haryy potter

※本サイトには一部プロモーションが含まれています。

リスト

『ハリー・ポッター シリーズ』の見る順番・全作品時間・歴代監督などを徹底解説!

本記事のポイント

  • ハリー・ポッター映画ってどれくらいあるの?
  • ハリー・ポッター映画の見る順番が知りたい!
  • ハリー・ポッター映画の時系列が知りたい!

J・K・ローリングによる世界的ベストセラー小説、『ハリー・ポッター』シリーズ。

本記事では、映画『ハリー・ポッター』シリーズの見る順番、時系列、関連作品などを徹底解説します。

まめもやし

本記事を読めば、ハリー・ポッターの基本情報が丸わかりできますよ!

『ハリー・ポッター』シリーズは、プライムビデオで視聴できます!

アマプラの無料体験は利用しないと損!

Amazonプライムビデオのバナー(白石麻衣)
  • 豊富な品揃えを最短翌日に無料でお届け
  • 映画やドラマが見放題
  • 電子書籍が読み放題
  • 1億曲が聴き放題
  • ほかにもたくさんの特典あり

これらが誰でも30日間の無料お試し(学生は半年無料)できます!

\登録・解約も簡単/

今すぐ無料でお試しする

学生はこちら

ハリーポッター映画の見る順番

harry_potter_order

まず、ハリー・ポッター映画がこれまでにどれくらいの作品があって、どの映画から見ればいいのかを解説していきます。

ハリーポッター映画の見る順番

ハリーポッターの映画を見る順番としては、基本的に公開順が一番おすすめとなります。

公開年タイトル
『ハリー・ポッター』シリーズ
2001年『ハリー・ポッターと賢者の石』
2002年『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
2004年『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
2005年『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
2007年『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
2009年『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
2010年『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』
2011年『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』
『ファンタスティック・ビースト』シリーズ
2016年『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
2018年『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
2022年『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』
制作未定『ファンタスティック・ビースト4(仮題)』
制作未定『ファンタスティック・ビースト5(仮題)』
まめもやし

映画『ハリー・ポッター』シリーズは、全部で8作品になります!

ハリーポッター映画の全作品時間はどれくらい?

harry_potter_time

これからハリー・ポッター映画を見たいと思っている人は、全作品で、時間はどれくらい必要になるのか知りたいですよね。

『ハリー・ポッター』シリーズ全作品時間

まずは、『ハリー・ポッター』シリーズからみていきましょう。

タイトル上映時間
賢者の石152分
秘密の部屋161分
アズカバンの囚人142分
炎のゴブレット157分
不死鳥の騎士団138分
謎のプリンス154分
死の秘宝PART1146分
死の秘宝PART2130分

『ハリー・ポッター』シリーズは、合計8作品で、全作品時間は1180分(19時間40分)となります。

まめもやし

3日もあれば全部見られますね!

『ファンタスティック・ビースト』シリーズ

つづいて、『ファンタスティック・ビースト』シリーズ

タイトル長さ
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅133分
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生134分
ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密143分
ファンタスティック・ビースト4
ファンタスティック・ビースト5

『ファンタスティック・ビースト』シリーズは、全5作のうち、現在公開されているのが2作のみとなりますので、現状で全作品時間は410分(6時間50分)となります。

一本130分程度なので、5作合計を想定すると、およそ650分(10時間50分)と考えられます。

つまり、2022年現在、『ハリー・ポッター』映画をトータルで見る時間としては、およそ30時間は必要となる見込みですね。

まめもやし

一つの作品を一度観始めると、面白くて止まらなくなってイッキ観しちゃうと思いますよ!

『ハリー・ポッター』シリーズは、プライムビデオで見放題!

\ 30日間無料 /

無料でお試しする

\ 学生は半年タダ /

学生はこちら

映画も音楽も本も利用し放題!

『ハリー・ポッター』シリーズは全部で8作品です。

  • 『ハリー・ポッターと賢者の石』
  • 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
  • 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
  • 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』
まめもやし

次に、各作品の見どころを紹介していきます!

