音楽

【ネタバレ感想】ビートルズがいない世界を描いた映画『イエスタデイ』で消えたもの

今回ご紹介する映画は『イエスタデイ』です。

 

ビートルズといえば、知らない人はいないくらい有名なアーティストですね。

そんなビートルズが世界から消えてしまったら、そしてそれを知っているのが自分だけだとしたら。

 

あなたはどうしますか。

 

本記事は、映画『イエスタデイ』のネタバレ感想記事になります。

映画『イエスタデイ』の作品情報とあらすじ

映画『イエスタデイ』作品情報

原題Yesterday
脚本リチャード・カーティス
監督ダニー・ボイル
出演 ヒメーシュ・パテル
リリー・ジェイムス
エド・シーラン
製作国イギリス
製作年2019年
上映時間117分
おすすめ度

監督はダニー・ボイル

 

過去にはアカデミー賞作品賞を含む8部門受賞の『スラムドッグ$ミリオネア』や、『トレインスポッティング』シリーズを手がけたイギリスを代表する映画監督の一人です。

 

 

脚本はロマンチックコメディを得意とするリチャード・カーティスによるものです。

 

彼は『ノッティングヒルの恋人』の脚本や、監督業もやっていて『ラブ・アクチュアリー』『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』なども手がけています。

 

主演のヒメーシュ・パテルはオーディションで歌のスキルの高さが認められて選ばれただけあって、素晴らしい歌声を披露しています。

 

ヒロインには『シンデレラ』リリー・ジェイムス

『シンデレラ』でも綺麗な人だとは思っていましたが、本作で完全にノックアウトされました。

 

個人的には本作のファッションがストライク。

また、ホテルでテレビを背景に横顔が映るシーンがあるのですが、その美しさといったら。

 

エド・シーランについては友情出演の枠を飛び越えてガッツリ出ていますよ。

 

X
created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン

映画『イエスタデイ』あらすじ

あらすじ

イギリスでしがないシンガー・ソングライターをするジャック(ヒメーシュ・パテル)は、マネージャーである幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)に支えられるものの、全く売れる気配はなく、夢を諦めようとしていた。

そんなある日、全世界で数秒間停電が起き、その時に通事故に遭遇。

彼が目が覚めた後のこの世には「ザ・ビートルズ」がいないことになっていた…。

『イエスタデイ』はビートルズがいない世界を描いた映画

出典:https://www.imdb.com/

誰もが知るはずのビートルズがいない世界

「もしもビートルズがこの世にいなかったら」というぶっ飛んだ設定の今作。

 

僕は学生時代に同じようなをを思い浮かべたことがありました。

 

当時流行していた歌手の楽曲を「もしその人より前に自分が世に出したらどうなるんだろう」というまぁ意味のない想像ですよね。

 

当然自分は才能ないので恐らく楽曲がよくても成功はしないだろうという結論に至りました。

しかしこの映画は違います。

 

かの偉大なミュージシャン、ビートルズの存在が自分以外知らないことになっている。

 

そして自分は売れないミュージシャン。

それならやることは一つですよね。

 

近年は『ボヘミアン・ラプソディ』や『ロケットマン』など、伝説的なアーティストにフォーカスした映画が大ヒットしていてます。

 

 

そんな中、世界的アーティストであるビートルズを題材としている本作。

ビートルズの映画は他にもありますが、それらとは全く異なり、言ってしまえばビートルズのカバー版の映画という印象。

 

つまり、ビートルズを本人たちの映像や歌ではなく、関係のない別の人間によって改めてビートルズの素晴らしさを知ることになるのです。

【ネタバレ感想】映画『イエスタデイ』で消えたものたち

出典:https://www.imdb.com/

※以下映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

ビートルズ以外のものも世界から消えてしまっている

「ビートルズが誕生していない世界になったということは、ビートルズに影響された人たちも消えてしまうのでは?」

 

