コメディ

【ネタバレ感想】ラストも犯人も『ハッピーデスデイ』が面白い!

今回ご紹介する映画は『ハッピー・デス・デイ』です。

「誕生日の日の最後に必ず殺されてしまう」という何ともアンハッピーな主人公を描いた作品。

設定を活かした映像表現と、テンポの良さが気持ちいい作品でした。

ホラーなのに笑えるコメディという面白いジャンルとなっています。

映画『ハッピー・デス・デイ』作品情報とあらすじ

作品情報

原題 Happy Death Day
監督 クリストファー・B・ランドン 
製作国 アメリカ
主演 ジェシカ・ローテ
イズラエル・ブルサード
公開年 ここに説明文を入力してください。
上映時間 2017年(アメリカ)
2019年(日本)
おすすめ度

『ハッピー・デス・デイ』のあらすじ

イケイケな女子大生のツリーは誕生日の朝、見知らぬ男性のベッドで目を覚ます。

忙しなく自分の誕生日を過ごした彼女は、夜のパーティに向かう途中でマスク姿の何者かに殺されてしまう。

目が覚めて気がつくと、ツリーは誕生日の朝に戻っていたのだった…。

その後も同じ一日を何度も繰り返し、その日の終りに殺されるループが続いていき…。

『ハッピー・デス・デイ』のスタッフ・キャスト

クリストファー・B・ランドン

chrstopher landon

本作の監督は『パラノーマル・アクティビティ』シリーズの続編で脚本や製作をしているクリストファー・B・ランドンです。

ジェシカ・ローテ(ツリー役)

Jessica Rothe

誕生日に何度も殺される不運な女性を演じたのは、ジェシカ・ローテ

まめもやし
まめもやし
彼女は『ラ・ラ・ランド』でエマ・ストーン演じるミアのルームメイトの一人として出演していましたね。

本作で主演を務めたことで知名度が一気に上がりました。

トニー・ガードナーによるマスクデザイン

『ハッピー・デス・デイ』で特に印象的なのが、赤ちゃんの顔の正体不明のマスク男。

このマスクをデザインしたのは特殊メイク界で有名なトニー・ガードナー

Tony Gardner
  • 『スクリーム』
  • 『チャイルド・プレイ』
  • ダフト・パンクのヘルメット

著名な作品に上記の作品が挙げられます。

不気味なベビーフェイスマスクが本作のホラー感をより高めてくれています。

【ネタバレなし】映画『ハッピーデスデイ』の感想

出典:https://www.imdb.com/

コメディ×ホラーの心地よいバランス!

主人公が同じ日を何度もループするという話でよく似た構成になっているのが、劇中でも名前が登場する、ビル・マーレイ主演の傑作映画『恋はデジャ・ブ』。

『恋はデジャ・ブ』はコメディ×恋愛でしたが、本作はコメディ×ホラーとなっています。

今作の見どころは何と言っても笑いと恐怖のバランス。  

逃げても逃げても1日の終わりに殺されてしまうという恐怖と、どこから襲われるか分からない不安。

一方で、何度も殺されるたびに主人公が、「絶対に捕まえてやる」といって意気込んでいき、犯人に復讐をするべく立ち向かうという面白さもあるのです。 

その様子が、失敗してやり直すというゲームのようで面白いのです。

【ネタバレ】犯人は…『ハッピーデスデイ』のラスト

出典:https://www.imdb.com/

※以下映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。  

ツリーの推理

ツリーは、死のループを繰り返す中で、テレビで報道されていた連続殺人犯が犯人だと推理する。

その犯人を殺せばループを終わらせることができると考えたツリーは、出会う人々に今までの態度を改めるかのように親切にする。

連続殺人犯は病院で拘束されていて、ツリーは戦う準備をして犯人と対峙しますが、返り討ちにあって何度か死んでしまう。

ただ、死ぬ度に強くなるツリーと、カーターにも命がけの助けもあって連続殺人犯を倒すことに成功する。

そしてカーターと二人、ルームメイトのロリから祝ってもらったカップケーキで誕生日をひっそり祝い、来るはずの明日へと眠りにつくのだった。

真犯人は… 

しかし、ツリーは目覚めると、また同じ誕生日の朝を迎えていたのだった。

混乱する彼女だったが、寝ている間に死んだということは、寝る前に食べたカップケーキに原因があると推理する。

そう、本当の犯人はツリーのルームメイト、ロリだったのだ。  

ロリを問い詰めると、彼女は本性を露わにして襲ってくる。

まめもやし
まめもやし
ちなみにロリがツリーを殺す理由は、意中の相手とツリーが関係を持ったことと、ツリーがどうしようもないビッチだという理由でした笑  

ロリとの取っ組み合いの結果、彼女は2階から落下して死亡。

ツリーはその後、正当防衛が認められ、事件が収束する。

ループの収束…

そして念願の翌日を迎えます。  

目覚めると、カーターが誕生日と同じ言葉を言うのでした。  

ループが終わっていないと絶望するツリー。

しかし、それはカーターが冗談で言った言葉。

無事、次の日を迎えられたツリーはカーターとキスをして幕を閉じる。

【ネタバレ感想】『ハッピーデスデイ』ホラーの仮面をかぶったコメディ映画

出典:https://www.imdb.com/

「ホラーもの」×「ループもの」による構成の妙

「ループもの」の映画は結構ありますが、本作における何度も繰り返すループのきっかけとなるのは、自分の死です。  

先ほど、ゲームのようだと言いましたが、まさに死んで同じ日を繰り返す映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』と似た設定でもあります。

  

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』では、死ぬことで次の行動を予測して少しずつ進んでいく姿を描いていました。

観た人は分かりますが、ツリーはビッチだし人当たりも悪いため、最初の方は殺されても自業自得だと誰もが思うでしょう。

それが殺され続けるたびに犯人に挑戦し、次第に自分の行為も改めて変わっていくので、ビッチで性格も悪いツリーをいつの間にか応援しているのです。

こういったホラー要素とコメディ要素の絶妙な配分が上手い映画でした。

映画『ハッピーデスデイ』はホラー×コメディの新感覚ジャンル

ホラーとコメディ、ループものの融合という新感覚のジャンルを築いた本作。

様々な過去の映画の要素をいい具合にブレンドしていて、新しいテイストに変えていました。

本作『ハッピー・デス・デイ』にはループを終えたその後を描いた続編『ハッピー・デス・デイ2U』もあります。

そちらもめちゃくちゃ面白いので合わせてチェックしてみてください。

ハッピーデスデイ2U_01
【ネタバレ感想】続編というより別ジャンル映画『ハッピーデスデイ2U』が面白い今回ご紹介するのは映画『ハッピーデスデイ2U』です。ホラー・コメディという新しいジャンルを築いた作品の続編。前作とは全然違う展開で楽しませてくれます。...

人気記事【裏技】U-NEXTの31日間無料トライアルを2回目3回目と利用する方法

人気記事【2020年最新】VODサービスの選び方まとめ【これで解決】