歴代のインディ・ジョーンズシリーズ

※本サイトには一部プロモーションが含まれています。

リスト

歴代の『インディ・ジョーンズ』シリーズの見る順番・あらすじ・キャラクター解説

本記事のポイント

  • 『インディ・ジョーンズ』シリーズは全部で何作?
  • 『インディ・ジョーンズ』シリーズの見る順番、全作時間は?
  • 『インディ・ジョーンズ』シリーズのあらすじを振り返りたい!

本記事では、『インディ・ジョーンズ』シリーズの見る順番や歴代のシリーズを解説していきます。

2023年6月30日にはシリーズ5作目となる最新作『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』が公開されます。

歴代の『インディ・ジョーンズ』シリーズは次のとおり。

歴代のインディ・ジョーンズ作品

  • レイダース 失われたアーク《聖櫃》
  • インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
  • インディ・ジョーンズ 最後の聖戦
  • インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
  • インディ・ジョーンズと運命のダイヤル
まめもやし

アドベンチャー映画の代名詞とも言える映画シリーズですね!

『インディ・ジョーンズ』シリーズは、以下の配信サイトで見放題で視聴できます!

『インディ・ジョーンズ』が見放題

映画『インディ・ジョーンズ』シリーズの見る順番

おすすめ!公開順

『インディ・ジョーンズ』シリーズは、公開順で見るのが一番おすすめ。

公開年タイトル
1981年レイダース 失われたアーク《聖櫃》
1984年インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
1989年インディ・ジョーンズ 最後の聖戦
2008年インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
2023年インディ・ジョーンズと運命のダイヤル

時系列順

時系列順で見ると、2作目の『魔宮の伝説』は1作目『失われたアーク』の1年前の設定となっています。

時系列タイトル
1935年インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
1936年レイダース 失われたアーク《聖櫃》
1912年/1938年インディ・ジョーンズ 最後の聖戦
1957年インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
1944年/1969年インディ・ジョーンズと運命のダイヤル

TVシリーズ

公開年タイトル
1992年〜1996年(TVシリーズ)インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険

『インディ・ジョーンズ』シリーズの配信状況

『インディ・ジョーンズ』シリーズを配信している動画配信サービスの配信状況を以下にまとめました。

タイトルU-NEXTディズニープラス
レイダース 失われたアーク《聖櫃》
失われたアーク《聖櫃》

今すぐみる
31日間無料

今すぐみる
見放題
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
魔宮の伝説

今すぐみる
31日間無料

今すぐみる
見放題
インディ・ジョーンズ 最後の聖戦
最後の聖戦

今すぐみる
31日間無料

今すぐみる
見放題
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
クリスタル・スカルの王国

今すぐみる
31日間無料

今すぐみる
見放題
インディ・ジョーンズと運命のダイヤル
運命のダイヤル
映画館で公開中映画館で公開中

インディ・ジョーンズの家族/俳優たちとその後

父親:ヘンリー・ジョーンズ・シニア(ショーン・コネリー)

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』で登場するインディの父親ヘンリーは、キリストの聖杯探しをライフワークにする考古学者。

インディ・ジョーンズの「インディアナ(インディ)」という名前はヘンリーが飼っていた犬の名前に由来しています。父親に"ジュニア"と呼ばれるのを嫌がったインディは、インディアナ・ジョーンズ(インディ)と名乗っています。

父親ヘンリーを演じたのは、名優ショーン・コネリー『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド役として有名で、その他にも『アンタッチャブル』でアカデミー賞助演男優賞受賞など、2020年に90歳で亡くなるまで、生涯を通じて映画界に貢献しました。

歴代の『007』シリーズ全作の見る順番・公開順・ボンド俳優を一覧でわかりやすく解説

妻:マリオン・レイブンウッド(カレン・アレン)

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』でインディの元恋人として登場するマリオン・レイブンウッドは、その後『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』で再登場します。

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の後、マリオンはインディの子どもを妊娠し、結婚寸前となるも、結婚式の1週間前にインディはマリオンの元を去り、マリオンはその後、インディの友人でもあるコリン・ウィリアムズと結婚し、夫を第二次世界大戦で亡くしました。

