ランキング・まとめ

【A24films】映画プロダクション「A24」を知っているか?

what is A24

「A24」という映画プロダクションをあなたは知っていますか?

 

「超大作という映画ではないだけど、何かすごい印象に残こる映画だったな」

 

映画を観ていてこう感じるとき、ありますよね。

 

そういう映画は大体「A24」の映画です。

 

本記事では、気鋭の映画プロダクション「A24」の魅力を徹底的に解説するとともに、「A24」が手掛けた作品のおすすめ映画をご紹介します。

 

「最近おもしろい映画がない」と嘆くあなた、あなたはまだ「A24」の映画と出会っていませんよ。

 

今一番イケてる映画プロダクション「A24」を知るとより映画が楽しめますよ。

映画プロダクション「A24」とは

A24

「A24」は、2012年にニューヨークで設立された映画プロダクションです。

 

このプロダクションロゴを観たことがある方もいるのではないでしょうか。

 

「A24」という名前はイタリアの高速道路「アウストラーダA24」に由来しています。

 

「A24」としての初めての映画は2012年のロマン・コッポラの映画『チャールズ・スワン三世の頭ン中』です。

 

ニューヨーク・タイムズの取材ですら受け付けないほどの秘密主義を貫いているA24ですが、雑誌ポパイのインタビューの中で製作におけるポイントを話していました。

 

  • フレッシュなコンテンツ
  • 監督主体で作品を作る
  • 作品に監督のビジョンが見えるか
  • 監督の若さや経験は関係ない

上記が映画製作や配給でA24が心がけているポイントとのこと。

 

Tシャツなどのグッズも話題

A24_Shop

さらに、A24は映画と連動して映画グッズなどにも力を入れています。

 

最近では、アリ・アスター監督の『ミッドサマー』では、衣服デザイン会社「Online Ceramics」とコラボしたTシャツなど、映画に関するグッズを販売して話題となりました。

 

A24 SHOPはこちら

 

個人的におすすめなのは、A24が独自に作った「ZINE」です。

「ZINE」とは、個人で作る雑誌や、自費出版のことで、雑誌(MAGAZINE)から由来する言葉。

日本では同人誌みたいなイメージが近いですね。

 

A24のZINEは5ドルで買えて、デザインもおしゃれで読んでも飾っても楽しめるのでおすすめです。

【新作も】映画プロダクション「A24」による作品一覧

A24films

2012年に設立した新しいプロダクションであるA24ですが、すでに80作品以上の映画を手掛けています。

 

そんな新鋭の映画プロダクションながら、アカデミー賞常連だったりと今一番イケてる映画プロダクションと言っても過言ではありません。

 

以下ではこれまでに手掛けた映画を一覧で紹介します。

 

公開年邦題
原題
2013チャールズ・スワン三世の頭ン中
A Glimpse Inside the Mind of Charles Swan III
ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界
Ginger & Rosa
スプリング・ブレイカーズ
Spring Breakers
ブリングリング
The Bling Ring
いま、輝くときに
The Spectacular Now
2014複製された男
Enemy
アンダー・ザ・スキン 種の捕食
Under the Skin
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
Locke
Obvious Child
奪還者
The Rover
ライフ・アフター・ベス
Life After Beth
白い沈黙
The Captive
Mr.タスク
Tusk
ガンズ&ゴールド
Son of a Gun
リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン
Revenge of the Green Dragons
アラサー女子の恋愛事情
Laggies
アメリカン・ドリーマー 理想の代償
A Most Violent Year
2015ヤング・アダルト・ニューヨーク
While We're Young
カットバンク
Cut Bank
エクス・マキナ
Ex Machina
ベアリー・リーサル
Barely Lethal
スロウ・ウエスト
Slow West
AMY エイミー
Amy
人生はローリングストーン
The End of the Tour
ダーク・プレイス
Dark Places
ワイルド・ギャンブル
Mississippi Grind
ルーム
Room
2016極悪の流儀
Mojave
ウィッチ
The Witch
手紙は憶えている
Remember
Krisha
グリーンルーム
Green Room
サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶
The Adderall Diaries
ロブスター
The Lobster
デ・パルマ
De Palma
スイス・アーミー・マン
Swiss Army Man
ロスト・エモーション
Equals
スイッチ・オフ
Into the Forest
Morris from America
追憶の森
The Sea of Trees
American Honey
ムーンライト
Moonlight
オアシス: スーパーソニック
Oasis: Supersonic
ザ・モンスター
The Monster
20センチュリー・ウーマン
20th Century Women
2017アウトサイダーズ
Trespass Against Us
フェブラリィ -悪霊館-
The Blackcoat's Daughter
フリー・ファイヤー
Free Fire
ラバーズ・アゲイン
The Lovers
偽りの忠誠 ナチスが愛した女
The Exception
イット・カムズ・アット・ナイト
It Comes at Night
A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー
A Ghost Story
Menashe
グッド・タイム
Good Time
Woodshock
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
The Florida Project
聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
The Killing of a Sacred Deer
レディ・バード
Lady Bird
ディザスター・アーティスト
The Disaster Artist
ワイルド・ウエスト 復讐のバラード
The Ballad of Lefty Brown
2018シドニー・ホールの失踪
The Vanishing of Sidney Hall
ラスト・ムービースター
The Last Movie Star
荒野にて
Lean on Pete
バグダッド・スキャンダル
Backstabbing for Beginners
魂のゆくえ
First Reformed
パーティで女の子に話しかけるには
How to Talk to Girls at Parties
ヘレディタリー/継承
Hereditary
Woman Walks Ahead
エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ
Eighth Grade
HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ
Hot Summer Nights
Never Goin' Back
暁に祈れ
A Prayer Before Dawn
Slice
ザ・チルドレン・アクト
The Chilren Act
Mid90s ミッドナインティーズ
Mid90s
2019グロリア・ベル
Gloria Bell
ネイティブ・サン 〜アメリカの息子〜
Native Son
アンダー・ザ・シルバーレイク
Under the Silver Lake
The Souvenir
ザ・ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ
The Last Black Man in San Francisco
ミッドサマー
Midsommar
フェアウェル
The Farewell
SKIN/スキン
Skin
シェア 私に何が起こったか
Share
The Death of Dick Long
ザ・ライトハウス
The Lighthouse
ザ・キル・チーム
The Kill Team
WAVES/ウェイブス
Waves
アンカット・ダイヤモンド
Uncut Gems

