コラム

【やる気が出ない】仕事が辛い時や人生に行き詰まった時に観る映画20選【洋画】

仕事疲れた、辞めたい。忙しい。明日会社行くのが憂鬱だ。プライベートと仕事の境目がわからない。こんな自分を変えたい…。

 

こんなお悩みの方に答えます。

 

結論を言うと、本記事で紹介する映画を見てみてください。

 

本記事では、仕事が辛い時や人生に行き詰まった時におすすめの映画(洋画)をご紹介します。

なぜ、映画かと思う方もいるかと思います。

 

それはこれからご紹介する映画は、何かを思い悩んでいるタイミングで観ると、人生や仕事に対する考え方に何かしらの影響を与えてくれるからです。

  • やる気が出ない時に観る映画8選
  • 仕事が辛い時に観る映画7選
  • 人生に行き詰まった時に観る映画5選
 

 

人生や人間関係、仕事で壁にぶつかった時、何かヒントとなるきっかけが欲しいものですよね。

 

一人で思い悩んでいるよりも映画を見たほうが圧倒的に得られるものがあります。

 

ちなみにご紹介する映画は、U-NEXTという配信サービスで視聴できます。

 

31日間の無料体験の内に観て解約すれば一切お金がかかりません。

 
U-NEXT

やる気が出ない時に観る映画8選

仕事をしていると、やる気が出ない時はよくありますよね。

仕事に限らず何にも手が付かない状況やスランプなど、なかなかモチベーションを保つのって難しいと思います。

 

これからご紹介する映画は、どれもやる気が出ない時にやる気の火付け役となってくれる映画ですので、ぜひそんな時はこれらの映画を見てみてください。

プラダを着た悪魔

あらすじ

アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを目指してNYにやってくる。
 
ファッションに興味のない彼女だったが、一流ファッション誌の面接を受け、採用される。
 
しかし、編集長のミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントの仕事は、想像を絶する過酷なものだった…。
 

 

自分の目指した物とは違う業界でもがき、新たな気づきが生まれたり結果的につながったりと、主人公の奔走する姿にやる気を掻き立てれられます。
 
ファッション業界をテーマにしていますが、他の業界に通じるものも多いと思います。
見るべきおすすめポイント

 

監督 デビッド・フランケル
出演 アン・ハサウェイ
メリル・ストリープ
製作年 2006年
上映時間 110分
 

 

マイ・インターン

あらすじ

ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイト会社のCEOとしてバリバリ働いているキャリアウーマン。
 
仕事も家庭も充実している彼女にある日、試練が訪れる。
 
同じくしてインターンとして会社に入ってきた40歳も年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)。
 
彼の存在がジュールズを、そして周りを変えていく…。

 

ポイント

仕事に人生に試練はつきものですよね。

 

試練にぶつかり悩む時もあります。

 

デニーロ演じる70歳のインターンから学ぶ人生観は、ハッとさせられるものがあります。

 

『プラダを着た悪魔』の後に観るとより良いです。見るべきおすすめポイント

 

監督 ナンシー・マイヤーズ
出演 アン・ハサウェイ
ロバート・デ・ニーロ
ジャスティン・ティンバーレイク
製作年 2016年
上映時間 121分
 

 

ソーシャル・ネットワーク

あらすじ

 
2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に、学内の友達作りサイトを作る。
 
サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、その後ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会い、さらに社会現象を引き起こすまでの大きな話題となるのだが…。

 

ポイント

ご存じ、Facebook創設者のマーク・ザッカーバーグを描いた作品です。

 

ひょんなことから生まれたFacebook誕生秘話と、そこからビジネスとなっていくまでの様々な問題が描かれていて、有名な人や稼いでいる人の苦労が分かります。

 

仕事にやる気が出ない当時の僕には刺激的でした。見るべきおすすめポイント

 

監督 デビッド・フィンチャー
出演 ジェシー・アイゼンバーグ
アンドリュー・ガーフィールド
製作年 2010年
上映時間 120分
 

 

