SF

【ネタバレ考察】『アイ・アム・レジェンド2』もある?別エンディングも解説!

今回ご紹介する映画は『アイ・アム・レジェンド』です。

ウィル・スミス主演の2007年の映画で、ウイルスが蔓延した世界にたった一人で生き残った男性を描いた物語。

劇場公開版と別エンディングの2つのラストがあり、好みが分かれる結末を楽しめる作品となっています。

本記事では、『アイ・アム・レジェンド』の2つのエンディングをネタバレ考察します。

これを読めば2つのエンディングのもたらす意味を知ることができてより映画が楽しめますよ。

U-NEXTなら誰でも31日間、無料で利用ができます

『アイ・アム・レジェンド』の別エンディング版も無料で視聴できる!

今すぐU-NEXTを無料体験する

(※登録・解約も簡単にできます!)

映画『アイ・アム・レジェンド』の作品情報とあらすじ

作品情報

原題 I Am Legend
監督 フランシス・ローレンス 
原作・脚本 マーク・プロトセヴィッチ
アキヴァ・ゴールズマン
出演 ウィル・スミス 
製作国 アメリカ 
製作年 2007年 
上映時間 100分 
おすすめ度 (3.5点/5点)

あらすじ

ロバート・ネビルは優れた科学者だったが、恐ろしいウイルスを食い止めるすべを知らず、世界は滅んでしまう。

なぜか免疫があったネビルは荒れ果てたニューヨークで、ただ1人生き残っている。

地球最後の男に、希望はあるのか。

『アイ・アム・レジェンド』のスタッフ・原作

フランシス・ローレンス監督

i_am_legend-director出典:https://www.imdb.com/

『アイ・アム・レジェンド』を手掛けたのは、オーストリア出身の映画監督フランシス・ローレンス

  • ビヨンセ
  • レディー・ガガ
  • ジャスティン・ティンバーレイク

上記のように数々の著名アーティストのミュージック・ビデオを監督した経験があります。

2005年にキアヌ・リーブス主演の『コンスタンティン』で映画監督デビューを果たしました。

その後は『ハンガー・ゲーム』シリーズの監督を手掛けています。

原作は『地球最後の男』で知られる小説

『アイ・アム・レジェンド』の原作は、リチャード・マシスンのSF小説『I Am Legend』

日本語版タイトルは『吸血鬼』『地球最後の男』などのタイトル付けられています。

映画の公開に合わせて小説も『アイ・アム・レジェンド』に改訂されました。

ジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』などのゾンビ映画にも影響を与えている作品です。

『アイ・アム・レジェンド』のキャスト

i_am_legend-cast出典:https://www.imdb.com/

ウィル・スミス

主演はウィル・スミス

彼ほど世界滅亡とか世界を救う系の映画にピッタリの人はいないですよね。

『アイ・アム・レジェンド』は基本的にたった一人(あとは犬)で進んでいくので、ウィル・スミスの一人芝居を堪能できます

主な出演作
  • 『バットボーイズ』シリーズ
  • 『インデペンデンス・デイ』
  • 『メン・イン・ブラック』シリーズ

ちなみに劇中に登場する娘役のウィロー・スミスは、ウィル・スミスの実の娘です。

シェパードのサム(犬)