第1作目:ハリー・ポッターと賢者の石

harrypotter_01

『ハリー・ポッターと賢者の石』のあらすじ

両親の死後、親戚のダーズリー家に預けられた少年ハリー・ポッター。

こき使われる毎日を過ごしている中、ハリーの11歳の誕生日に一通の手紙が届く。

それはホグワーツ魔法魔術学校の入学許可証だった。

実はハリーの両親は優秀な魔法使いであり、闇の魔法使いであるヴォルデモート卿に殺されたのだった。

ホグワーツに入学したハリーは、ロンとハーマイオニーとともに、魔法の勉強をしていくが、ヴォルデモート卿の影が忍び寄っていた…。

『ハリー・ポッターと賢者の石』の見どころ

『ハリー・ポッター』シリーズの原点である「賢者の石」は、世界観の作り込みがすごく、最高にワクワクする素晴らしい作品です。

シリーズのすべての物語の始まりとなる本作は、誰もがホグワーツに通う自分を想像してしまうのです。

組み分け帽子をかぶったら自分ならどの寮になるのか想像し、ダイアゴン横丁で魔法道具を買い揃えたくなり、ハリーやロン・ハーマイオニーと友だちになりたいと思ったのではないでしょうか。

原点にして頂点。ワクワク・ドキドキが詰まったファンタジー映画の傑作です。

第2作目:『ハリー・ポッターと秘密の部屋』

harrypotter_02

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のあらすじ

1年生を終えたハリーは夏休みをダーズリー家で過ごしていた。

そんな中、ドビーという“屋敷しもべ妖精”がハリーの前に現れる。

ドビーはハリーにホグワーツへ戻らないよう警告するが、ハリーは助けに来てくれたロンとともに抜け出し、ホグワーツへと向かうのだった。

新学期となり。2年生となったハリーとロンは、ハーマイオニーとも再会し、普段の学校生活に戻るのだが、校内で次々と不思議な出来事が起き始める…。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の見どころ

2作目の「秘密の部屋」は、2年目となるハリーたちに新たな試練が訪れます。

屋敷しもべ妖精のドビー、新たな先生のギルデロイ・ロックハート、マルフォイの父親ルシウスや嘆きのマートルなど、注目の登場人物たちが登場します。

そして、宿敵・ヴォルデモート卿の過去が明らかになります…。

第3作目:『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

harrypotter_03

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のあらすじ

ホグワーツ3年生となったハリーたち。

そんな中、魔法牢獄アズカバンから、ハリーの両親を裏切って死に追いやったとされる凶悪犯、シリウス・ブラックが脱獄したとの話を聞く。さらに、彼はハリーの命を狙っていた。

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の見どころ

3作目となる「アズカバンの囚人」では、シリウス・ブラックが登場する重要なストーリー。

吸魂鬼・ディメンターの登場や、忍びの地図のワクワク感、そしてハリーの両親とシリウスとの関係性についてが明らかになります。

本作から次第にダークさを感じられるようになるのも魅力の一つです。

第4作目:『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

harrypotter_04

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ

ホグワーツ4年目となるハリーたち。

100年ぶりに「三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)」が開催されることになり、他校の生徒たちがやってくる。

意図せず代表選手の一人となったハリーだったが、その裏でヴォルデモート卿の策略が密かに進んでいた…。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の見どころ

4作目となる「炎のゴブレット」では、三大魔法学校対抗試合が開催され、様々な試練がハリーたちに降りかかります。

憂いの篩(うれいのふるい)やポリジュース薬(変身薬)、真実薬など、ワクワクする魔法アイテムが登場し、物語を彩ります。

中でも、終盤の巨大迷路の試練は最高に面白いだけではなく、悲しい現実も待ち受けていて、ハリーのヴォルデモート卿との宿命を感じずにはいられません。

第5作目:『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

harrypotter_05

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のあらすじ

ホグワーツの5年生となったハリーたち。

魔法省からお目付役として、闇の魔術に対する防衛術の新しい教師がやってくる。

その授業を不満に思ったハリーは親友のハーマイオニーらと、自分たちで防衛術を学ぶための私設軍団「ダンブルドア軍団」を結成する。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の見どころ

シリーズ5作目となる「不死鳥の騎士団」では、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が自主的に活躍していきます。

ダンブルドア軍団の結成と活躍、ハリーの初恋の甘酸っぱさ、死喰い人たちの襲撃、不死鳥の騎士団など、見どころも目白押しです。

影に潜んでいたヴォルデモート卿の復活が公言される非常に重要な位置づけとなっています。

第6作目:『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

harrypotter_06

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のあらすじ

ホグワーツ6年生となったハリーたち。

ヴォルデモート卿の支配が強大化しているなか、ハリーとダンブルドアは、ヴォルデモートの弱点を解く手がかりを探るために彼の過去を研究していく…。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の見どころ

