。余談ですが実はこのお城、「中世の歴史あるお城」というわけではないんですよね。

産業革命以後に築城された、鉄筋コンクリート造の近代的なお城なんです。

ただ、素敵なお城であることには間違いありませんし、それがディズニーを代表するお城のモデルになっているということはすごいことです。

ディズニー映画に登場する城について分かったところで、早速歴代のディズニー映画オープニングロゴの変遷について見ていきましょう。

歴代ディズニー映画オープニングロゴの変遷と秘密

最初にご紹介した馴染み深いシンデレラ城風のCGロゴは、近年になって登場したものであり、最初は意外と地味なロゴだったんです。

その変遷をまとめた動画がありますのでご紹介します。

初めてオープニングにシンデレラ城風のロゴが登場したのが、1985年の映画『コルドロン』です。

水色の背景をバックにロゴが浮かび上がり、「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」の名前と共に虹が浮かび上がるというシンプルな作りでした。

そこから1つ目の転換期を迎えるのが、1995年の『トイ・ストーリー』です。

世界初のフル3DCGによる長編アニメーション映画となったこの作品は多くの方もご存知だと思います。

その時に表面上だったオープニングロゴも立体的に表現されるデザインにになっています。

そして、この『トイ・ストーリー』以後は各作品が趣向を凝らしたロゴデザインやその映画に適した演出をするようになりました。

ディズニー映画の歴史と歴代の作品一覧が知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

DISNEY MOVIES
歴代ディズニー映画の歴史を一覧にして順番に振り返ります。【アニメ・ピクサー・ 実写】 こんなご要望にお答えします。 ディズニー映画と一口に言っても、相当な作品数があり、いろんな会社が傘下にある巨大コンテンツとなってい...

そして2つ目の転換期となるのが、2006年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』です。

先ほどの動画をご覧になれば分かると思いますが、それまでのロゴも素敵でしたが、それを遥かに凌駕するカッコいいCGにより浮かび上がるシンデレラ城には感動しました。

CG技術が発展していくと、それに伴いできる演出の幅も広がっていきます。これまでの映画の特徴に合わせた表現というのも幅が広がっていきます。

その後2011年からは、これまであった「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」の表記が「ディズニー」だけの表記に変わりました。

やはり2006年『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』でのオープニング改変には衝撃でしたね。

正直このフォーマットを作った製作者は天才だと思います。

個人的に好きなオープニングは、2008年の『ベッドタイム・ストーリー』と2010年の『トロン: レガシー』です。

どちらも映画のコンセプトを色濃く反映しているので、オープニングからワクワクさせてくれます。

2007年の『ルイスと未来泥棒』以降のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作のアニメーション作品においては、オープニングロゴタイトルとして『蒸気船ウィリー』の冒頭シーンが使われていますね。

ミッキーとミニーのデビュー作『蒸気船ウィリー』についてはこちらをどうぞ。

ディズニーの名作『蒸気船ウィリー』を解説【あらすじ・曲・音楽・著作権切れ】ミッキーとミニーのデビュー作と言われている『蒸気船ウィリー』をご存知ですか。   近年のディズニー映画のオープニングとしても使われてい...

このように、ディズニー映画にはオープニングの映像までにこだわりを見せる秘密がありました。

映画本編が始まる前のロゴですら相当の力を入れているディズニーの心意気には脱帽する限りです。

【まとめ】ディズニー映画を見るときはオープニングのシンデレラ城ロゴに注目してみては。

ディズニー映画のロゴの歴史についてご紹介してきました。

ディズニーの製作にかける情熱というものが伝わってきますね。

これを機に、みなさんもぜひディズニー映画のオープニングについても注目して見てください。

きっとより映画が楽しく感じると思います。