ドラマ

【ネタバレ考察】『ヤクザと家族 The Family』と唯一無二の俳優・綾野剛【相関図も】

the-family-movie

今回ご紹介する映画は『ヤクザと家族 The Family』です。

『新聞記者』の藤井道人監督によるオリジナル脚本で、「ヤクザ」の変遷を3つの時代を通して描いたドラマ。

非常に完成度の高い作品で、出演している役者たち全員が素晴らしい演技で物語を作り上げていました。

映画『ヤクザと家族』の作品情報とあらすじ

the-family-poster

作品情報

原題 ヤクザと家族 The Family
監督 藤井道人
脚本 藤井道人
出演 綾野剛
舘ひろし
尾野真千子
北村有起哉
市原隼人
磯村勇斗
製作国 日本
製作年 2021
上映時間 136
おすすめ度 (4.5点/5点)

あらすじ

1999年、覚せい剤が原因で父親を亡くした山本賢治(綾野剛)は、柴咲組組長の柴咲博(舘ひろし)の危機を救ったことからヤクザの世界に足を踏み入れる。

2005年、ヤクザとして名を挙げていく賢治は、自分と似た境遇で育った女性と出会い、家族を守るための決断をする。

それから時は流れ、2019年、14年間の刑務所暮らしを終えた賢治だったが、柴咲組は暴力団対策法の影響で激変していた。

『ヤクザと家族』のスタッフ

藤井道人監督

the-family-director© 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
主な監督作
  • 『オー!ファーザー』
  • 『青の帰り道』
  • 『デイアンドナイト』
  • 『宇宙でいちばんあかるい屋根』
  • 『新聞記者』

『ヤクザと家族』の監督は、2019年に『新聞記者』で日本アカデミー賞作品賞を含む3冠を達成した藤井道人監督

藤井監督によるオリジナル脚本である本作は、往年のヤクザ映画の流れを汲みつつ、ヤクザと社会の変遷を3つの時代で20年間で描いています

まめもやし
まめもやし
藤井監督はまだ34歳ですよ。すごい才能ですよね…。

配給:スターサンズ

配給は、映画製作・配給会社のスターサンズ

『あゝ、荒野』や『宮本から君へ』『MOTHER マザー』など、これまでにも意欲的で個性が光る映画を手がけてきました。

代表、プロデューサーの河村光庸さんと藤井道人監督は『新聞記者』でもタッグを組んでいます。

主題歌「FAMILIA」 millennium parade

本作の主題歌は、「King Gnu」のギタリスト、常田大希が主宰するバンドmillennium paradeの「FAMILIA」

ボーカルに「King Gnu」のボーカル、井口理を迎えて、独特な世界観の楽曲を作り上げています。

millennium parade公式HP

まめもやし
まめもやし
King Gnuとはまた違った世界観が染みる楽曲でした!

『ヤクザと家族』の相関図・キャスト

the-family-relationmap

キャスト 役名
綾野剛 山本賢治
舘ひろし 柴崎博
尾野真千子 工藤由香
北村有起哉 中村努
市原隼人 細野竜太
磯村勇斗 木村翼
寺島しのぶ 木村愛子
岩松了 大迫和彦
豊原功補 加藤雅敏
駿河太郎 川山礼二
二ノ宮隆太郎 大原幸平
菅田俊 竹田誠
康すおん 豊島徹也

後述しますが、本作はキャスト全員が本当に素晴らしい演技をしていて、特に綾野剛さんに関しては唯一無二の俳優であることを改めて感じるすごい演技をしていました。

【ネタバレ感想】時代の変化とヤクザの生き方

the-family-01© 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会
 

結論から言うと、めちゃくちゃ面白かったです…!!