キューティ・ブロンド

あらすじ

陽気なブロンド美人のエル・ウッズは、大学でファッションを専攻し、成績も優秀な人気者。
 
彼女は政治家志望の恋人ワーナーのプロポーズを待っていたのに、別れ話を切り出される。
 
驚くエルだったが、ワーナーがハーバードのロー・スクールに進学すると知ると、見返そうと彼女も難関の試験に突破するのだが…。

 

ポイント

悔しさがやる気を出させることってありますよね。

 

主人公はまさにそれを体現したような存在。

 

恋愛に仕事に、必死で努力して前向きに進んでいく姿はやる気を促進させます。
見るべきおすすめポイント

 

監督 ロバート・ルケティック
出演 リーク・ウィザースプーン
ルーク・ウィルソン
製作年 2001年
上映時間 96分
 

 

フォレスト・ガンプ

あらすじ

 
知能は人より劣るが、足の速さとその誠実さは天下一品のフォレスト・ガンプ。
 
母親に普通の子どもと同じように育てられたガンプは、その誠実さで様々な奇跡を起こしていく・・・。

 

ポイント

僕の人生の教科書的な映画です。

 

日本人は何かと人と比べがちですが、ガンプの生き方をみて、自分の得意な部分を探してそれを突き進めるということを気づかさせてくれました。

 

監督 ロバート・ゼメキス
出演 トム・ハンクス
サリー・フィールド
製作年 1994年
上映時間 144分
 

 

マイレージ、マイライフ

あらすじ

仕事で年間300日以上も出張するライアン(ジョージ・クルーニー)の目標は、航空会社のマイレージをためることが生きがい。
 
リストラを告げるのが彼の仕事なのだが、ある日、ライアンは自分と同様に各地を飛び回っているアレックス(ヴェラ・ファーミガ)と出会い、意気投合するが…。
 

 

ポイント

合理的に無駄を省いた主人公の生き方は、理想的に見えますが決して豊かには映りません。

 

出会いを通して「つながり」の重要性を見出していく過程は、仕事行き詰まった方に何かヒントを与えてくれると思います。

 

監督 ジェイソン・ライトマン
出演 ジョージ・クルーニー
ジェイソン・ファーミガ
製作年 2009年
上映時間 109分
 

 

ウルフ・オブ・ウォールストリート

あらすじ

 
学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。
 
巧みな話術と斬新なアイデアでどんどん成り上がっていきます。
 
その後、証券会社を設立し、年収49億円にまでに成り上がります。
 
しかし、浪費の限りを尽くしていく彼には思いがけない転落が待ち受けていた。

 

あらすじ

この映画で参考にすべきは、その野心とビジネスマインドです。

 

やはり成功するには野心を持って挑戦し続けるマインドが必要で、破天荒な話ではありますが、主人公の成功も失敗も勉強になりますね。

 

監督 マーティン・スコセッシ
出演 レオナルド・ディカプリオ
製作年 2013年
上映時間 179分
 

 

ロッキー

あらすじ

 
無敵の黒人ボクサー、アポロは人気取りのため、格下の相手にもチャンピオンに挑戦するチャンスを与えることを発表する。
 
ロッキーはフィラデルフィアのスラム街に暮らすボクサーにそのチャンスがやってくる。
 
そしてロッキーの鬼のトレーニングが始まる…。

 

ポイント

知らない人はほとんどいないでしょう。

 

やる気が出ない時といえばこの映画です。

 

この映画にどれだけ救われた人がいることか。

 

スタローン自身の人生にリンクするアツいストーリーに、自然と前を向いている自分がいました。

 

監督 ジョン・G・アビルドセン
出演 シルベスター・スタローン
製作年 1976年
上映時間 120分
 

 

仕事が辛い時に観る映画7選

失敗したり嫌なことがあったりと、仕事が辛い時や行きたくなくなる時は、誰にでもありますよね。

 

そんな時はこれからご紹介する映画を参考にしてみてください。

 