その後、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』でインディと再会し、再婚しています。

マリオン役のカレン・アレンは、現在でも俳優を続けていてます。

息子:マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』で登場するマット・ウィリアムズは、インディとマリオンの息子であると明らかになりました。インディの息子であるため、本名はヘンリー・ジョーンズ・三世となりますが、育ての親である義父のウィリアムズ姓を使っています。

マットを演じたのはシャイア・ラブーフ。『トランスフォーマー』シリーズの主役など、多くの映画に出演していますが、何かと問題行動も多いのも現実。

『ハニーボーイ』では、自らの子役時代からの経験を元に脚本を執筆しましたが、共演者で元交際相手のFKAツイッグスから性的暴行を訴えられ、『ドント・ウォーリー・ダーリン』に主演する予定が監督のオリヴィア・ワイルドから素行不良が原因で解雇されています。

ネタバレあり

以下では、『インディ・ジョーンズ』シリーズの結末に関するネタバレに触れています。注意の上、お読みください。

レイダース 失われたアーク《聖櫃》

『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』
© 1981 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

キャラクター

キャラクター役名/キャスト/役柄
『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォードインディアナ・ジョーンズ
(ハリソン・フォード)
世界的に有名な考古学者であり冒険家。
『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』カレン・アレンマリオン・レイヴンウッド
(カレン・アレン)
考古学者・アブナー・レイヴンウッド教授の娘でありインディの元恋人。
『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』ポール・フリーマンルネ・ベロック
(ポール・フリーマン)
フランス人の考古学者でインディの宿敵。ナチスに雇われている。
『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』ロナルド・レイシーアーノルド・トート
(ロナルド・レイシー)
ナチスの秘密警察「ゲシュタポ」のエージェント。
『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』ジョン・リス=デイヴィスサラー
(ジョン・リス=デイヴィス)
インディの友人でエジプト遺跡発掘のベテラン。
『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』デンホルム・エリオットマーカス・ブロディ
(デンホルム・エリオット)
インディの友人でニューヨーク国立博物館館長。
© 1981 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

あらすじ


  • 聖櫃(アーク)

    第1作目の舞台は1936年。考古学者のインディアナ・ジョーンズは、ナチス・ドイツが狙う、モーゼが十戒を刻んだ石板を納めた契約の箱、聖櫃(アーク)を見つけるために政府のエージェントによって雇われる。


  • アーク探し

    ナチスは、インディのライバルであるフランスの考古学者ベロックと協力していた。インディは、かつての恋人で酒屋を営むマリオンと、発掘王の友人サラの助けを借り、エジプトでアークを発見する。


  • 恐ろしい精霊

    しかし、ナチスに横取りされ、インディとマリオンは捕らえられてしまう。ベロックとナチスはアークを開ける儀式を行うが、開けてみると中には砂しかなかった。すると突然、アークから精霊が現れ、恐ろしい姿に豹変し、ナチスらは怒りに触れて全員が殺されてしまう。

  • アークの保管

    目をつぶっていたことで生き延びたインディアナとマリオンは、アークを陸軍情報部へ手渡す。アークは政府の秘密の倉庫に「極秘」の焼印を押されて隠されるのだった。


『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』
【ネタバレ解説】『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』のあらすじ・感想・考察・トリビア

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』
© 1984 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

キャラクター

キャラクター役名/キャスト/役柄
「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」ハリソン・フォードインディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)
世界的に有名な考古学者であり冒険家。
「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」ケイト・キャプショーウィルヘルミーナ・"ウィリー"・スコット(ケイト・キャプショー)
上海のクラブ「オビ=ワン」の歌手。
「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」キー・ホイ・クァンショート・ラウンド(キー・ホイ・クァン)
インディに拾われた戦災孤児。
「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」アムリーシュ・プリーモラ・ラム(アムリーシュ・プリー)
邪神カーリーを崇拝する邪悪な教団「サギー教」の司祭。
「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」ロシャン・セスチャター・ラル(ロシャン・セス)
マハラジャに仕える、パンコット宮殿の宰相。
「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」ラジ・シンザリム・シン(ラジ・シン)
パンコット宮殿の若きマハラジャ。
© 1984 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

あらすじ


  • ウィリーとショート

    舞台は1935年。インディは、歌手/女優のウィリー・スコット孤児の少年ショート・ラウンドの助けを借りて、ラオ・チェ率いる中国のギャング団から逃れる。


  • インドに不時着

    3人はインドに不時着する。そこにあった村では、子供たちがモラ・ラム率いるサギー教団によって誘拐されていた。彼らは村から神聖な石サンカラ・ストーンも奪い、それを使って世界征服を企んでいた。