シリーズ6作目となる「謎のプリンス」では、ヴォルデモート卿に対抗するために奮闘するハリーとダンブルドアが中心に描かれます。

破れぬ誓い、半純血のプリンス、分霊箱探しの旅、スネイプの動きなど、息もつかせぬ展開が進み、よりダークな話となっていきます。

本作ではある重要な人物の死が描かれ、いよいよヴォルデモート卿との対決に向けて終盤にさしかかる重要なストーリーとなっています。

第7作目:『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』

harrypotter_07

『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』のあらすじ

ホグワーツ7年生となったハリーたち。

親友のロンとハーマイオニーと共に、宿敵ヴォルデモート卿の魂が宿った分霊箱さがしの旅に出るが、さまざまな困難が待ち受けており、仲間割れしてしまう…。

『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』の見どころ

シリーズ7作目となる「死の秘宝PART1」は、ハリー、ロン、ハーマイオニー3人の分霊箱探しが中心に描かれます。

困難を極める分霊箱探しと、3人の仲間割れ、死の秘宝の存在、最終決戦に向けて激化していくハリーたちとヴォルデモート卿との戦いは必見です。

次作の最終話の前となる、シリーズで最も暗い展開となっていて、3人で立ち向かわなくてはならないハリーたちの宿命を描ききっています。

第8作目:『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』

harrypotter_08

『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』のあらすじ

ヴォルデモート卿を倒す手がかりとなる、分霊箱探しの途中で、死の秘宝がニワトコの杖、蘇りの石、透明マントの3つであることを知るハリーたち。

一方で、ホグワーツは闇に包まれており、いよいよヴォルデモートや死喰い人たちが襲撃し、最終決戦が始まる…。

『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』の見どころ

シリーズ完結となる「死の秘宝PART2」は、10年間も続いた壮大な物語が完結します。

仲間や恩師との別れ、そして因縁のヴォルデモート卿との決着。壮大な物語の終焉にふさわしい展開と感動のラスト。

ここまで観終わると、素晴らしい物語をありがとうという気持ちしかありません。史上最強のファンタジー大作に仕上がっていました。

歴代の映画『ハリー・ポッター』シリーズの監督

movie-director

ここでは、歴代のハリー・ポッター映画を撮ってきた監督を紹介していきます。

まめもやし

振り返ると、改めてすごい監督たちが描いてきた物語でしたよね!

タイトル監督名
『ハリー・ポッター』シリーズ
『ハリー・ポッターと賢者の石』クリス・コロンバス
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』アルフォンソ・キュアロン
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』マイク・ニューウェル
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』デヴィッド・イェーツ
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』
『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』
『ファンタスティック・ビースト』シリーズ
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』デヴィッド・イェーツ
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』
『ファンタスティック・ビースト4(仮題)』制作未定
『ファンタスティック・ビースト5(仮題)』制作未定

ご覧のように、監督ごとの内訳は下記のようになっています。

ポイント

  • クリス・コロンバス監督:2作品
  • アルフォンソ・キュアロン監督:1作品
  • マイク・ニューウェル監督:1作品
  • デヴィッド・イェーツ監督:7作品

それでは、それぞれの監督を深堀りしていきます。

クリス・コロンバス監督:2作品

クリス・コロンバス
Luigi Novi, CC BY 3.0
名前クリス・コロンバス
生年月日1958年9月10日
出身アメリカ・ペンシルベニア州

主な出演作

  • 『グレムリン』(1984)※脚本
  • 『グーニーズ』(1985)※脚本
  • 『ホーム・アローン』シリーズ
  • 『ハリー・ポッター』シリーズ

まず、『ハリー・ポッター』シリーズを初めて映画化したのが、クリス・コロンバス監督です。

大学時代から脚本を執筆し、それがスティーブン・スピルバーグ監督の目に留まったのがキャリアのきっかけ。

『グレムリン』『グーニーズ』といった名作の脚本を執筆し、『ホーム・アローン』シリーズの監督を務めるなど、ファミリームービーを多く手がけて、得意としています。

『ハリー・ポッターと賢者の石』も当時11歳だったダニエル・ラドクリフたちを見出し、魔法学校の世界観を作り上げた功績は計り知れないものですね。

アルフォンソ・キュアロン:1作品

アルフォンソ・キュアロン
Gage Skidmore, CC BY-SA 2.0
名前アルフォンソ・キュアロン
生年月日1961年11月28日
出身メキシコ・メキシコシティ

主な監督作

  • 『天国の口、終りの楽園。』(2001)
  • 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004)
  • 『トゥモロー・ワールド』(2006)
  • 『ゼロ・グラビティ』(2013)
  • 『ROMA ローマ』(2018)

