アニメーション

『ドラクエ/ユアストーリー』はビアンカ派かフローラ派以前の話?【ネタバレ感想】

今回ご紹介する映画は、『ドラゴンクエスト/ユアストーリー』です。

 

日本を代表するRPGゲーム、「ドラゴンクエスト」シリーズ、通称ドラクエ。

 

RPGゲームといえば必ずと言っていいほど話題に上がる作品だと思います。

今回の映画はそんな人気シリーズの中でも特に人気な「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」を原案にしています。

 

「ドラゴンクエスト」シリーズの第5弾、そして天空をキーワードにした共通の世界観を持つ天空シリーズの第2弾である『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が、ニンテンドーDSで登場。

 

ゲームを映画化すること、さらには人気シリーズの人気作を映画にすることのハードルの高さはどうしても否めません。

 

今作は3DCGアニメーションによる映画となっています。

 

作品情報

原題ドラゴンクエスト ユア・ストーリー
監督山崎貴
脚本山崎貴
出演佐藤健(リュカ)
有村架純(ビアンカ)
波瑠(フローラ)
山田孝之(パパス)
製作国日本
製作年2019年
上映時間103分
おすすめ度

 

あらすじ

あらすじ

ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すため、少年リュカは父パパスと旅を続けていた。

ある時、ゲマと対峙した際に激しい戦いの上、リュカが人質にとられ、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で殺されてしまう。

それから10年。

故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。

父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。

立ちはだかるいくつもの試練の果てに待ち受けるものとは…。

 

映画『ドラクエ/ユアストーリー』の見どころ

©2019『DRAGON QUEST YOUR STORY』製作委員会

プレイした当時の追体験

今作のみどころはプレイした当時の記憶を追体験できることに尽きると思います。

 

「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」が発売されたのは1992年。

ハードはスーパーファミコンでした。

 

20数年が経った今、スクリーンを通して観ることでプレイした当時の自分を思い出すのです。

 

僕自身、熱狂的なファンという訳ではなかったのですが、ドラクエⅤはストーリーの素晴らしさに加えて、魔物を味方につけたり結婚相手を選んだりと、これまでになかった点もあり、確かに印象深い作品でした。

 

映画を通して確かにプレイした記憶が蘇り、童心に戻った感覚で観ることができました。

 

ただ、それなら気になった方もいると思います。

 

なぜタイトルが「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」ではなく「ユア・ストーリー」なのか。

 

その点についてはこの後のネタバレありの部分で触れていきます。

【ネタバレ感想】ビアンカ派かフローラ派以前の話?ラストに衝撃


 

©2019『DRAGON QUEST YOUR STORY』製作委員会

 

※以下映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

ビアンカ派かフローラ派?

ドラクエVの魅力の一つとも言えるのが、結婚相手を選ぶイベントです。

幼馴染で男勝り な女性、ビアンカ
優しくおしとやかな富豪の娘、フローラ

(ゲームだとデボラという女性も含め3候補ですが)プレイしたことがある人は、当時迷ったと思います。

 

それこそドラクエVの醍醐味の一つである、「人生を体験する」ということ。

 

プレイしているあなたの話、つまりユア・ストーリーなんです。

 

3DCGで蘇ったビアンカ、フローラはとても可愛らしく魅力的です。

 

ただ、映画ではビアンカが選ばれますが、その過程はやはり自分でプレイしてこそと感じる部分がありました。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のラスト

本作、ラストの展開について巷では大いに盛り上がっています。

 

今作がなぜドラゴンクエストⅤではないのか、ユア・ストーリーの真意とは何か。

 

生まれる子供が双子じゃないなどの点はさておき、終盤までのストーリー展開はあくまでⅤの内容を違和感なく映し出していたように感じます。

 

問題はゲマを倒してからでした。

 

ストーリー上では、ラスボス、ミルドラースが出てくるのかという場面。

 

文字通り時が止まり、謎の人物が現れるのです。

 

一気にシーンと静まり返り、「えっ、」という声が聞こえて、一瞬劇場がザワついたのを覚えています。

 

登場人物全てがフリーズした状況で主人公リュカと謎の人物のみが動ける状況に。

 

謎の人物は目の前のアニメーション世界をどんどん解体していきます。

 

何が何だか分からなくなる主人公。

見ている僕らも意味不明です。

 

そして謎の人物は、自分がコンピュータウィルスであると告げるのです。

 

この物語はドラクエⅤをバーチャルリアリティで体験できるアトラクションの中の話だったのです。

 

な、なんだと。。。
 

その後ミルドラースとの最終決戦はなく、謎の人物との戦いになり、お供だったスラリンが実はアンチウイルスプログラム(しかも渋い声)であることが分かります。

 

スラリンからの助太刀を得て無事ウィルスを倒し元のゲーム世界に戻る主人公。

 

VR世界であることを知りつつも、仲間と共に旅を続けるという形で幕が閉じるのでした。

ゲームと映画について

©2019『DRAGON QUEST YOUR STORY』製作委員会

ラストの展開をご覧になったみなさんはどう感じるでしょうか。

 

言われてみれば冒頭の幼少期がドット絵のダイジェストだったりと、後の伏線となる要素があったのはわかりますが、それにしても一方的に投げつける展開だったと感じずにはいられませんでした。

 

そもそも三代に渡る壮大なストーリーを一本の映画にするということ自体が難題だとは思います。

 

その中でどうやって納めるのか試行錯誤したとは思いますが、結果的にファンにとっての記憶を踏みにじる展開になってしまったと感じます。

 

この映画が反感を買っている最大の理由は、当時の記憶をだんだんと蘇らせ、盛り上がりが最高潮のタイミングでそれを否定するような展開にしたことです。

 

RPGは映画と違って、2時間では終わりません。

コツコツと面倒でもレベル上げや謎解き、そんな遠回りを経てクリアするのです。

その地道な作業が醍醐味の一つでもあります。

 

そもそも映像で観て楽しむということ自体ゲームと嗜好性が変わってくるため、難しいとは思います。

 

でも、それが分かっている上で、終盤で「これはゲームだから、大人になれ」などと言われたら間違いなく冷めるでしょう。



ゲームの世界であることはプレイヤーは百も承知であり、それを踏まえてのめり込んでいるんだと思います。

 

「ユア・ストーリー」とはプレイする誰しもにとっての冒険であるということでしたが、そんなことは言われなくてもわかります。

 

ましてやそれを主人公に言わせてしまうという展開も違和感でしかありませんでした。

 

制作発表でプレイした人こそ見てほしいという話でしたが、これは逆にプレイした人は観ないほうがいい映画になっていました。

 

ただ、プレイしていないと冒頭でスキップされた部分の話が理解できないため、感情移入しずらい部分はありますがね(苦笑)。

ドラクエはゲームが一番

日本を代表する「ドラゴンクエスト」シリーズ待望の映画化ということで話題性十分でしたが、意図しないところで盛り上がっている本作。

 

監督を務めた山崎貴さんは日本を代表するVFXの第一人者であり、同時期、さらには今後も新作がたくさん控えている方です。

 

多忙な分、クオリティに明確に差が出ているようにも感じてしまいました。