  • インドから生還

    インディたちは生贄の儀式や洗脳の脅威にさらされるも、地下施設から子供たちを救い出す。吊り橋を切り落として最終的にモラ・ラムの邪悪な力に打ち勝ち、インディはサンカラ・ストーンを村に返す。


ポイント

「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」
© 1984 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2作目となる『魔宮の伝説』は、考古学にあまり重点を置いておらず、グロ描写や子供の奴隷描写、拷問を含むダークな映画として描かれているため、シリーズの中でも異色作になっています。

『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』
【ネタバレ解説】『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』あらすじ・感想・考察・トリビア

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦
TM & (C) 1989, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

キャラクター

キャラクター役名/キャスト/役柄
インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)
世界的に有名な考古学者であり冒険家。
ヘンリー・ジョーンズ(ショーン・コネリー)ヘンリー・ジョーンズ(ショーン・コネリー)
インディの父親であり考古学者。
マーカス・ブロディ(デンホルム・エリオット)マーカス・ブロディ(デンホルム・エリオット)
インディの友人であり、博物館の館長。
エルザ・シュナイダー(アリソン・ドゥーディ)エルザ・シュナイダー(アリソン・ドゥーディ)
オーストリアの考古学者でヘンリーの助手。
ウォルター・ドノヴァン(ジュリアン・グローヴァー)ウォルター・ドノヴァン(ジュリアン・グローヴァー)
アメリカの大富豪でブロディの博物館の出資者。
サラー(ジョン・リス=デイヴィス)サラー(ジョン・リス=デイヴィス)
インディの友人でエジプトの発掘王。

あらすじ


  • 聖杯伝説

    舞台は1938年。インディアナと友人のマーカス・ブロディは、大富豪ウォルター・ドノバンからキリストの聖杯を探すよう持ちかけられる。乗り気ではないインディだったが、すでに調査していたインディの父ヘンリーが失踪したことで依頼を承諾する。


  • ベネツィアへ

    インディとブロディは、エルザ・シュナイダー博士とコンビを組み、聖杯探しの鍵となる盾を見つけるが、聖杯を守護する十字剣兄弟団に襲撃される。


  • オーストラリアへ

    インディはオーストラリアのナチの拠点である城で父ヘンリーと再会するが、ドノヴァンとエルザはナチスと手を組んでおり、インディに聖杯探しを手伝わせるためにヘンリーを捕らえたのだった。2人は捕らえられてしまう。

  • ベルリンへ

    インディとヘンリーは、聖杯にたどり着くために重要な最後の試練について書いたヘンリーの日記を取り戻すべくベルリンへ向かい、ドイツを脱出する。

  • 三日月谷へ

    聖杯がある三日月谷へ向かったインディらは、ナチスの騎士団と戦い、何とか倒して聖杯のある神殿に向かう。そこにはドノヴァンとシュナイダーらが先着しており、ドノヴァンにヘンリーが撃たれてしまう。

  • 最後の試練

    インディはヘンリーを救うべく聖杯の試練を突破する。古代の騎士の部屋にたどり着くと、追ってきたドノヴァンは間違った聖杯を飲んで死亡する。インディは本物の聖杯を見分け、ヘンリーを救うことに成功。シュナイダーが聖杯を持ち出そうとしたことで神殿は崩壊し、欲にくらんだシュナイダーは転落死する。

    インディたちはなんとか神殿を逃げ出し、夕日に向かって走り去っていく。

ポイント

『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』のヘンリーとインディ
TM & (C) 1989, 2021 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

3作目となる『最後の聖戦』では、ショーン・コネリー演じるインディの父ヘンリーとの絶妙なコンビネーションを披露しました。

ロケーションも豊富で、ヨーロッパを駆け巡るアクションが楽しめます。聖杯がある神殿は、ヨルダンにある世界遺産「ペトラ遺跡」が舞台。

冒頭で描かれるインディの少年時代は、1986年の映画『モスキート・コースト』で親子役で共演したリバー・フェニックスをハリソン・フォードが指名して起用されました。

聖杯を選ぶシーンでインディは「大工のカップだ」と言って正しい聖杯を選びましたが、イエス・キリストは大工である父ヨセフの息子としての記述があり、ハリソン・フォードもかつて大工として生計を立てていたという関連があります。

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
TM & (C)2008 Lucasfilm Ltd.. All Rights Reserved. Used under authorization.