メキシコ生まれのアルフォンソ・キュアロン監督『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』で監督を務め、アカデミー視覚効果賞にノミネートをする貢献を果たしています。

その卓越した撮影技術はその後も目立ち、『トゥモロー・ワールド』ではアカデミー賞3部門ノミネート、『ゼロ・グラビティ』ではアカデミー賞10部門ノミネートで最多7部門で受賞を果たしています。

さらに、2018年の『ROMA/ローマ』においては、ヴェネツィア国際映画祭の最高賞である金獅子賞を受賞するなど、輝かしい経歴を収めています。

世界三大映画祭とは
世界三大映画祭とはアカデミー賞と何が違うのか分かりやすく解説

マイク・ニューウェル:1作品

マイク・ニューウェル
BrokenSphere, CC BY-SA 3.0
名前マイク・ニューウェル
生年月日1942年3月28日
出身イギリス・セントオールバンズ

主な監督作

  • 『フォー・ウェディング』(1994)
  • 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005)

イギリス出身のマイク・ニューウェル監督『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で監督を務めました。

実は意外にも、イギリスで誕生したハリー・ポッターの物語を、イギリスの映画監督が撮るのがシリーズ4作目で初となりました。

代表作には、1994年の英国アカデミー賞を受賞した『フォー・ウェディング』やジュリア・ロバーツ主演の『モナリザ・スマイル』などで知られています。

デヴィッド・イェーツ:6作品

デヴィッド・イェーツ
Gage Skidmore, CC BY-SA 3.0
名前デヴィッド・イェーツ
生年月日1963年11月30日
出身イギリス・セントヘレンズ

主な監督作

  • 『ハリー・ポッター』シリーズ
  • 『ファンタスティック・ビースト』シリーズ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』以降のすべての作品を監督したのが、イギリスの映画監督、デヴィッド・イェーツ監督です。

ちなみに、スピンオフとなる『ファンタスティック・ビースト』シリーズの監督も務めています。

テレビドラマ界で活躍していた監督でしたが、現在では『ハリー・ポッター』シリーズを担っていく存在となっています。

完結となる『ハリー・ポッターと死の秘宝』では、シリーズで初めて前後編の2作に分けて、原作のディティールを最大限に取り入れていました。

『ハリー・ポッター』20周年記念「ハリポタ同窓会」

harrypotter_return_to_hogwarts

『ハリー・ポッターと賢者の石』が公開されてから20周年を記念して、特別番組『ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ』が放送されました。

全8作の映画シリーズを終えて以来の再会を果たしたキャストたちがシリーズを振り返ります。

まめもやし

ハリポタファンなら必見の裏話が楽しめるので、映画と合わせておすすめです!

『リターン・トゥ・ホグワーツ』はU-NEXTで見放題!

31日間無料600円分のポイントGET

今すぐ無料でお試しする

U-NEXT公式サイト

まとめ:映画『ハリー・ポッター』シリーズを楽しもう!

今回は、映画『ハリー・ポッター』シリーズについてご紹介しました。

本記事のまとめ

  • 映画『ハリー・ポッター』シリーズの全作品時間は1180分(19時間40分)
  • 映画『ハリー・ポッター』シリーズは全部で8作品
    • 『賢者の石』
    • 『秘密の部屋』
    • 『アズカバンの囚人』
    • 『炎のゴブレット』
    • 『不死鳥の騎士団』
    • 『謎のプリンス』
    • 『死の秘宝1』
    • 『死の秘宝2』
  • 映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズは5作品(予定)
    • 『魔法使いの旅』
    • 『黒い魔法使いの誕生』
    • 『ダンブルドアの秘密』
    • 『ファンタスティックビースト4(仮題)』
    • 『ファンタスティックビースト5(仮題)』

『ハリー・ポッター』シリーズは、子どもから大人まで夢中になって楽しめるファンタジー映画の傑作です。

改めて観ても面白いですし、観たことない人も間違いなく楽しめる作品になっていますよ!

『ハリー・ポッター』シリーズは、プライムビデオで視聴できます!

アマプラの無料体験は利用しないと損!

Amazonプライムビデオのバナー(白石麻衣)
  • 豊富な品揃えを最短翌日に無料でお届け
  • 映画やドラマが見放題
  • 電子書籍が読み放題
  • 1億曲が聴き放題
  • ほかにもたくさんの特典あり

これらが誰でも30日間の無料お試し(学生は半年無料)できます!

\登録・解約も簡単/

今すぐ無料でお試しする

学生はこちら

\記事が良ければシェアしていただければ幸いです/

-リスト
-