 

知っている映画はありましたか?

 

つづいて、A24のオススメ映画を紹介していきます。

「A24」のおすすめ映画①:『エクス・マキナ』

あらすじ

検索エンジン世界最大手のブルーブック社に勤めるプログラマーのケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、人前に姿を見せない社長のネイサン(オスカー・アイザック)が所有する山荘へ抽選で選ばれ招待される。

彼の別荘には、女性型ロボットのエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)が姿を現す。

そこでケイレブは、エヴァに搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能の実験に手を貸すことになるが…。

おすすめポイント

  • アカデミー賞で視覚効果賞受賞作品
  • 洗練された空間と世界観
  • 人間とAIという永遠のテーマ

SFスリラー映画の『エクス・マキナ』。

 

激しいアクションや展開はないものの、哲学的な視点と計算された構成で飽きさせません。

 

AIロボットの造形は近年のSF映画では一番美しくカッコいいです。

作品情報

原題Ex Machina
監督アレックス・ガーランド
脚本アレックス・ガーランド
出演アリシア・ヴィキャンデル
ドーナル・グリーソン
オスカー・アイザック
ソノヤ・ミズノ
製作国イギリス
製作年2015年
上映時間108分
おすすめ度(4点/5点)

 

『エクス・マキナ』を観る

 

関連記事【ネタバレ感想・考察】映画『エクスマキナ』は意味を知ると面白い

「A24」のおすすめ映画②:『ルーム』

あらすじ

施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。

彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されていて、そこで生まれたジャックにとっての世界は小さな部屋がすべてだった。

ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いがきっかけに、ジャックに外の世界を教えるため、そして自分の人生を取り戻すため、部屋から脱出しようと試みる。

おすすめポイント

  • 世界で大ベストセラーとなった原作を映画化
  • 閉ざされた部屋からの脱出と厳しい世界と社会の現実
  • 主演と子役の圧倒的な演技

5歳で初めて狭い部屋を脱して世界を知るという難しい役どころを完璧に演じきったジェイコブ・トレンブレイは天才子役としか言いようがないです。

 

心を射抜くセリフの数々や、感情の波が観るものをかき乱し、そして魂を揺さぶるラストシーンへと流れていきます。

 

主演のブリー・ラーソンはアカデミー賞で主演女優賞を受賞しています。

 

彼女は、後に『キャプテン・マーベル』としてMCU映画に仲間入りしていますね。

作品情

原題Room
監督レニー・エイブラハムソン
脚本エマ・ドナヒュー
出演ブリー・ラーソン
ジェイコブ・トレンブレイ
製作国カナダ
アイルランド
イギリス
アメリカ
製作年118分
上映時間2015年
おすすめ度 (4.5点/5点)

 

『ルーム』を観る

 