演技、脚本、映像、音楽、編集など、すべてにおいて非常に完成度の高い作品で、映画を観終わったあとには震えてしまいました。

近年のヤクザ映画では白石和彌監督の『孤狼の血』が素晴らしい映画だったので、ヤクザ映画の基準が高くなったと感じていましたが、本作『ヤクザと家族』も全然負けていない。

関連記事【ネタバレ感想】『孤狼の血』

本作では、1999年、2005年、2019年の3つの時代を通してヤクザという生き方を選んだ男たちと社会の変遷を描いていました。

各時代ごとに追ってみていきます。

以下、映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

1999年 出会い

the-family-02© 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

金髪で全身真っ白な出で立ちの山本賢治は、覚せい剤で父親を亡くし、母親もすでに死んでいて、悪友の細野と大原とヤンチャな生活を送っていた。

ある日、行きつけの『オモニ食堂』で、柴咲組組長・柴咲博らと居合わせ、突然襲ってきたチンピラから彼らを賢治が救ったのが最初の出会いだった。

その後、賢治は柴咲組と敵対する侠葉会のヤクの売人からブツを奪ってしまったことで、侠葉会の若頭・加藤と若頭補佐の川山に拉致されてしまう。

ボコボコになるまで報復された賢治らだったが、柴咲博を救ったときにもらった名刺のおかげで九死に一生を得る。

父が死ぬ原因になった薬物とヤクザを嫌悪する賢治。

しかし、後日、再び柴咲組と再会し、行き場のない自分に手を差し伸べてくれた柴咲に救いを得て、賢治はヤクザの世界へと足を踏み入れるのだった。

1999年では、賢治がヤクザの世界へ入っていくまでを描いていました。

柴咲と賢治が契りを結び、ヤクザの世界へ入るシーンでタイトルクレジットが登場する演出はシビレますね。

賢治の境遇を、若さゆえの荒々しさと真っ白な衣装と凶暴さで描き、『ヤクザと家族』のタイトル通り、身寄りのない一人の男がヤクザに居場所を見つける物語だということが分かる秀逸なオープニングでした。

