アニメーション

ディズニー映画『シュガーラッシュ』ラルフとヴァネロペはゲームキャラ?

 
今回ご紹介する映画は『シュガー・ラッシュ』です。

 

ディズニーがゲームの中の世界を描きました。

 

愛すべきキャラクターたちと世界観の表現が秀逸な作品でした。

映画『シュガーラッシュ』の基本情報

出典:https://www.imdb.com/

作品情報

原題Wreck-It Ralph
脚本ジェニファー・リー
フィル・ジョンストン
監督リッチ・ムーア
出演ジョン・C・ライリー
サラ・シルヴァーマン
製作国アメリカ
製作年2012年
上映時間101分

監督は、TVシリーズ『ザ・シンプソンズ』で知られるリッチ・ムーアが担当。

 

実は彼、本作で「ストリートファイター」のザンギエフの声を担当しているんです。

あらすじ

あらすじ

閉店後のゲームセンター。

そこでは、様々なゲームキャラたちが、笑ったり、怒ったり、人生に悩んでたりしていた。

長年悪役を演じてきたラルフは、嫌気がさし、自分のゲームを飛び出してしまう。

そして彼はお菓子の国のレース・ゲーム「シュガー・ラッシュ」に行き着く。そこで仲間はずれの少女ヴァネロペと出会い、友情を深めていく。

しかし、ラルフの脱走はゲーム世界にパニックを引き起こすことに・・・。

映画『シュガーラッシュ』に登場するゲーム

出典:https://www.imdb.com/

本作には様々なゲームの世界のキャラクターが登場します。映画オリジナル設定のゲームも合わせてご紹介します。

 

主要な登場人物

  • 「フィックス・イット・フェリックス」
    ラルフ・フェリックス
  • オリジナルゲーム「シュガー・ラッシュ」
    ヴァネロペ
  • 「ヒーローズ・デューティ」
    カルホーン軍曹

 

その他でもいろんなゲームシリーズからキャラクターが登場してましたね。

  • 「マリオ」
  • 「ストリートファイター」
  • 「ソニック」
  • 「パックマン」
  • 「ディグダグ」
  • 「フロッガー」
  • 「ダンスダンスレボリューション」

 

ディズニー映画は、こう言った細かいところのギミックがこだわっていて、楽しめる部分でもありますよね。

 

ディズニー映画についてもっと知りたいという方は、【歴代一覧】ディズニー映画の歴史を順番に振り返ります。【アニメ・ピクサー・ 実写】という記事で歴代のディズニー作品をご紹介していますので合わせてどうぞ。

【感想】映画『シュガーラッシュ』の構成の上手さ

出典:https://www.imdb.com/

※以下映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

 

登場するアーケードゲームなどの話ではありませんが、僕自身、小さい頃はよくゲームセンターへ通っていたものでした。

 

そんなゲームの世界のキャラクターたちに命を吹き込んだディズニー。

 

ゲームの世界では、我々人間がプレイする主人公と、それを阻止する悪役的なポジションのキャラクターがいますよね。

 

ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」でのラルフの役割は、ものを壊すことです。

ラルフが壊したものをフェリックスが直すという構図になっています。つまり、ゲーム上ラルフは悪役ということになるのです。

 

ゲームという設定上、与えられた役割をこなすことが大前提となります。

それぞれのキャラが役割をこなさないとゲームが壊れていると思われて廃棄されてしまうのです。

 

この設定づくりが非常に上手いんですよね。

プレイヤーを楽しませるために嫌われ役をやり続けるという、ゲームをやっている我々人間が普段考えない視点を描いていて、簡単に感情移入できるのです。

 

その一連の流れを端的に表現したオープニングシーンが素晴らしいです。現実世界とゲームの中、さらにはゲームの中の世界という3段階の階層描写をしているんです。

 

具体的に説明すると、

冒頭、主人公ラルフの語りから始まり、

現実世界のゲームセンター

ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」

さらにゲーム中の世界(コンセントを介した様々なゲームの世界)

 

という階層があって、最初の語りは悪役のグループセミナーでの場面だったと一連の流れで分かるようになっています。

これがスムーズですごいのです。さらにはそのグループセミナーがゲーム「パックマン」の世界で行われていたことも分かり、複雑な構成でありながら分かりやすく伝えているのがすごいです。

ラストもオープニングに答えるような形で終わるスッキリさもみせてくれます。

 

一方で気になった点としては、

・フェリックスのマンションの住人キャラがラルフに対してひどい
→かなり当たりが強いです。あれだけの仕打ちを30年耐えてたラルフがむしろすごいと感じてしまいます。

 

同様の意味で、ヴァネロペも、バグ(存在してはいけない)という理由で必要以上な嫌がらせを受けているのみると何とも言えない気持ちになります。

それがラストにはあっさり丸く収まってしまうのでちょっと気にはなりました。

【まとめ】ラルフとヴァネロペの友情がアツい

悪役たちのグループセミナーでパックマンのゴーストが言ったセリフに集約すると思いました。

 

役割は変えられない。早く受け入れた方がゲームも人生ももっと楽しくなる。

 

自分に与えられた役割となりたい自分の間で悩み奮闘する姿は、現実の世界にも通じる話です。ラルフはヴァネロペとの出会いを通して、誰かからの人気よりも、今の自分を好きと言ってくれる人がいるというありがたみを理解して、ありのままの自分を受け入れて成長していきます。

 

人間社会に置き換えてみると、世界は大きな一つのゲームで私たち一人一人はそれぞれ役割をもっていて、それがあって世界は成り立っている。

つまりみんな誰かにとっては必要な存在であるというディズニーからのメッセージを感じました。

 

本作は、続編も公開されています。続編については、映画『シュガーラッシュ2:オンライン』つまらない?ラルフとヴァネロペの決断とプリンセスたちという記事でご紹介しているので合わせてどうぞ。

 

映画『シュガーラッシュ 』はU-NEXTで視聴できます。

映画『娼年』はU-NEXTで視聴できます。

 

U-NEXTに登録すれば映画以外も、エロ動画が見放題となり、TSUTAYAで暖簾をくぐる必要がなくなります。

 
U-NEXT