キャラクター

キャラクター役名/キャスト/役柄
インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)
世界的に有名な考古学者であり冒険家。
マリオン・レイヴンウッド(カレン・アレン)マリオン・レイヴンウッド(カレン・アレン)
マットの母親。
マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)
バイク修理で生計を立てる青年。
ハロルド・オックスリー(ジョン・ハート)ハロルド・オックスリー(ジョン・ハート)
インディの旧友で考古学者。
イリーナ・スパルコ(ケイト・ブランシェット)イリーナ・スパルコ(ケイト・ブランシェット)
ソ連の大佐でKGBのエージェント。
ジョージ・マクヘイル(レイ・ウィンストン)ジョージ・マクヘイル(レイ・ウィンストン)
インディの友人で元MI6局員。

あらすじ


  • ハンガー51

    舞台は『最後の聖戦』から19年後の1957年。インディと友人のマックはイリーナ・スパルコ率いるソ連の工作員に誘拐され、アメリカの極秘倉庫「ハンガー51」へ連れて行かれる。そこでロズウェル事件のエイリアンの死体を見つける手伝いをする。

    インディは倉庫を逃げ出し、近くのモデルタウンへ着くが、核実験に巻き込まれるも冷蔵庫の中でなんとか生き残り、FBIに保護される。


  • マット・ウィリアムズ

    FBIによる監視の影響でインディは大学を休学処分を受ける。そんな中、青年マット・ウィリアムズが近づき、インディの元同僚のオックスリーがマットの母と共にクリスタル・スカルを見つけたという情報を聞き、2人はペルーへ向かう。


  • マリオン

    インディたちはペルーの遺跡を探索し、そこでクリスタル・スカルを見つけるも、待ち伏せていたソ連軍に捕らえられる。そこにはクリスタル・スカルの影響で自我を失ったオックスリーと、かつての恋人でマットの母親であるマリオンがいた。インディはマットが自分の息子であることを知る。

  • クリスタル・スカルの神殿

    インディたちはソ連軍のアマゾンの収容所を逃げ出し、スパルコらの追手や軍隊アリの群れを振り払い、クリスタル・スカルをもとに戻すため、滝の内部にある神殿に入る。

  • エイリアン

    神殿の守護者たちを振り払い、13のクリスタルがある玉座の間へたどり着くと、追ってきたスパルコによって首のない骸骨にクリスタル・スカルを置く。すると彼らは目覚め、13のクリスタル・スカルはひとつのエイリアンとして合体する。

    スパルコは「すべてを知りたい」と要求するが、テレパシーで流れ込んだ圧倒的な情報量によって死亡する。

  • スカルの正体

    インディたちはその場を逃げ出し、金目に目がくらんだマックはポータルに引きずり込まれる。神殿は崩壊し、その中から空飛ぶ円盤が現れ、飛び去っていく。

    インディラは無事に帰還し、大学に復職。その後、インディとマリオンは結婚して式を挙げる。

ポイント 

『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』インディとマットとマリオン
TM & (C)2008 Lucasfilm Ltd.. All Rights Reserved. Used under authorization.

4作目となる『クリスタル・スカルの王国』では、第1作目で登場したカレン・アレン演じるマリオンが再登場し、彼女とインディの息子としてシャイア・ラブーフ演じるマットが登場しました。

前作から19年ぶりとなるものの、ハリソン・フォードは体型を維持し、衣装サイズもほぼ変化がなかったとのこと。

インディの友人・大学の副学部長のマーカスを演じたデンホルム・エリオットが1992年に亡くなったため、学部長役としてジム・ブロードベントが起用され、大学の敷地内にはエリオットの銅像もあり、インディの机にはマーカスの写真が父ヘンリーの写真と並んで飾られています。

戦後の冷戦時代が舞台であるのもポイントで、劇中で名前が登場するオッペンハイマーや時代背景については以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

ロバート・オッペンハイマー
【原爆の父】ロバート・オッペンハイマーの人生と後悔

インディ・ジョーンズと運命のダイヤル

インディ・ジョーンズと運命のダイヤル
(C)2023 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.
インディ・ジョーンズと運命のダイヤル
【ネタバレ】『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』感想・考察|つまらない?ノスタルジックがすべて

まとめ:『インディ・ジョーンズ』シリーズを楽しもう!