何かのヒントがえられるかもしれません。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

あらすじ

一流レストランの料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突し、店をやめてしまう。
 
マイアミへ訪れたカールは、絶品のキューバサンドイッチと出会い、元妻(ソフィア・ベルガラ)や友人(ジョン・レグイザモ)、息子(エムジェイ・アンソニー)らと共に、フードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることに・・・。

 

ポイント

一度何かを失敗して、再度立ち直っていくという鉄板のストーリーですが、気づかされることは多々ありました。

 

また、SNSでの炎上や、それを経てSNSを駆使して立ち上がっていくという現代にあったテイストもあり、ロードムービーとして、フードムービーとしても素晴らしいです。

 

監督 ジョン・ファブロー
出演 ソフィア・ベルガラ
製作年 2014年
上映時間 115分
 

 

イエスマン

あらすじ

 
仕事でもプライベートでも「ノー」を連発する後ろ向き男のカール(ジム・キャリー)。
 
生き方を変えようと決心した彼は、あらゆることに対して「イエス」と言うルールを自分に課す。
 
その結果、偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)から好意を持たれるなど、運気を上げていくのだったが…。

 

ポイント

仕事で、プライベートで「イエスマン」あるいは「ノーマン」になっていませんか?

 

「ノー」と言いすぎてもチャンスは来ず、「イエス」ばっかりでも結局自分を苦しめる。

 

仕事が辛い時こそ、思考停止してはダメだと、自分で考えて行動するきっかけとなる映画だと思います。

 

監督 ペイトン・リード
出演 ジム・キャリー
ズーイー・デシャネル
製作年 2008年
上映時間 104分
 

 

シュガー・ラッシュ

あらすじ

 
閉店後のゲームセンター。
 
そこでは、様々なゲームキャラたちが、笑ったり、怒ったり、人生に悩んでたりしていた。
 
長年悪役を演じてきたラルフは、嫌気がさし、自分のゲームを飛び出してしまう。
 
そして彼はお菓子の国のレース・ゲーム「シュガー・ラッシュ」に行き着く。
 
そこで仲間はずれの少女ヴァネロペと出会い、友情を深めていく。
 
しかし、ラルフの脱走はゲーム世界にパニックを引き起こすことに・・・。

 

ポイント

ゲームで悪役をする主人公ラルフが、冒険を通して自分の役割の大切さを学んでいく過程は、仕事をする上でも自分の役割認識をもつ大切さに通じるものがありました。

 

監督 リッチ・ムーア
出演 ジョン・C・ライリー
サラ・シルヴァーマン
製作年 2012年
上映時間 101分
 

 

英国王のスピーチ

あらすじ

 
幼少期から吃音に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。
 
内気な性格だった彼でしたが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。
 
改善しない彼の吃音から、ついにジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが…。

 

ポイント

スピーチやプレゼン、苦手な方も多いと思います。

 

苦手なことがあると仕事は辛いと思います。

 

英国王であってもそれは同じ。

 

立場は違いますが、苦手なことと向き合う勇気を与えてくれる作品です。

 

監督 トム・フーパー
出演 コリン・ファース
ジェフリー・ラッシュ
製作年 2010年
上映時間 118分
 

 

ドリーム

あらすじ

1960年代初頭、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカは、国家の威信をかけて有人宇宙飛行計画に乗り出す。
 
NASAに務めるキャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)は、差別や偏見と闘いながら、宇宙飛行士のミッションを達成させるべく奔走する。

 

ポイント

差別や能力に合わない仕事で辛い状況の彼女たちが、過酷な状況でもそれを打開すべく奔走する姿には本当に勇気づけられます。

 

女性の強さ。今の時代だからこそ、女性に観てもらいたい一本です。

 

監督 セオドア・メルフィ
出演 タラジ・P・ヘンソン
オクタビア・スペンサー
ジャネール・モネイ
製作年 2016年
上映時間 127分
 

 

マダム・イン・ニューヨーク

あらすじ

 
インドのビジネスマンの夫と2人の子供のために日々家事をこなす専業主婦シャシ(シュリーデビ)は、家族の中で唯一英語ができないことが悩みだった。
 
ある日親戚の結婚式の手伝いを頼まれ、ニューヨークへ訪れるのだが、英語が話せないためつらい思いをする。
 
そんな時「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告を見つけた彼女は、身内に黙って学校に通い始めるが・・・。

 

あらすじ

「自分にはできない」と何かを諦めていませんか?

