当サイトのリンクについて

「モヤシネマ」は、原則リンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は必要ありません。
リンクの設定をされる際は、「モヤシネマ」へのリンクである旨(URL)を明示してください。
アラジン

※本サイトには一部プロモーションが含まれています。

映画

実写映画『アラジン』ネタバレ感想|ひどい?ウィル・スミスのジーニーが面白い

今回ご紹介するのは、ディズニー実写版『アラジン』です。

1992年のディズニー名作アニメーション『アラジン』の実写映画作品。

アラジンといえば、空飛ぶ絨毯に乗ったロマンチックなシーンとグラミー賞を受賞した主題歌「ホール・ニュー・ワールド」を共に思い出す人も多いのではないでしょうか。

本記事は、実写映画『アラジン』をネタバレありで感想をご紹介。

キャスティングが成功を呼んだディズニー実写のお手本となる映画になっていました。

『アラジン』はディズニープラスで視聴できます!

ディズニープラス

\ディズニー作品が唯一の見放題/

ディズニープラス公式サイトへ

登録・解約も簡単です

ディズニー実写映画『アラジン』の作品情報と配信・予告

『アラジン』

アラジン

5段階評価

視聴する

あらすじ

貧しいながらもダイヤモンドの心を持ち、自分の居場所を模索する青年のアラジンは、自由を願う王女のジャスミンと、三つの願いをかなえてくれるランプの魔人ジーニーに出会う。

作品情報

タイトルアラジン
原題Aladdin
監督ガイ・リッチー
脚本ジョン・オーガスト
出演ウィル・スミス
メナ・マスード
ナオミ・スコット
マーワン・ケンザリ
ナヴィド・ネガーバン
ナシム・ペドラド
ビリー・マグヌッセン
製作国アメリカ
製作年2019年
上映時間128分

予告編

↓クリックでYouTube が開きます↓

『アラジン』はディズニープラスで視聴できます!

ディズニー/ピクサー/SW/マーベルも見放題!

今すぐディズニープラスでみる

年間プランなら実質2ヶ月分無料!

ネタバレあり

以下では、映画の結末に関するネタバレに触れています。注意の上、お読みください。

ディズニー実写映画『アラジン』のキャスト・キャラクター解説

キャラクター役名/キャスト/役柄
アラジン(メナ・マスード)アラジン(メナ・マスード)
アグラバーに暮らす貧しい青年。ジャスミンと出会い、恋に落ちる。
ジーニー(ウィル・スミス)ジーニー(ウィル・スミス)
ランプの魔神。
ジャスミン(ナオミ・スコット)ジャスミン(ナオミ・スコット)
アグラバーの王女。
ジャファー(マーワン・ケンザリ)ジャファー(マーワン・ケンザリ)
アグラバーの国務大臣。魔法のランプを手に入れ、アグラバーを支配しようとする。

主演のアラジン役は、メナ・マスード。彼はエジプト生まれのカナダ育ちの俳優。本作を機に、いろんな映画に出演しそうですね。

ジャスミン役はナオミ・スコット。イギリス生まれで母親がインド系。エキゾチックな美しさがジャスミン役にぴったりでした。

ジェファー役はマーワン・ケンザリ。イケメンすぎて悪役感が薄れていましたが、いい意味でアニメーションとは違ったジェファー像を表現していてよかったです。

アラジンといえランプの魔人ジーニーですが、ジーニー役はウィル・スミス。とはいえ、ジーニーというより、「青いウィル・スミス」感が強いですね。

映画を観る前は違和感しかなかったですが、ジーニーのキャラクター設定が引き立っていて、意外と「ジーニーって実際に見たらこんな感じかもなぁ」と感じるようになっていました。さすがはウィル・スミス。

