蒸気船ウィリー

※本サイトには一部プロモーションが含まれています。

映画レビュー

ミッキーの初期作品『蒸気船ウィリー』解説|あらすじ・曲・音楽・著作権切れ・カットシーン

ミッキーとミニーのデビュー作と言われている『蒸気船ウィリー』をご存知ですか。  

まめもやし

ディズニー映画のオープニングとしても使われている、ミッキーが口笛を吹きながら船を操縦しているあの作品です!  

そのシーンは見たことある方も多いと思いますが、映画の内容は知らない人は意外に多いですよね。

実は、『蒸気船ウィリー』のミッキーは、ディズニーランドのキラキラしたミッキーとは全く違ったクレイジーな姿が観られるんです。

本記事では、ミッキーの初デビュー映画『蒸気船ウィリー』について解説していきます。

まめもやし

作品の内容や背景を知ると、ディズニーランドやディズニー映画がもっと楽しくなりますよ!

ディズニープラスが実質2ヶ月無料!【PR】

ディズニープラスは年間プランで実質2ヶ月無料

月額プランと年間プランの差額

月額プラン990円1,320円
年間プラン9,900円(月額825円)
2ヶ月分が無料
13,200円(月額1,100円)
2ヶ月分が無料

ディズニープラスは年間プランを利用するだけで、実質2ヶ月が無料!

\ディズニー映画が見放題/

今すぐディズニープラスをみる

登録・解約も簡単

『蒸気船ウィリー』作品情報とあらすじ

蒸気船ウィリー

1928 年のアニメ「蒸気船ウィリー」のオリジナル ポスター

作品情報

タイトル蒸気船ウィリー
原題Steamboat Willie
監督ウォルト・ディズニー
アブ・アイワークス
脚本ウォルト・ディズニー
アブ・アイワークス
音楽ウィルフレッド・ジャクソン
バート・ルイス
アニメーションアブ・アイワークス
ウィルフレッド・ジャクソン
ジョニー・キャノン
レス・クラーク(動画)
製作国アメリカ
公開年1928年11月18日
上映時間7分47秒

『蒸気船ウィリー(Steamboat Willie)』は、1928年11月18日にアメリカで公開された7分の短篇アニメーション作品。

ミッキーマウスとミニーマウスが映画デビューした作品とされています。

その背景もあり、『蒸気船ウィリー』の公開日である11月18日はミッキーとミニーの誕生日としても有名ですね。  

トーキーアニメーションの草分け

『蒸気船ウィリー』は、トーキー・アニメーションの草分け的な位置付けになっています。

トーキーアニメーションとは

  • トーキーとは音声と映像が同期した映画のこと
  • 「Moving Picture」をでMovieと呼んだことに対して「Talking Picture」でトーキー映画と呼んでいる
  • 音声と映像が同期した映画が一般的な現在では、あえてトーキー映画という名前は使わない

ご存じ、ウォルト・ディズニーは、当時主流だったサイレント映画(音がない映画)でミッキーの映画を制作しますが、受け入れられませんでした。

そんな中、1927年に公開された世界初のトーキー映画『ジャズ・シンガー』を観たウォルトは、「アニメでもトーキー映画ができる」と考えてサイレント映画で制作していた『蒸気船ウィリー』をトーキー映画として作り直したのです。

『蒸気船ウィリー』のあらすじ

ある日の貨物船。ミッキーは口笛を吹きながらご機嫌で船を操縦しているが、船長のピートに怒られてしまう。その後、港で家畜を乗せると、遅れてきたミニーが追いかけてくる。

クレーンを使って拾い上げるミッキーだったが、その際にミニーが持っていた楽譜と楽器を山羊に食べられてしまう。すると、山羊は生きたオルゴールと化し、その姿にハマったミッキーはあらゆるものや動物で音楽を奏で始める…。

『蒸気船ウィリー』本編とネタバレ感想

まめもやし

『蒸気船ウィリー』の本編は、上記のディズニー公式YouTubeから視聴できます!

ミッキー、ミニーのデビュー作の本作。1928年公開というのが信じられないほど、今観ても十分に楽しめる作品でした。

猫の尻尾を掴んで、ぶん回したり、現代なら動物愛護団体ほか各方面からのクレームがくるような内容です。

一方で、動物を楽器に見立て「オクラホマミキサー」の音楽に合わせて演奏する様子は、思わず体を揺らしてリズムに乗ってしまいます。

まめもやし

ディズニーランドのカッコいいミッキーではなく、お茶目でいたずらっぽさが残るミッキーの姿がいいんですよね…!

