ディズニー

【アナ雪2】映画『アナと雪の女王2』ネタバレ感想。歌やオラフの声について。

今回ご紹介する映画は『アナと雪の女王2』です。

 

大ヒットしたアナ雪の2作目となります。

 

日本の歴代興行収入においても、2019年現在で歴代3位というすごい成績を収めているだけあって、その続編となると期待値は高まりますよね。

 

本記事では、『アナと雪の女王2』のネタバレ感想や劇中の歌、そしてオラフのキャストで話題となった声優問題についてご紹介していきます。

 

 

作品情報

原題 Frozen II
脚本 ジェニファー・リー
監督 クリス・バック
ジェニファー・リー
出演 イディナ・メンゼル 松たか子
クリステン・ベル  神田沙也加
ジョシュ・ギャッド 武内駿輔
ジョナサン・グロフ 原慎一郎
製作国 アメリカ
製作年 2019年 
上映時間 103分 
おすすめ度

ディズニー初のダブルヒロイン(2人のプリンセス)で、大ヒットした前作『アナと雪の女王』(2013)の続編となる今作。

 

6年ぶりの長編となりますが、大ヒット作ということで、これまでに『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』(2015)『アナと雪の女王/家族の思い出』(2017)とスピンオフも作られていて、続編公開を期待する声も多くありました。

 

脚本は前作と同じく『シュガー・ラッシュ』などで知られるジェニファー・リーが担当しています。

 

ディズニー映画『シュガーラッシュ』ラルフとヴァネロペはゲームキャラ?

映画『シュガーラッシュ2:オンライン』つまらない?ラルフとヴァネロペの決断とプリンセスたち

あらすじ

あらすじ

エルサとアナは凍てついたアレンデール王国を救い、幸せに暮らしていた。

ある日エルサは、自分にしか聞こえない不思議な歌声を耳にする。

それは幼い頃に両親から聞いた話に登場する歌であり、歌声に導かれるようにオラフやクリストフと共に旅に出かけることとなる…。

前作、『アナと雪の女王』を観たい方はU-NEXTで見られます。

 

無料でもらえるポイントを使って31日間の無料体験で解約すれば一切お金がかかりませんので見ないと損ですよ。

 

U-NEXT

『アナ雪2』の歌について

出典:https://www.imdb.com/

 

前作『アナと雪の女王』では、映画の大ヒットと共に劇中の歌も大人気となりました。

 

アナ雪の代表曲

  • 「雪だるまつくろう」
  • 「生まれてはじめて」
  • 「とびら開けて」
  • 「レット・イット・ゴー」

タイトルを見てもどんな曲だったか思い出せるくらい、前作はキャッチーな歌が多かったですね。

 

やっぱりディズニーアニメといえば歌の素晴らしさも魅力の大きな一つだと思います。

 

ディズニーの歴代作品を振り返りたい方は【歴代一覧】ディズニー映画の歴史を順番に振り返ります。【アニメ・ピクサー・ 実写】という記事でご紹介していますので合わせてどうぞ。

 

そういった意味で今作は、前作に比べると歌という点ではキャッチーさはあまり感じませんでした。

 

今作の代表曲「イントゥ・ジ・アンノウン」はサビの伸びも気持ちよく、印象的だったのですが、その他の歌については正直あまり印象に残りませんでした。

 

日本版に関しては、松たか子や神田沙也加は、前作と同じく安定した歌唱力で気持ちが入った力強い歌声で良かったです。

 

エンドソングに関しては前作と異なっています。

『アナと雪の女王』→May J.
『アナと雪の女王2』→中元みずき

 

今作で抜擢された中元みずきという方は、日本版エンドソングを歌うアーティストにメジャーデビュー前の新人を起用するのはディズニーとしては初の大抜擢だったそうです。

『アナ雪2』オラフについて

出典:https://www.imdb.com/

アナ雪の続編公開にあたって、本編とは別に注目されていたのがオラフの声優問題について。

 

ご存じの通り、2019年3月にこれまで担当していたピエール瀧が逮捕されてしまったことで、代役が必要となってしまったのです。

 

しかも、アナ雪シリーズにおいて「オラフ」というキャラクターは非常に重要な立ち位置をしているので、さらに良いのか悪いのかピエール瀧のオラフが絶妙なハマり具合があったことも重なり、代役はかなりのプレッシャーだったと思います。

 

鑑賞後の感想をいうと「びっくりするくらいピエール瀧のオラフそっくり」なのです。

 

何かしらの違和感を感じるかと思っていたのですが、全くと言っていいほど違和感なく受け入れられました。

 

しかも代役を担当した声優の武内駿輔という方ですが、まだ22歳ということで驚きました。

 

この方『アイドルマスター シンデレラガールズ』の声優も担当していて、普段は年齢から想像もできない渋い声の持ち主なんです。

 

 

とにかく、懸念していたオラフの吹き替え部分については全く問題ありませんでした。

『アナ雪2』ネタバレ感想

出典:https://www.imdb.com/

※以下映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

アニメーション描写の素晴らしさ

前作と比べても、圧倒的にアニメーションが美しく繊細に描かれています。

 

水や氷、秋の森や冬の雪、表情や見えない風など、細かい描写における動きにこだわり抜いた映像美はさすがとしか言いようがありません。

 

また、キャラクターたちが前作を上手く引き合いに出していて(ネタにしている)、少し成長したキャラクターたちの姿が見られる面白さもあります。

 
クリストフに関しては歌といい、完全に笑いパートになっていましたね。
 
 
ほとんどプロポーズのことしか考えていなかったです。

 

アレンデールとノーサルドラという2つの国をエルサとアナがそれぞれ治めるオチは、前作からすると2人が距離を置くという意味では意外な展開でした。

 

プリンセス2人、そして女性の活躍ということを活かした設計で個人的には挑戦している感じがして良かったです。

 

一方で、気になる点もチラホラと。

エルサの能力の背景ってどういうこと?

アレンデールの国王の父とノーサルドラの母から生まれたということは分かるけど、アナとの違いや能力を得た根本的な理由が明かされないので気になりました。第5の精霊だからと言う理由もなんとも不明瞭という感じ。

 

ダム壊す必要あったの?

祖父の行動がすべての元凶ということもあり、その象徴という意味では分からなくもないですが、ダムがあることで悪い影響があるようにも見えなかったです。

「水には記憶がある」という意味で争いの元凶となった記憶の開放という意味は伝わりましたが、引っかかる部分ではありました。

 

エルサはなぜ凍ったのか?

→ショックを受けると凍る体質なのかな?また、ダムを壊したことで共に戻るというのが、前作の姉妹愛で溶かしたシーンと比べると何とも弱いし繋がりがみえませんでした。

 

ダムの水はどこへ?

この辺は野暮とも言えますが、ダムが決壊して流れてきた大量の水は一体どこへいった?

海面上昇しちゃうのでは…

 

振り返ってみると、内容としては「ダムを壊した」という話で終わっているのです。

 

続編ということで後付けの設定になるのは仕方ないとしても、祖父が悪いことをしたという話を肉付けしたという印象が拭いきれませんでした。

【まとめ】『アナ雪2』は誰でも楽しめる

気になる点も少々ありましたが、さすがはディズニーです。

ちゃんと子供から大人まで楽しめる作品に仕上がっているのは間違いありません。

 

ただ、前回ほどの社会現象にまではならないだろうなと感じたのも事実でした。

 

前作、『アナと雪の女王』を観たい方はU-NEXTで見られます。

 

無料でもらえるポイントを使って31日間の無料体験で解約すれば一切お金がかかりませんので見ないと損ですよ。

 

U-NEXT