ドラマ

【ネタバレ感想/考察】『サンドラの小さな家』に宿る“メハル”の精神

herself_movie

今回ご紹介する映画は、『サンドラの小さな家』です。

フィリダ・ロイド監督による作品で、虐待する夫から逃れて住まいを失った母親が、ふたりの幼い娘を連れて、周囲の人ーと協力しながら新しい家を作ろうと奔走する様子を描いた作品。

肉体的、精神的にも追い詰められた悲運な主人公が、娘を守るため、人生を取り戻すために立ち上がる様子の力強さに心が動かされました。

【ネタバレ感想/考察】映画『サンドラの小さな家』

あらすじ

herself_poster

あらすじ

若きシングルマザーのサンドラは、虐待をする夫から逃れるためふたりの幼い娘を連れて家を出る。

だが、公営住宅に空きが出ず、彼女たちはホテル暮らしを強いられていた。

そんなある日、サンドラは娘との些細な会話から小さな家を自分で建てることを思いつく。

作品情報・おすすめ度

原題 Herself
監督 フィリダ・ロイド
原案・脚本 クレア・ダン
出演 クレア・ダン
ハリエット・ウォルター
コンリース・ヒル
製作国 アイルランド・イギリス
製作年 2020年
上映時間 97分
おすすめ度 (4点/5点)

『サンドラの小さな家』のスタッフ

herself_director出典:https://www.imdb.com/

フィリダ・ロイド監督

主な監督作
  • 『マンマ・ミーア!』
  • 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

監督は、『マンマ・ミーア!』などで知られるフィリダ・ロイド

大学卒業後、BBC(英国放送協会)に5年勤めてから舞台などの演出家の道を進んだ監督です。

代表作の『マンマ・ミーア!』が父親を探す娘を華やかに描いていたのに対して、本作は父親から娘を守るために離れていく様子を静かに描いていました

『サンドラの小さな家』のキャスト

キャスト 役名
クレア・ダン サンドラ
ハリエット・ウォーカー ペギー
コンリース・ヒル エイド
モリー・マッキャン モリー
ルビー・ローズ・オハラ エマ

クレア・ダン

herself_cast出典:https://www.imdb.com/

本作で、主演・脚本を担ったクレア・ダン

彼女の親友が家を失ったという話を聞いたことがきっかけとなり、誕生した本作の物語。

自分で脚本を書いているからこそ、主人公サンドラの心情をより深く把握できているため、その真に迫った演技は申し分ありませんでした。

以下、映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

【ネタバレ感想】DVのトラウマと子どもたち

herself_husband出典:https://www.imdb.com/

DVと受け皿のない社会

サンドラの夫は、本当にクソ野郎としか言えない人間です。

サンドラは、夫から虐待を受けながらも子どもたちに悲しい思いをさせないように、必死に楽しく振る舞っていました。

しかし、行き過ぎた夫のDVはサンドラの腕を折り、彼女に深いトラウマを植え付けることになるのです。

逃げるようにして夫の元から子どもたちと離れることにしたサンドラでしたが、彼女たちを支えてくれる制度や法律は整っていません。

制度を使って一時的にホテルの一室で暮らすことになるも、ホテルマンからはロビーやエレベーターを使うことを断られ、公営住宅を借りようにも果てしない順番待ちがあり、行き場を失っていくのです。

被害者が傷つけられる現実

本作では極端にも思えるくらい、夫がひたすらに嫌な役柄となっています。

冒頭でのDVに加え、夫から離れていったにもかかわらず、子どもとの面会という口実を使ってサンドラに執拗に接触してくるのです。

肉体的にも、精神的にもサンドラを追い詰めていくDV夫

娘は、父親が母親に暴力を振るう場面を見てしまったことで、面会を嫌がります。

しかし、夫はサンドラが意図的に娘に合わせないようにしているとして、面接権の放棄として訴えるのでした。

劇中でも印象的な裁判シーン。

法廷でされる質問は、サンドラの心の傷口に塩を塗る形になります。

暴力を受けていたのになぜ逃げなかったのですか

明らかに暴力を振るった夫に原因があるのに、なぜ逃げなかったのかを問い詰められます。

一方で、「夫がなぜ暴力をやめなかったのか」については質問しないのです。

被害者を守ることが優先されるべきなのに、被害者を苦しめている現実。

フラッシュバックするトラウマと、ただ娘たちを守りたいというサンドラの想いが爆発するシーンは非常に印象的に映っていました。

劇中を彩る音楽

本作は、ほとんどの場面でBGMとしての音楽は流れません。

しかし、ここぞという場面において様々なアーティストの楽曲を使用しているのが印象的でした。

劇中で使用される楽曲リスト

  • 「Chandelier」Sia
  • 「Follow the Sound」Kean Kavanagh
  • 「Love Tonight」Soulé
  • 「Last Night I Crashed My Ferrari」AWKWARD, Ben Baird, Fabian Baird, Jeremy Stagg and Tom Johnson
  • 「Dixit Dominus, HWV 232: Tu es sacerdos in aeternum」George Frideric Handel
  • 「Brewing Up a Storm」The Stunning
  • 「New Shoes」Sharon Jones & The Dap-Kings
  • 「Run For Cover」The Killers
  • 「Titanium (feat. Sia) 」David Guetta
  • 「Ice Cream Sundae」Inhaler
  • 「Green Garden」Laura Mvula
  • 「C’est La Vie」B*Witched
  • 「Whiskey in the Jar」Traditional
  • 「The Lass of Aughrim」Simon Johnson, Tad Sargent and Natalie Holt
  • 「Mother」LYRA
  • 「Take It Back」Cherym
  • 「Sonata for Violin Solo No.3 in C, BWV 1005: 4. Allegro assai」Johann Sebastian Bach