 

自分の人生は自分のもの。

 

誰かのために生きるのではなく、自分のために生きていいんです。

 

話せなかった英語に挑戦して見えてくる新しい景色や考え方に出会う主人公を通して、自分もやりたいことに挑戦してみようと思える前向きな映画です。

 

監督 ガウリ・シンデー
出演 シュリデビ
製作年 2012年
上映時間 134分
 

 

アーティスト

あらすじ

1927年のハリウッド。
 
サイレント映画のスター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作映画の舞台挨拶で新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。
 
ジョージのアドバイスをきっかけにヒロインを射止めたペピーは、トーキー映画のスターへと駆け上がる。
 
一方ジョージは、サイレントにこだわり、自身の監督・主演作もヒットしないでいた…。

 

ポイント

サイレント映画からトーキー映画への変革期。

 

時代の潮流に上手く乗れない主人公を描いています。

 

仕事においても同じで、IT時代の到来で淘汰される人と上手く流れに乗る人。

 

サイレント映画ではありますが、ちゃんと現代に昇華していて、古き良き文化と現代文化の融合は、まさにこの映画自体が見本に感じました。

 

監督 ミシェル・アザナビシウス
出演 ジャン・デュジャルダン
ベレニス・ベジョ
製作年 2011年
上映時間 101分
 

 

人生に行き詰まった時に観る映画5選

仕事にプライベートに、いいことがなさすぎて人生に絶望しているあなた。

 

一人で思い悩むことも必要な時間かもしれませんが、これからご紹介する映画を観てみてください。

 

何かの手助けになってくれると思いますよ。

LIFE!/ライフ

あらすじ

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、引っ込み思案で妄想好きな人間。
 
ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。
 
世界各地を旅する間に、ウォルターの人生観が変わっていく。

 

ポイント

働く人々全てに観てもらいたい映画です。

 

仕事、恋愛、旅、出会い。

 

人生誰もが経験するこれらを経て何を感じるかは人それぞれですが、僕は間違いなく大きな影響を与えられた作品の一つです。

 

ショーン・ペン演じるカメラマンのある行動は、非常に考えさせられるものがありました。

 

監督 ベン・スティラー
出演 ベン・スティラー
ショーン・ペン
製作年 2013年
上映時間 114分
 

 

いまを生きる

あらすじ

 
1959年、アメリカ、バーモントにある全寮制の名門進学校にやって来た新任の英語教師。
 
彼の授業は、とても進学校とは思えない破天荒なものだった。
 
しかし、詩の美しさや人生の素晴らしさを説く彼に惹かれていった生徒たちは、彼がかつて学生だった頃に作っていた「死せる詩人の会」という同好会を復活させるのだが…。

 

ポイント

子供に見せたい映画の一つです。

 

レールに載せられた人生を歩むのではなく、自ら考え、行動し、自分の未来を切り開いていく子供達とそれを後押しする教師。

 

「いまを生きること」の大切さを学びました。

 

監督 ピーター・ウィアー
出演 ロビン・ウィリアムズ
製作年 1989年
上映時間 128分
 

 

きっと、うまくいく

あらすじ

行方不明だったランチョー(アーミル・カーン)が街に戻ってくると聞き、ファルハーン(マドハヴァン)とラージュー(シャルマン・ジョシ)は母校に向かう。
 
10年前、三人は名門大学の学生だった。自分の考えに芯のあるランチョーは、学生時代からアイデアを発揮していろんな場面で活躍していた。
 
しかし、ランチョーをよく思わない学長は彼を退学にしてしまう・・・。

 

ポイント

登場する学校は、競争社会を象徴するような世界。

 

そこにおいて人とは違ったアイデアで自分のやりたいことを突き進んでいく主人公の姿に、生き方のヒントを学びました。

 