ウィル・スミスと行動をともにする愛犬のサム。

犬種はシェパードです。

まめもやし
まめもやし
本編を観た人は間違いなくサム好きになりますね…。

以下、映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

【ネタバレ】ラストまでのあらすじ

i_am_legend-01出典:https://www.imdb.com/

『アイ・アム・レジェンド』のラストには、劇場公開版と別エンディング版の2つがあります。

エンディングの違いを説明するためにも、まずはラストまでのあらすじをネタバレありで紹介します。

ニューヨークにたった一人の男

元軍人で科学者のロバート・ネビルは人類を滅ぼしたクリピン・ウイルスからひとり生き残り、愛犬のサムと一緒にニューヨークに3年も過ごしていた

街には、日が沈むとウイルスに感染した捕食者“ダーク・シーカー”たちが現れてしまう。

ある日、実験体のマウスからウイルスに抗う個体を見つけたネビルは、人体実験として危険を犯してダークシーカーを捕まえる。

しかし、人体実験は失敗に終わってしまうのだった。

サムとの別れ

ある日、ネビルはダークシーカーが仕掛けた罠にハマってしまい、襲われてしまう。

命からがら逃げ出したものの、その際にサムがウイルスに感染してしまう。

そのままだとダークシーカー化してしまうため、ネビルは飼い主として涙ながらにサムを殺すしかなかった

生き残り

自暴自棄になったネビルは、ダークシーカーたちに無謀な戦いを挑むものの、数の多さに絶体絶命に陥ってしまう。

しかし、殺されるかと思われた瞬間、ネビルは何者かに救わるのだった。

それは、ネビルの無線の聞いてやってきた生き残りの女性アナと子どものイーサン

彼女は、生存者の村があるから一緒に行こうとネビルを誘うものの、荒唐無稽な話にネビルは信じない。

ダークシーカーの襲撃

ネビルを助けたアナの行動によって、ダークシーカーたちはネビルの家を突き止めていた

夜になり、一斉に襲ってくるダークシーカーたち

必死になって防戦するネビルだったが、次から次へとやってくるダークシーカーたちに押されて、3人は地下の研究室へと逃げ込むのだった。

地下室に向かうと、ネビルは血清を投与していたダークシーカーの女性が人間へ戻りつつあることに気づく。

しかし、ダークシーカーたちは地下室までやってきていて、ダークシーカーのリーダーが今にも防弾ガラスを突き破ろうとしていた

以下では、劇場公開版と別エンディングの2つに分けて紹介します。

【ネタバレ】劇場公開版エンディング

i_am_legend-02出典:https://www.imdb.com/

ネビルの判断

ネビルは検体のアナとイーサンを防護壁に移動させ、ダークシーカーから血清を取りだすとアナに託すのだった。

そして彼は、手榴弾を片手にダークシーカーもろとも道連れに爆死するのだった。

そして伝説へ…

生き残ったアナとイーサンは、生存者の村がある場所へと向かう。

すると、確かにそこに生存者たちがいて、ネビルから託された血清を届けるのだった。

そして、ネビルが託した血清により治療薬ができ、人類が再び元の世界に戻るきっかけを作ったとしてネビルは“伝説(レジェンド)”となるのだった。

【ネタバレ】別エンディング

i_am_legend-03出典:https://www.imdb.com/

ネビルの判断

ガラスを突き破ろうとするダークシーカーのリーダーだったが、ガラスに蝶の模様を書いていることに気づくネビル。

検体のダークシーカーの女性の首元を調べると蝶のタトゥーがあり、彼が検体の女性を取り戻そうとしているとネビルは判断する。

彼女への血清投与を中断し、決死の思いでダークシーカーたちに歩み寄り、彼女を返すと、ダークシーカーたちは元の場所へと戻っていくのだった。

そして伝説へ…

翌朝、ネビルたち3人は希望を信じて生存者がいるという村へ車を走らせるのだった…。

【ネタバレ考察】エンディングの違いはなぜ?

