ファンタジー

実写『アラジン』はキャストが映える美男美女と青いウィルスミスの映画です。【ネタバレ感想】

今回ご紹介する映画は『アラジン』です。

 

ディズニー名作アニメーション『アラジン』の実写映画作品となります。

 

空飛ぶ絨毯に乗ったロマンチックなシーンを、グラミー賞を受賞した主題歌「ホール・ニュー・ワールド」と共に思い出す人も多いのではないでしょうか。

 

キャスティングが成功を呼んだディズニー実写のお手本となる映画になっていました。

作品情報

原題Aladdin
監督ガイ・リッチー
脚本 ・原作 ジョン・オーガスト 
出演メナ・マスード
ナオミ・スコット
ウィル・スミス
製作国アメリカ 
製作年2019年 
上映時間128分

あらすじ

あらすじ

貧しいながらもダイヤモンドの心を持ち、自分の居場所を模索する青年のアラジン(メナ・マスード)は、自由を願う王女のジャスミン(ナオミ・スコット)と、三つの願いをかなえてくれるランプの魔人ジーニー(ウィル・スミス)に出会う。

 

アラジンとジャスミンは、身分の差がありながらも少しずつ惹かれ合い、二人を見守るジーニーは、ランプから解放されたいと思っていた…。

 
ディズニー実写映画の中でもかなりおすすめできる作品となっていました。

『アラジン』はU-NEXTで視聴できますのでチェックしてみてください。

 

U-NEXT

実写『アラジン』は美男美女と青いウィルスミスの映画です。

ガイ・リッチー監督

本作の監督はガイ・リッチー。

 

イギリスの映画監督で、群像劇やアクションなどを得意としていて僕が好きな監督の一人ですが、ディズニー作品を手掛けるのは少し以外に感じました。

 

離婚してしまいましたが歌手のマドンナの旦那でもあったんです。

 

ガイ・リッチー監督はスタイリッシュな映像演出が得意です。作品は当たり外れも結構あるんですけどね(笑)

 

 ガイ・リッチー監督おすすめ

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)
『スナッチ』(2000)
『シャーロック・ホームズ』シリーズ

 

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)とそのセルフリメイク作品の『スナッチ』(2000)は、複雑に絡み合う群像劇が最後に収束していく面白さがあり、日本でいうと伊坂幸太郎の小説が好きな方はハマると思います。

 

『シャーロック・ホームズ』では、アイアンマンでおなじみのロバート・ダウニー・Jr.がシャーロック・ホームズを好演している痛快な作品です。

 

ガイ・リッチー監督による痛快クライムストーリー!

 

本当に賢いのは誰だ? ロンドンを舞台に 繰り広げられる予測不能のクライム・ムービー

 

ロバート・ダウニー・Jr.とジュード・ロウの最強コンビでガイ・リッチー監督が贈る、アクションエンターテイメント超大作!最強の頭脳。最強のコンビ。最強の事件。
今すぐ『シャーロック・ホームズ』を観る

 

また、過去のディズニー映画って何があったっけ?という方は、【歴代一覧】ディズニー映画の歴史を順番に振り返ります。【アニメ・ピクサー・ 実写】という記事でご紹介しているので合わせてどうぞ。

ディズニープリンセスのキャストは美女ぞろい

本作でも改めて感じたのですが、ディズニー実写映画のプリンセスたちってみんな美女ですよね。

これまでの作品で美女たちを挙げてみます。

 

『シンデレラ』(2015)のリリー・ジェイムズ(シンデレラ)

出典:https://www.imdb.com/

最近の作品、『イエスタデイ』でも魅力的な女性を演じていました。

【2019年新作映画】『イエスタデイ』ビートルズがいない世界と消えたもの【ネタバレ感想】

 

『美女と野獣』(2017)のエマ・ワトソン(ベル)

出典:https://www.imdb.com/

 