「A24」のおすすめ映画③:『レディ・バード』

あらすじ

自分の名前をレディ・バードと名乗り、周囲にもそう呼ばせているクリスティン(シアーシャ・ローナン)。

高校生最後の年に看護師の母マリオン(ローリー・メトカーフ)と大学見学に行くが、帰りの車中で地元から離れて都市部の大学に進みたいと言ったことから大げんかになる。

それ以来、母と衝突を重ねる一方、親友のジュリー(ビーニー・フェルドスタイン)とも疎遠になってしまう。

おすすめポイント

  • 痛いけど分かる、共感しまくりの青春映画
  • ティーンの繊細な心情描写を丁寧にすくい上げている

『フランシス・ハ』『20センチュリー・ウーマン』で高く評価された個性派女優のグレタ・ガーウィグの単独監督デビュー作。

 

将来への不安、友達、恋愛、家族といった青春時代に誰もが経験する悩みを繊細なタッチで描き、共感を呼びます。

 

アカデミー賞では受賞は逃したものの、5部門でノミネートしています。

作品情

原題Lady Bird
監督グレタ・ガーウィグ
脚本グレタ・ガーウィグ
出演シアーシャ・ローナン
製作国アメリカ
製作年2017年
上映時間94分
おすすめ度 (4点/5点)

 

『レディ・バード』を観る

 

「A24」のおすすめ映画④:『ヘレディタリー/継承』

あらすじ

ある日、グラハム家の家長エレンがこの世を去る。

娘のアニーは、母に複雑な感情を抱きながらも残された家族と一緒に葬儀を行う。

エレンが亡くなった悲しみを乗り越えようとするグラハム家では、不思議な光が部屋を走ったり、暗闇に誰かの気配がしたりするなど不可解な現象が起こる…。

おすすめポイント

  • 21世紀最高のホラー映画
  • トラウマレベルになる恐怖の数々
  • 抗うことのできない力と運命にひたすら翻弄される

「現代ホラーの頂点」とも言われ、観るものすべてを凍りつかせた完璧な悪夢となった『ヘレディタリー/継承』。

 

亡くなった祖母から忌まわしい“何か”を受け継いでしまった家族がたどる恐ろしく残酷な運命。

 

監督は本作が長編映画デビューとなったアリ・アスター。

 

ホラー映画というジャンルでなければ確実にアカデミー賞主演女優賞に輝いたと思われるトニ・コレットの怪演にも注目。

作品情

原題Hereditary
監督アリ・アスター
脚本アリ・アスター
出演トニ・コレット
製作国アメリカ
製作年2018年
上映時間127分
おすすめ度(4点/5点)

 

『へレディタリー/継承』を観る

 

関連記事【ネタバレ感想】『ミッドサマー』はグロい怖い?いや、不快です。

「A24」のおすすめ映画⑤:『アンカット・ダイヤモンド』

あらすじ

宝石商のハワード(アダム・サンドラー)はギャンブル中毒により多額の借金を抱えていた。

借金取りの用心棒からも監視されている状況の中、ある日ハワードはエチオピアで採掘されたブラック・オパールを入手する。

窮地に立たされたハワードはオパールを使って彼は起死回生の一手を狙う…。

おすすめポイント

  • ストレスがたまる展開とそれが放出されるラストの展開
  • コメディ俳優アダム・サンドラーの新たな魅力が開花

Netflixにて配信中であり、コメディ俳優としても有名なアダム・サンドラーが主演を務めた犯罪映画。

 

なんと言ってもいい意味でストレスが溜まるアダム・サンドラーの演技が素晴らしく、魅力が爆発しています。

 

好みがはっきり別れる作品ですが、ハマる人にはガッチリとハマる映画。

作品情

原題Uncut Gems
監督ベニー・サフディ
ジョシュ・サフディ
脚本ベニー・サフディ
ジョシュ・サフディ
ロナルド・ブロンステイン
出演アダム・サンドラー
製作国アメリカ
製作年2019年
上映時間130分
おすすめ度(4点/5点)

 

『アンカット・ダイヤモンド』を観る

 

関連記事Netflix映画『アンカットダイヤモンド』ネタバレ感想と考察

「A24」の映画から目が離せない

気鋭の映画プロダクション「A24」を紹介しました。

 

「A24」映画のポイントをまとめます。

  • 2012年に設立された映画プロダクション
  • アカデミー賞にも常連の名作揃い
  • 一風変わった、それでいて面白い作品が目白押し
  • 映画と連動したグッズにも注力している

 

普通の映画が物足りない方はぜひ「A24」の作品をチェックしてみてください。

 

今一番イケてる映画プロダクションであると共に、今後もどんな新しい映画を魅せてくれのかが楽しみですね。

 

 

映画を見るならU-NEXTが間違いないです。

 

31日間の無料体験が利用できるので、その間に映画を観まくって解約すればめっちゃお得ですよ。

 

下のリンクから無料体験ができるのでぜひ。

 

U-NEXT31日間の無料体験をする