そう思いますよね。

まさにそうなるんですね。

 

ビートルズの後継とも名高いオアシスも存在が無くなってしまいます。

 

このようにビートルズが消えたことによる影響を描いていたら、世界中でビートルズに影響されたアーティストが失われることになり、生まれるべき名曲たちが消えていってしまいます。

 

そんな世界は嫌ですよね。

また、今作ではビートルズ以外にも世界から消えてしまったものがありました。

 

 ビートルズ以外で消えたもの

  • コカ・コーラ
  • タバコ
  • ハリーポッター

 

正直言ってこの設定は余計にも感じましたが、ジャックにとってビートルズ以外にも名声を挙げられる他の要素があるという意味を感じました。

 

まぁ歌に比べるとかなり再現度は難しいと思いますが(笑)。

実はそれだけではなく、もう1つ無くなっているものがあるように感じました。

 

本作では、マイナス思考が消えているのです。

 

劇中ずっと違和感というか、引っかかるものを感じていたのですが、その正体が分かりました。

この世界に誰もマイナス思考な人間がいなくなっているんです。

 

映画を観ている中で何か負の部分や否定する部分というものがないんですよね。

具体例を挙げてみます。

 

ジャックがビートルズ楽曲を盗作していたことについて

中盤で登場する2人もビートルズを知っている人間でした。描き方は完全に盗作がバレてしまうという流れでしたが、ビートルズを世に広めてくれてありがとうという逆に感謝されます。

 

ジャックのアルバム会議

ジャックのデビューアルバム会議では、プロデューサーが決めたタイトルに対して何十人といる社員の人たちが誰も意見を言わず拍手して決まるというある種不気味なシーンがありました。

 

マネージャーのデブラ

エド・シーランのマネージャーもやっているデブラという女性が、今作で一番負のイメージになり得そうですが、彼女は結局自分のお金のためだけということなので、特にマイナス面での働きも感じませんでした。

 

エリーの彼氏の諦めの早さ

エリーはジャックのプロモーションも手伝ってくれた地元プロデューサー、ギャビンと付き合うことになりますが、ジャックのエリーへの告白の後、すんなりと彼女を諦めているんですよね。

 

そんな、ある意味優しすぎる世界にちょっとした違和感を感じましたね。

 

それでもラストのライブシーンでジャックが正直に話した後の展開には、ビートルズの楽曲でも伝わってくる彼らが目指した世界というものを感じて感動的でした。

ビートルズがいない世界なんて

今作を通して感じるのは、ビートルズのいない世界なんてつまらない。

そして素晴らしい楽曲というものは、誰かが伝えていく必要があるのだと痛感しました。

 

素晴らしい楽曲というものは、楽曲ができるまでのバックグラウンドがあり、その重みが歌う人間から伝わってくるものがあるから心に響く。

 

ジャックはビートルズの楽曲の背景を知らないため、どれだけ素晴らしい楽曲であってもあくまでもカバーでしかないのです。

 

ですが、それがマーケティングの力次第でヒットへ導くことができてしまうという音楽業界の現実に、皮肉が込めれられていて笑ってしまいました。

 

一方で下記のように気になる点もチラホラと。

  • 12秒間停電したのはなんで?
  • どうしてジャックだけビートルズを知っているの?
  • ジャックがいる世界はパラレルワールドなのか?
  • ジャックの他でビートルズを知る2人はなぜ知っているの?
  • ビートルズ以外にも消えたものがあるのはどういう意味?

設定を活かすためには野暮な質問ですね。

それよりも今夜はビートルズを聴こうっと。

まとめ

映画『イエスタデイ』は一風変わった映画でしたが、ビートルズの楽曲がもつ力というものを改めて感じました。

 

ビートルズに関して詳しくない方でも全然楽しめますし、もっとビートルズを知りたくなる映画でした。

 

あと、もちろんエド・シーランも素晴らしいアーティストですよ。