i_am_legend-04出典:https://www.imdb.com/

上に紹介したように、『アイ・アム・レジェンド』には2つの異なるエンディングがあるのです。

2つのエンディングの大きな違いとしては、以下の2点が挙げられます。

  • ネビルの生死の違い
  • “伝説”の違い
  • “蝶”のモチーフの違い

ネビルの生死の違い

まず、明らかな違いとしてはネビルの生死の違いですね。

劇場公開版ではネビルはダークシーカーもろとも手榴弾で道連れにして死んでしまいますが、別エンディング版では死なずに生存しています。

正直なところ、劇場公開版では自爆しなくてもガラスの割れた隙間から手榴弾を投げて助かる選択肢もあったように感じましたね。

また、劇場公開版ではアナとイーサンが生存者の村にたどり着いていましたが、別エンディングでは生存者の村までは描かれていません

ネビルが生きているという希望はありますが、血清を持っているかも生存者の村にたどり着けるのかも分からないという余韻を残しています。

“伝説”の違い

次に違うのがタイトルにもある“伝説(レジェンド)”の違いです。

劇場公開版では、検体のダークシーカーから血清をアナに託したことで世界が救われ、そのきっかけを作ったとして“伝説”となりました。

劇場公開版では、ネビルは血清を作り人類を救ったとして“伝説”となった。

それでは、別エンディング版ではどうでしょうか。

別エンディング版では明確に“伝説”という言葉で説明はされていませんが、ネビルが“伝説”となったのは何だったのでしょうか。

それは「ダークシーカーにとっての伝説」だったのです。

ラストで、ダークシーカーのリーダーは必死になって血清を打たれていた検体の女性を取り返そうとしていました。

つまり、意思を持たないと思われていたダークシーカーが意思を持っていることが分かるのです。

中盤のネビルが仕掛けた罠をマネしてネビルを捕らえたシーンからもダークシーカーが知能を持っていることも分かります。

そして、検体の女性をダークシーカーに渡したシーンでのネビルの背後には、何十人もの実験に失敗して殺してきたダークシーカーたちの写真が映されていました。

つまり、ネビルら人間にとってダークシーカーが怪物だと思っていたところ、ダークシーカーにとってもネビルが恐ろしい“伝説”の人間だったのです。

まめもやし
まめもやし
ダークシーカーに「すまなかった」と謝るネビルの姿が印象的でしたね。

人体実験をくり返し何十人ものダークシーカーを殺してきたネビルこそダークシーカーにとって“伝説”の人間だった。

“蝶”のモチーフの違い

2つのエンディング違いで気づいた人もいるかもしれませんが、蝶のモチーフの違いもありました。

劇場公開版ではイーサンを抱きかかえるアナの首元に蝶のタトゥーが、別エンディング版では実験体のダークシーカーの首元に蝶のタトゥーがありました。

そして、この蝶は映画の前半でネビルの娘も言及しています。

“蝶”というモチーフはギリシャ神話やキリスト教において「魂」を表し「復活や再生」の意味をもっています。

そこから考察すると、劇場公開版では人類滅亡の危機を救う血清をアナに託すことで人類の文化の復活を表したのではないでしょうか。

一方の別エンディング版では、ダークシーカーたちにも魂=意思があり、社会をもっていた。つまり一方の考え方だけに固執することへの危惧を描いていたのではないでしょうか。

別エンディングになった理由と意味

そもそも『アイ・アム・レジェンド』はどうして2つのエンディングになってしまったのでしょうか。

その理由は案外単純で、「評判が悪かった」から。

公開1ヶ月前の試写においての評判が悪く、エンディングが差し替えられたのでした。

まめもやし
まめもやし
僕としては、別エンディングの方が好きなんですよね。

別エンディングが持つ意味とは

僕が別エンディングの方が好きな理由は、「表裏一体の価値観」が描かれているから。

というのも、この映画は普通に観ていくと、ウイルスで人類が滅亡した世界でたった一人生きる主人公に当然のように感情移入する流れになっています。

これは『アイ・アム・レジェンド』が明確な二項対立で描かれていることにあります。

  • 人間とダークシーカー
  • 光と闇
  • 生と死
  • 善と悪

ダークシーカーは陽の光を浴びることができず、「闇」の中に暮らしていて、ネビルの行動は日中のみ。

両者が交わることはなく、明確な対立構造を映しています。

そして、その対立構造を崩すのが、他でもないネビルなんです。

ウイルスに犯されたダークシーカーを人間に戻そうとするネビルの行動は当然のように「善」として映ります。

しかし、別エンディングではその価値観が逆転することでこれまで「善」だと思っていたネビルも、ダークシーカーにとっては「悪」であることが伝わりました。

つまり、『アイ・アム・レジェンド』の別エンディングでは、人間のバイアス(偏った考え方)を描いているのです。

誰かの正義が違う誰かにとっては違うことがある、そんな表裏一体の価値観を描いていました。

続編『アイ・アム・レジェンド2』は公開されるのか

i_am_legend-05出典:https://www.imdb.com/

『アイ・アム・レジェンド』には続編があるのか期待する声が多く挙がっています。

2008年時点では前日譚を描く続編を制作するとのニュースがありましたが、2012年になると、ワーナー・ブラザースから前日譚ではない形で続編を制作すると発表がされました。

さらに2014年になると主演であるウィル・スミスは続投しないと報じられ、現在に至るまで続編は出来上がっていません。

正直なところ、『アイ・アム・レジェンド2』の実現は難しいかもしれません。

しかし、何年も経った後で続編が作られることもあるので、今後も続報に期待しながら待っていたいと思います。

別エンディング版が無料で視聴できる!

以上、『アイ・アム・レジェンド』をご紹介しました。

劇場公開版と別エンディング版の2つのエンディングがある面白い映画です。

今回ご紹介した別エンディング版はU-NEXTで無料で視聴できちゃいます!

通常ならDVDの購入特典で観られるのですが、U-NEXTの無料体験を利用すればお金をかけずに視聴できます。

さらにU-NEXTの無料体験では600円分のポイントがもらえちゃうのでむしろ利用しないともったいない!

レンタルショップに行く手間も必要なく、その瞬間から視聴できますよ。

\ 登録・解約も簡単 /

無料で【別エンディング版】を観る※31日間以内に解約で完全無料です