『アラジン』はウィル・スミスのキャリア史上で興行収入的に最も当たった作品となりました。

興行収入ランキング
【ディズニー・ジブリ】アニメ映画の興行収入ランキング【トップ・ワーストは?】

【ネタバレ感想】ウィル・スミスの実写ジーニーは面白くてアリ

ガイ・リッチー監督の映画的演出の巧さは、監督の過去作『スナッチ』の冒頭シーンを見れば分かると思います。

本作の冒頭シーンでも演出の巧さが現れていました。

ウィル・スミスが歌う「アラビアン・ナイト」に乗せて、状況説明をワンカットの長回し風にみせる映像は一気に物語に惹きつけられました。

アニメーション映画『アラジン』では故ロビン・ウィリアムズがジーニーを演じていて、マシンガントークと絶妙なユーモアで観る人を惹きつけました。

一方「ジーニーの顔がウィル・スミスそのもの」という本作ですが、個人的には結構ハマり役だったと思います。

最近ではシリアスで寡黙なイメージの作品が多いウィル・スミスですが、いい意味でウィル・スミスらしさ全開で本来の魅力が存分に発揮された映画でした。

アラジン
(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

主演の二人も、ほぼ無名の中からキャスティングしていて、ビジュアルと歌声はもちろん、アラジンの世界観にピッタリなんですよね。

ただ、その二人だけでは少しもの足りないところを、ウィル・スミスが良いスパイスになっていて全体的なバランスが取れているんです。

キャスティングが呼び寄せた成功とも言えるでしょう。

原作ありきですが、「夢」や「魔法」といったディズニーらしさを忠実に描いていることも良かった点の一つです。

アニメーションとして名作となっている作品を実写化する意味を考えた時に、どれだけ現代版にアップロードできるかという点が問われてくると思います。

アニメのアラジンを観ていない層に「アラジンは知っているけどこんな内容だったんだ」という切り口で上手く世界観を踏襲して、アップロードできていました。

一番の見せ場、魔法の絨毯に乗って街を見下ろすシーンは、アニメーションと遜色ないロマンチックなシーンになっています。

保守的とも言えるかもしれませんが、個人的にはディズニー実写のお手本となる作品になったと思います。

まとめ:ディズニー実写映画の基準となるか

今回は、ディズニー実写版『アラジン』をご紹介しました。

ディズニー映画の「世代を問わずに楽しめるエンターテインメント作品」としての価値を存分に発揮しているように感じました。

『アラジン』はディズニープラスで視聴できます!

ディズニー/ピクサー/SW/マーベルも見放題!

今すぐディズニープラスでみる

年間プランなら実質2ヶ月分無料!

インサイド・ヘッド
『インサイド・ヘッド』ネタバレ徹底解説|悲しみの扱いはひどいのか?

今回ご紹介する映画は『インサイド・ヘッド』です。 2015年公開のディズニー/ピクサー長編アニメーションの15作品目。住み慣れた場所から引っ越してきた11歳の少女ライリーの頭の中で繰り広げられる感情たちの冒険を通じて、成長と変化を描く。 本記事では、ネタバレありで『インサイド・ヘッド』を観た感想・考察、あらすじを解説。 『インサイド・ヘッド』はディズニープラスで見放題! 『インサイド・ヘッド』作品情報・配信・予告・評価 『インサイド・ヘッド』監督・スタッフ 監督:ピート・ドクター&ロニー・デル・カルメン ...

ズートピア
【ネタバレ感想・考察】『ズートピア』がディズニー屈指の傑作である理由

今回ご紹介する映画は『ズートピア』です。 動物たちが人間のように暮らす文明社会「ズートピア」を舞台に、ウサギの女の子ジュディが夢をかなえるために奮闘する姿を描いたディズニー映画。 本記事では、ネタバレありで『ズートピア』を観た感想・考察、あらすじを解説。 『ズートピア』は、アカデミー賞長編アニメ映画賞、アニー賞長編作品賞を受賞。 『ズートピア』はディズニープラスで見放題! 『ズートピア』の作品情報・予告・配信 『ズートピア』の登場人物・キャラクター・キャスト・役柄 キャラクター役名/キャスト/役柄ジュディ ...

プリンセスと魔法のキス
【人気ないの?】『プリンセスと魔法のキス』単なるカエル映画ではない名作|ネタバレあらすじ解説

今回ご紹介する映画は『プリンセスと魔法のキス』です。 『プリンセスと魔法のキス』は、ジュブナイル小説とグリム童話からインスピレーションを受けた2009年のディズニー・ファンタジー映画。 本記事では、ネタバレありで『プリンセスと魔法のキス』を観た感想・考察、あらすじを解説。 『プリンセスと魔法のキス』はディズニープラスで見放題! 『プリンセスと魔法のキス』の作品情報・予告・配信 『プリンセスと魔法のキス』の原作・製作背景・ポイント 『プリンセスと魔法のキス』は、ディズニー・アニメーションの49作目の長編映画 ...

ノートルダムの鐘
『ノートルダムの鐘』ネタバレ解説|ディズニー映画版が伝えたいこと

さあ 皆さん 見ていただこう ノートルダムの鐘の秘密 誰がモンスターで誰が心ある人間か 今回ご紹介する映画は『ノートルダムの鐘』です。 ヴィクトル・ユーゴーの原作を映画化した1996年公開のディズニーアニメーション映画。 パリのノートルダム寺院の鐘撞きの男を主人公に、宗教と信仰、民族と差別などを描く、ディズニー作品の中でもシリアスな内容が特徴。 本記事では、ネタバレありで『ノートルダムの鐘』を観た感想・考察、あらすじを解説。 『ノートルダムの鐘』はディズニープラスで見放題! 『ノートルダムの鐘』の作品情報 ...

ウィッシュ
【ポリコレ?】『ウィッシュ』ネタバレ感想・あらすじ解説|ディズニー100周年記念作品

今回ご紹介する映画は『ウィッシュ』です。 ウォルト・ディズニー生誕100周年を記念する映画で、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ作品62作目の映画。 本記事では、ネタバレありで『ウィッシュ』を観た感想・考察、あらすじを解説。 https://twitter.com/mamemo843/status/1735495716016197718 映画『ウィッシュ』の作品情報と予告 映画『ウィッシュ』の監督・スタッフ 監督:クリス・バック、ファウン・ヴィーラスンソーン ファウン・ヴィーラスンソーン監督( ...

\記事が良ければシェアしていただければ幸いです/

-映画
-, ,