クレイジーなミッキーの姿が観られる『蒸気船ウィリー』ですが、実は、現在視聴できる公式の動画は、一部シーンがカットされています。

後にカットされたシーン

現在視聴できる『蒸気船ウィリー』の動画は、上で紹介したディズニー公式のものですが、これは公開時のものから、一部のシーンがカットされています。

それは、5分45秒くらいから始まる母豚と子豚のシーン。

公式の動画では、子豚の尻尾を掴んで演奏するだけですが、実はその後ミッキーは、母豚を持ち上げて子豚を蹴り落とし、母豚の乳首で音楽奏で始めます。

まめもやし

初期のミッキーがこんなにクレイジーだったなんでビックリですよね!

『蒸気船ウィリー』の口笛の曲や音楽について

『蒸気船ウィリー』の中では、以下の2曲の楽曲が使用されています。

ポイント

  • 「Steamboat Bill」
  • 「藁の中の七面鳥(Turkey in the Straw)」

「Steamboat Bill」

ミッキーが冒頭で、口笛を吹いているのは、「Steamboat Bill」という楽曲。

喜劇王バスター・キートンの映画『キートンの蒸気船』で使用された楽曲。アーサー・コリンズという方が作曲し、歌っています。  

まめもやし

歌になると、また違った印象を受けますね!

created by Rinker
アイ ヴィー シー

『蒸気船ウィリー』の冒頭の口笛シーンは、2007年公開の『ルイスと未来泥棒』以降、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作のアニメーション作品のオープニングロゴタイトルとして使われています。

ディズニーのオープニング映像については、以下の記事で詳しくまとめています。

【画像で解説】ディズニー映画オープニングにおける城ロゴの変遷【シンデレラ城ではない】
【画像で解説】ディズニー映画オープニングにおける城ロゴの変遷【シンデレラ城ではない】

「藁の中の七面鳥(Turkey in the Straw)」

劇中でミッキーが動物やものを使って音楽を奏で始めたときに使われる楽曲は、「藁の中の七面鳥(Turkey in the Straw)」

こちらは、日本ではフォークダンス「オクラホマミキサー」として一般に普及している楽曲でもあります。

『蒸気船ウィリー』とミッキーの著作権切れについて

製作国であるアメリカでは、2023年まで(公開後95年)著作権が保持されています。  

著作権が切れるとパブリックドメインとなり、ミッキーの自由化となりますが、自由に使えるのは初期のミッキーだけなんですよね。  

以前にミッキーの著作権が切れそうになったとき、著作権期間が延長される措置が取られたことがあり、「ミッキーマウス保護法」などと呼ばれて揶揄されました。

パブリックドメインとは、著作物などの知的財産権を保有しない状態のこと。

日本では、以前あった映画の保存期間である「公表後50年プラス戦時加算の約10年」を考慮すると、すでにミッキーはパブリックドメインとなっているという話もあったりします。  

そして、2024年1月、ついに『蒸気船ウィリー』の著作権が正式に期限切れとなりました。これは、アメリカの誰もが『蒸気船ウィリー』バージョンのミッキーを使用できることを意味しています。

まめもやし

そうなると早速、ミッキーのホラー映画の予告編が解禁されています!

あくまでも著作権が期限切れとなったのは『蒸気船ウィリー』のミッキーであり、ミッキーのアイコンとして一番有名な赤いショートパンツと大きな瞳のミッキーは、依然として保護されています。

AP通信の取材によるディズニー公式の声明によると、「より現代的なバージョンのミッキーマウスや、著作権の対象となるその他の作品については、引き続き権利を保護していく」と明かしています。

まとめ:ディズニーの名作『蒸気船ウィリー』はいま見ても面白い

今回は、ミッキー・ミニーのデビュー作『蒸気船ウィリー』をご紹介しました。  

本記事のまとめ

  • 『蒸気船ウィリー』は1928年11月18日公開の映画
  • ミッキー&ミニーのデビュー作で、公開日は誕生日になっている
  • 劇中で使用された楽曲は2曲
    • 「Steamboat Bill」
    • 「藁の中の七面鳥(Turkey in the Straw)」
  • アメリカでの著作権は95年間なので、2023年まで

初期のミッキーの短編映画はどれも観やすく、ミッキーのキャラがお茶目でクレイジーなので、今とは違った意味で楽しめると思います。  

気になった方はぜひ他のミッキーの作品も観てみてください。

ディズニープラス

\ディズニー作品が唯一の見放題/

ディズニープラス公式サイトへ

登録・解約も簡単です

\記事が良ければシェアしていただければ幸いです/

-映画レビュー
-, ,