ご存じ、『ハリー・ポッター』のハーマイオニーですね。美しい。

 

ディズニー・アニメーション不朽の名作『美女と野獣』がついに実写映画化。

 
そして本作、『アラジン』ジャスミン役のナオミ・スコット

出典:https://www.imdb.com/

イギリス生まれで母親がインド系ということで、どこかエキゾチックな美しさを醸し出していて、ジャスミン役にぴったりでした。
 

男性キャストもイケメン

アラジン役のメナ・マスード

出典:https://www.imdb.com/

彼はエジプト生まれのカナダ育ちということですが、アラジンのもつアラブ系のかっこよさを感じました。
本作を機に、いろんな映画に出演しそうですね。
 
ジェファー役マーワン・ケンザリ

出典:https://www.imdb.com/

正直この人もめちゃくちゃイケメンなので、悪役感が薄れていましたが、いい意味でアニメーションとは違ったジェファー像を表現していてよかったです。

ジーニー=ウィル・スミスは果たして!?

アラジンといえば有名なランプの魔人ジーニーでしょう。

出典:https://kids.disney.co.jp/

「え、ジーニーを実写化ってどうなるの?」
 
と思った方もいるかと思います。
安心してください、そこは天下のディズニーですよ。

出典:https://www.imdb.com/

 

ただの青いウィル・スミスやんけ!

まさしく、青いウィル・スミスなんです。

 

映画を観る前は違和感しかなかったのですが、ジーニーのキャラクター設定が引き立っていて、意外と「ジーニーって実際に見たらこんな感じかもなぁ」と感じるようになっていました。

 

さすがはウィル・スミスですね。

過去いろんな作品に出ていますが、今作は彼のキャリアで興行収入的に最も当たった作品となったようです。

【ネタバレ感想】実写映画『アラジン』のラスト

※以下映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

『アラジン』のラスト

アラジンとジャスミンは運命的に出会い惹かれ合いますが、法律により王女であるジャスミンは王子としか結婚できないことが分かります。

 

魔法のランプを手にした青年アラジン。

 

ランプの魔人ジーニーは願いを3つ叶えてくれます。

 

アラジンは一つ目の願い事を頼みます。

 

「自分を王子にしてほしい」

 

その後、王子としてジャスミンのいる宮殿に忍び込み、ジャスミンと再会し、そこで素敵な夜を共にします。

 

しかしジェファーはアラジンの正体を見破り、ランプを渡すように迫ります。

 

とぼけるアラジンでしたが、結果的に縛られて海に突き落とされてしまうのでした。

 

命からがらのところでアブーがランプを海に投げ込み、ジーニーの機転により命を助けるという2つ目の願いを代理で叶えることになりました。

 

アラジンはジェファーの企みを国王に訴え、捕らえることに成功しますが、ジェファーも相棒のオウムの手助けにより抜け出し、アラジンからランプを奪い取ってしまいます。

 

ランプを奪ったジェファーは一つ目の願いとして自分を国王にするよう願います。

 

国王になったものの、家臣が従わないことで、2つ目の願いとして世界で一番強力な魔術師にするよう願います。

 

力を手にしたジェファーはアラジンが王子ではないことを暴き、雪国へ送り飛ばしてしますます。

 

さらにはジャスミンに対し父親と侍女を人質に取り、結婚を迫ります。

 

絶望的な状況でしたが、ジーニーが密かに空飛ぶ絨毯をアラジンのいる場所へと飛ばし、戻ってくることに成功します。

 

そのタイミングでジェファーの隙をみてジャスミンがランプを奪い返し、アラジンへ渡します。

 

しかし、強力な魔術師となったジェファーにランプを再び奪われてしまうのでした。

 

力に自惚れるジェファーに対しアラジンはどれだけ強くなってもジーニーには及ばないと言い放ちます。

 

その言葉に火がついたジェファーは3つ目の願いとして宇宙一最強の存在にするよう願います。

 