今回は、歴代の『インディ・ジョーンズ』シリーズについて解説しました。

本記事のまとめ

  • 『インディ・ジョーンズ』シリーズは全部で5作
  • (1)レイダース 失われたアーク《聖櫃》
  • (2)インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
  • (3)インディ・ジョーンズ 最後の聖戦
  • (4)インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
  • (5)インディ・ジョーンズと運命のダイヤル
  • シリーズは公開順で見るのがベスト
  • U-NEXTディズニープラスで視聴できる
『ジョン・ウィック』シリーズ解説
『ジョン・ウィック』シリーズの見る順番・物語・用語解説|ひどい目に遭った愛犬の復讐劇

キアヌ・リーブスが引退した裏社会の伝説的殺し屋役を演じたアクション映画シリーズ『ジョン・ウィック』。 2014年に始まったシリーズは、過激なアクションと世界観の設定が素晴らしく、続編が公開されるたびにヒットして話題を呼び、キアヌ・リーブスの代表作のひとつとなりました。 2023年現在、『ジョン・ウィック』シリーズはTVシリーズ・スピンオフをあわせて6作。 『ジョン・ウィック』シリーズ 『ジョン・ウィック』(2014) 『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017) 『ジョン・ウィック:パラベラム』(201 ...

歴代の「ミッション・インポッシブル」シリーズ
【徹底解説】歴代『ミッション:インポッシブル』の見る順番とあらすじ・超絶スタント

トム・クルーズの代表作の一つである映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。 1996年に第1作目となる『ミッション:インポッシブル』でIMF(インポッシブル・ミッションズ・フォース)と呼ばれる架空のスパイ組織の一員、イーサン・ハント役を演じ、以降、第1作目から20年以上に続くシリーズとなりました。 シリーズは最終章を迎え、2023年7月21日には、第7作目が、そして2024年には第8作目が前後編の2部作として公開予定。 本記事では、歴代の『ミッション・インポッシブル』シリーズの見る順番と、あらすじを徹 ...

歴代のインディ・ジョーンズシリーズ
歴代の『インディ・ジョーンズ』シリーズの見る順番・あらすじ・キャラクター解説

本記事のポイント 『インディ・ジョーンズ』シリーズは全部で何作? 『インディ・ジョーンズ』シリーズの見る順番、全作時間は? 『インディ・ジョーンズ』シリーズのあらすじを振り返りたい! 本記事では、『インディ・ジョーンズ』シリーズの見る順番や歴代のシリーズを解説していきます。 2023年6月30日にはシリーズ5作目となる最新作『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』が公開されます。 歴代の『インディ・ジョーンズ』シリーズは次のとおり。 歴代のインディ・ジョーンズ作品 レイダース 失われたアーク《聖櫃》 イン ...

SSUとMCU
歴代のSSUシリーズ全作の見る順番【スパイダーマンの権利問題を乗り越えろ】

マーベル映画といえば、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)を思い浮かべる方も多いと思います。 実はMCUとは別に、マーベル・コミック原作のSSUという作品群があります。 MCUはディズニー傘下のマーベル・スタジオが製作する一連のスーパーヒーロー映画です。 対してSSUは、スパイダーマンの原作コミックに関連するキャラクターを中心とした一連の映画シリーズです。製作しているのはソニー・ピクチャーズで、スパイダーマンや関連するキャラクターの権利を所有していることで、独自の映画シリーズを打ち出しました。 ...

MCU以外のマーベル映画リスト
MCU以外のマーベル映画の見る順番をわかりやすく解説

マーベル映画といえば『アイアンマン』や『アベンジャーズ』シリーズなどを思い浮かべる方が多いと思います。 2008年の『アイアンマン』以降のマーベル・スタジオが製作した一連の作品は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)と呼ばれています。 作品の世界観を相互にクロスオーバーさせ、キャラクターやストーリーライン、テーマを共有しています。 しかし、MCU以外にもマーベルコミックスを原作としている映画は公開されています。 本記事では、MCU以外のマーベル映画について徹底解説していきます。 MCU映画につい ...

\記事が良ければシェアしていただければ幸いです/

-リスト
-