この中でも特に印象的なのが、シーア「シャンデリア」です。

冒頭では、シーアの「シャンデリア」をサンドラと娘二人が歌うシーンから始まりますが、その直後に夫からの強烈なDVシーンが描かれます。

I’m gonna swing from the chandelier From the chandelier I’m gonna live like tomorrow doesn’t exist Like it doesn’t exist.
 
(シャンデリアにぶら下がってゆらゆら揺れるの。私はこれからも生きていく。明日なんてないかのように。)
Sia – Chandelier

シーア自身が、ボーイフレンドを事故により失ったことでアルコール依存や薬物依存に苦しんだ経緯があるこの「シャンデリア」という楽曲。

「シャンデリア」の楽曲がもつ力強さが、本作のストーリーの部分にもかなり影響が感じられます。 

【ネタバレ考察】 タイトル『herself』に込めた意味

herself_community出典:https://www.imdb.com/

さて、本作のオリジナルのタイトルは『herself』となっていますが、一体どんな意味が込められていたのでしょうか。

彼女自身の強さと仲間

本作を通してみると、サンドラのたくましさもありますが、彼女が決して一人ですべてを成し遂げたわけではないと分かります。

サンドラがサンドラらしくいられたのは、彼女に救いの手を差し伸べてくれた人たちがいたから

サンドラは、夫からの虐待を受けることで、家族や社会から孤立してしまっていたのです。

本作は、そんなサンドラがコミュニティを取り戻していく物語でもありました。

『サンドラと小さな家』では、夫からの精神的・肉体的DVを受けながらも、一方で人間の良心を信じる映画にもなっているのです。

そこには、アイルランド伝統の精神「メハル」が描かれていました。

メハルの精神

本作にも登場する言葉「メハル」。

みんなが集まって助け合うことで、自分自身も助けられる」という意味が込められたアイルランドに伝わる精神だといいます。

まめもやし
まめもやし
日本で言うところの「情けは人の為ならず」のようですね!

まさに、この「メハル」こそがタイトルを意味していると考えられます。

彼女の家造りに参加する仲間たちは、詳しく描かれませんが、それぞれが生きづらさを抱えていることが伺えます。

住む家(House)を失ったサンドラが、自らの手で作り上げていく家(Home)

孤独を抱えていた彼女が、自ら一歩踏み出して誰かを頼ってみたこと。

本作に光明が差すのは、このサンドラの力強さと勇気にあると思います。

本作を見て、私はケン・ローチ監督の映画を思い起こしたのですが、社会的テーマのアプローチがケン・ローチとフィリダ・ロイド監督、そしてクレア・ダンとは違うなとも感じました。

まめもやし
まめもやし
まさにここが「herself」のタイトルがバシっとハマるところでした!

不死鳥のように何度でも立ち上がる

herself_kids出典:https://www.imdb.com/

本作は、コミュニティを取り戻し、家と人生を建て直していったサンドラへ容赦のない展開が待ち受けています。

なんと、やっとの思いで建てた家を夫によって燃やされてしまうのです

まめもやし
まめもやし
まさかの展開に言葉を失いましたよ…。

みんなで力を合わせて建てた家が、灰となってしまうのです。

絶望して倒れ込んでしまうサンドラ。彼女は再び家を建て直すことができるのでしょうか。

私たち観客は彼女なら大丈夫だと信じることができます。

なぜなら、もう彼女はひとりじゃない。彼女を支えてくれる人たちがいる

非常にほろ苦い余韻を残すラストになっていますが、サンドラならきっと大丈夫だと、希望も見える幕引きとなっていました。

【まとめ】自分自身を取り戻すために立ち上がる

以上、『サンドラと小さな家』をご紹介しました。

虐待を受ける人は、なかなか声をあげることができずに塞ぎ込んでしまい、社会からも孤立してしまうことが多いと言います。

そんな中で、自らの手で家を造ることで人生も建て直していく一人の女性の力強い姿に胸が打たれました。

映画をオトクに観るならU-NEXTが最強!

  • 見放題作品数日本No.1
  • 登録するだけで600円がもらえる(ポイント)
  • 80以上の雑誌が読み放題
  • 4人までシェア可能
  • アダルト動画も見られちゃう

これらが、無料で誰でも31日間楽しめちゃうんです!

利用しないのはもったいないですね。

\ 登録・解約も簡単 /
今すぐU-NEXTを無料体験※31日間以内に解約で完全無料です