言われた通りに願いを叶えるジーニーでしたが、ジェファーとオウムはジーニーと同じようにランプの中へ吸い込まれてしまうのでした。

 

宇宙一最強であることにはジーニーと同様に主人を必要としなければならなかったのです。

 

 

ランプに閉じ込められたジェファーはジーニーによって魔法の洞窟へと投げ飛ばされてしまうのでした。

 

これにて一件落着し、アラジンの元へ戻ったランプでしたが、アラジンは3つ目の最後の願いとして、ジーニーを自由にすることを願います。

 

晴れて自由の身になったジーニーは人間の姿となり、想いを寄せていた侍女のダリアと共に世界を旅することを決意します。

 

冒頭で、アラジンという名の青年の話を語るシーンから物語は始まっていたと思います。

 

そう、これこそが人間になったジーニーだったのでした。

 

その後、ジャスミンは父親である国王より次の国王へ任命されます。

 

国王になったということで自ら法律を変えることで、王子ではないアラジンとの結婚が叶う、晴れて二人は結婚して結ばれるのでした。

実写映画『アラジン』のネタバレ感想

実写『アラジン』おすすめポイント

  • 冒頭シーン「アラビアン・ナイト」
  • ウィル・スミスのハマり具合
  • ディズニーらしさのお手本

 

 冒頭シーン「アラビアン・ナイト」

ガイ・リッチー監督の映画的演出の巧さは、先ほどご紹介した『スナッチ』の冒頭シーンを見ていただければ分かると思います。

 

本作の冒頭シーンでも演出の巧さが現れていました。

 

ウィル・スミスが歌う「アラビアン・ナイト」に乗せて、状況説明をワンカットの長回し風にみせる映像は一気に物語に惹きつけられました。

 

 キャスティングの妙

アニメーション映画『アラジン』では故ロビン・ウィリアムズがジーニーを演じていて、マシンガントークと絶妙なユーモアで観る人を惹きつけました。

 

 

本作では実写で、なおかつ「ジーニーの顔がウィル・スミスそのもの」というハードル高めの設定だったのですが、個人的にはかなりハマっていたと感じました。

 

最近ではシリアスで寡黙なイメージの作品が多いウィル・スミスですが、いい意味でウィル・スミスらしさ全開で本来の魅力が存分に発揮された映画でした。

 

主演の二人も、ほぼ無名の中からキャスティングしていて、ビジュアルと歌声はもちろん、アラジンの世界観にピッタリなんですよね。

 

ただ、その二人だけでは少しもの足りないという点で、ウィル・スミスが良いスパイスになっていて全体的なバランスが取れているんです。

 

キャスティングが呼び寄せた成功とも言えるでしょう。

 

 ディズニーらしさのお手本

原作ありきですが、「夢」や「魔法」といったディズニーらしさを忠実に描いていることも良かった点の一つです。

 

アニメーションとして名作となっている作品を実写化する意味を考えた時に、どれだけ現代版にアップロードできるかという点が問われてくると思います。

 

そういった意味でもアニメのアラジンを観ていない層に「アラジンってディズニーで知っているけどこんな内容なんだ」という切り口で上手く世界観を踏襲して、アップロードできていたと感じました。

 

一番の見せ場、魔法の絨毯に乗って街を見下ろすシーンは、アニメーションと遜色ないロマンチックなシーンになっています。

 

保守的とも言えるかもしれませんが、個人的にはディズニー実写のお手本となる作品になったと思います。

【まとめ】実写『アラジン』はディズニー実写映画の見本

ディズニー実写映画は今後もどんどん製作されていくと思いますが、本作『アラジン』は一つの見本となる映画だったと思います。

 

ディズニー映画の「世代を問わずに楽しめるエンターテインメント作品」としての価値を存分に発揮していました。

 

『アラジン』はU-NEXTで視聴できますのでチェックしてみてください。

 
U-NEXT