僕の人生の生き方の教科書となった映画でもあります。

 

監督 ラージクマール・ヒラーニ
出演 アーミル・カーン
マドハヴァン
シャルマン・ジョシ
製作年 2009年
上映時間 170分
 

 

ガタカ

あらすじ

遺伝子操作で優秀な子供を産むことのできる近未来。
 
宇宙飛行士を夢見る青年ビンセントは、劣性の遺伝子のため周りに比べて能力が劣っている。
 
それでも宇宙飛行士を目指すビンセントは闇業者の手配により、事故により身障者となった優秀な遺伝子をもつ元エリート、ジェロームに成りすます偽装の契約を結ぶ。
 
彼の遺伝子を借りて、宇宙飛行施設「ガタカ」へ入るビンセントだったが…。

 

ポイント

僕の人生のバイブルです。

 

人より劣っていても、弛まぬ努力で必死に夢にしがみつこうとする主人公の姿に感動します。

 

誰かに反対されたり、バカにされたって気にすることはありません。

 

環境やお金のせいにするのではなく、夢は自分自身で掴み取るんだ。

 

監督 アンドリュー・ニコル
出演 イーサン・ホーク
ユマ・サーマン
ジュード・ロウ
製作年 1997年
上映時間 106分
 

 

素晴らしき哉、人生!

あらすじ

ジョージ(ジェームズ・スチュワート)は、人柄はいいが、何かにつけて運がなく、いつもツキを見放された人間だった。
 
ある時、自分のミスではなく大金を失った彼は、全てに絶望して自殺を図る。
 
ところが、12月の凍える寒さの中、橋から飛び降りようとしたとき、見習い天使と名乗る男が現れる…。
 

ポイント

人生に行き詰まった方、絶望した方に観て欲しい。

 

あなたは決して無駄な存在じゃない、世界の誰しもが少なからず影響を及ぼしあって生きている。

 

だから人生は素晴らしい。

 

一人ひとりが世界を構成する一員だということ。

 

監督 フランク・キャプラ
出演 ジェームズ・スチュワート
製作年 1946年
上映時間 130分
 

 

遠い空の向こうに

あらすじ

NASAのロケット・エンジニアになったホーマー・ヒッカムの自伝を基に、ロケットへの夢に賭けた若者たちの挑戦を描いたドラマ。
 
1957年10月、ソ連が人類初の人工衛星スプートニクの打ち上げに成功した。
 
ウエスト・ヴァージニア州の炭坑の町コールウッドでその美しい姿に魅せられたホーマは、友人3人と共にロケット作りに取りかかるが…。

 

ポイント

やりたいこと、自分の置かれた状況、家族との関係性。

 

映画の過程そのものが人生とリンクして深く突き刺さります。

 

少年たちは自分の好きなことに挑戦し、数々のトライ&エラーを繰り返していきます。

 

何かを成し遂げた人たちも簡単に成功を掴んだ人なんていない。

 

僕のオールタイムベストの一本です。

 

監督 ジョー・ジョンストン
出演 ジェイク・ギレンホール
製作年 1999年
上映時間 108分
 

 

映画で人生は変わる、変えられる。

やる気が出ない時、仕事が辛い時、人生に行き詰まった時に観るべき映画20選ご紹介しました。

 

「いい映画だったけど、明日から何か変わるという訳じゃないな」

 

こう思う方もいると思います。

 

もちろんそうですが、これらの映画を観て共通して言えることは、「何かを変えたいと思うなら、まずは自分を変えること」

 

その過程で、当然失敗や挫折もあるでしょう。

 

しかし、そこから学んで人は成長するのです。

 

未知の世界への挑戦は怖いですが、まずは自分で考えて動いてみることが大事です。

 

あなたならきっと大丈夫。

 

あなたという映画の主人公はあなた自信です。

 

ご紹介した映画は、U-NEXTという配信サービスで視聴できます。

 

31日間の無料体験の内に観て解約すれば一切お金がかかりません。

 
U-NEXT