2005年 誇りを賭けた闘い

the-family-03© 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

賢治と細野、大原の3人は柴咲組の一員となり、ヤクザとしても板についてきていた。

そんな中、侠葉会との縄張り争いは激化していた。

キャバクラで侠葉会の川山とひと悶着を起こした賢治は、そこで出会ったホステスの由香に出会う。

賢治は不器用ながらにも、家族のいない同じ境遇の由香に惹かれていく。

柴咲と侠葉会の加藤の間で、話をつけようとしていたが、逆にこじれてしまう。

そんなある日、侠葉会の加藤の差し金で、賢治や柴咲がのる車が襲撃され、運転していた大原が殺されてしまう。

柴咲組の面々は激怒するが、マル暴の刑事・大迫から警察で事件を片付けることで手を打つ柴咲。

納得がいかない賢治は、侠葉会がいる場所へ乗り込み、殺そうとする。

すると、後ろから柴咲組若頭の中村が追い抜き、「組を任せる」と言って川山を刺してしまう。

しかし、賢治は自分よりも若頭の中村が相応しいと判断し、中村の罪を被り、 14年の懲役刑を受けるのだった。

ヤクザの世界へ入った賢治たち。

金髪のチンピラ風だった賢治の容姿も、黒髪に黒スーツにサングラスですっかりその道の雰囲気が醸し出されていました。

賢治というキャラクターの魅力が絶妙に映えたパートでもある2005年。

一見すると、凶暴な男にしか見えない賢治ですが、由香との出会いを通して、彼の不器用さや抱える悩みが見えることで、賢治の人間味がグッと増してくるのです。

そうしていくことで、賢治が柴咲組の中に、次第に「家族」として居場所や絆を見出していく過程が見えてきます。

余談ですが、女子大生役として由香を演じた尾野真千子さんに対して、「学生かよ、老けてんな」と言わせてしまう監督の意地悪い演出、私は好きでした。

2019年 激変した世界

the-family-04© 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

14年の歳月が経ち、獄中から出てきた賢治は、暴対法の影響で衰弱した柴咲組の姿を目の当たりにする。

組を抜けた細野は、結婚して子どもを設けていた。賢治と再会するも、ヤクザから苦労して足を洗ったこともあり、避けられてしまう。

一方、『オモニ食堂』愛子の息子・翼は22歳になり、柴咲組を手伝いながら夜の街を仕切っていた。

由香と再会した賢治だったが、彼女に14歳になる自分との娘がいることを知り、ヤクザを抜け、由香と娘との3人の生活を始めようとする…。

しかし、賢治の経歴が由香の職場に知られ、細野の家庭にも影響を及ぼして狂わせてしまう。

そんな中、賢治を慕う翼は、自分の父親を殺した人間を見つけたと話すのだった。

翼が侠葉会の加藤と刑事の大迫が食事をする場所へ乗り込もうとすると、賢治によって2人が殺されていた。

その後、賢治は防波堤で細野に殺されてしまう。

時が経ち、賢治が死んだ防波堤にやってきた翼。そこに、賢治と由香の娘、彩がやってくる。

出所する賢治のシーンから始まる2019年。ここでは映像の画角が狭められていました

迎えに来た中村の車も、黒塗りのセダンから、国産のエコカー(プリウス)に変わり、時代の変遷と、ヤクザの居場所が狭まっていることが伝わります。

ヤクザたちはタバコのままで、刑事はiQOSに変わっていたり、細かな表現も時代感を効果的に演出していましたね。

そんな中で登場するのが、少年だった愛子の息子、翼

父親をヤクザに殺された経験をもつ翼からは、1999年のころの賢治と同じ金髪、荒々しさが垣間見える、どこか危うい表情が見えるのです。

ヤクザの居場所がなくなっていく3つ目のパートは、その内容から、1・2パートに比べると落ち着いた印象になっていますが、非常に重いストーリーになっています。

「ヤクザだから当然だろ」と感じる人もいるかもしれませんが、その裏にある、居場所を淘汰されていく様子やリスタートできない社会性は、決して他人事ではないはずなんですよね。

【ネタバレ考察】 ヤクザという“居場所”

the-family-05© 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

『ヤクザと家族』がこれまでのヤクザ映画と違って良いと感じたのが、従来のヤクザ映画のような、いわゆる任侠モノとしてのエンタメに寄せていないところ。

敵対する組同士の抗争だったり、裏切りや寝返りなどを大々的に描くことはなく、時系列も時間通りで、物語もストレートに『ヤクザと家族』を描いているのです。

『ヤクザと家族』というタイトルと、法律によってヤクザの居場所がなくなっていくというストーリーは、東海テレビのドキュメンタリー映画『ヤクザと憲法』を彷彿とさせます。

『ヤクザと憲法』は、実際のヤクザの生活を通して社会をみる、非常にドキュメンタリーとして面白い映画です。

一方の本作では、フィクションではありますが、ヤクザにしか居場所を見出だせなかった男を通して社会をみているのです。

ヤクザに限った話ではない

the-family-06© 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

本作では、ヤクザが時代の変遷とともに居場所を失い、社会から排除されていく様子が描かれていました。

その様子が克明に描かれた3つ目のパートでは、観ていて辛いものがあります。

別にヤクザを美化する訳でもなく、肩入れする理由もないのにそう感じるのは、社会から排除されていく様子が決して他人事ではないから。

市役所で働く由香が、賢治の妻であることがバレてしまい、仕事場から追い出されてしまう様子が如実にそれを映しています。

由香、そしてヤクザを辞めた賢治が、仕事場の人や仕事になにか害を及ぼしたわけではありません。それでも社会的な制裁が下され、居場所を失っていくのです。

これって別に、ヤクザに限った話じゃないですよね。

最近の話で言うと、某タレントが過去に付き合っていた人が麻薬で逮捕されたことで誹謗中傷したり、某スポーツ選手がタトゥーをしていることで批判殺到したり。

もっと視野を広げて考えてみると、コロナという未曾有の危機を前にして、いろんな人が社会から居場所を失っているのです

色が効果的に演出する世界観

the-family-07© 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

藤井監督は、色を使って主人公の賢治の心情を効果的に演出していました。

最初は金髪で全身を真っ白な衣装。両親を亡くして孤独に生きる男が、まさに何にも染まらない、染められない意思を表していましたね

そんな中で、ヤクザと関わってしまい、真っ白な衣装が赤い血に染まる

尽きていたかもしれない儚い命に救いの手を差し伸べてくれた「ヤクザという居場所」

まめもやし
まめもやし
本当にこのオープニングは秀逸で、鳥肌が立ちました。

2つ目のパートでは、ヤクザの世界に入り込み、真っ黒な衣装に身を包みます

インテリヤクザのような風貌で柴咲組の中でも着実に信頼を獲得している様子が伺えます。

柴咲組に染まりきったことで、敵対する侠葉会に対しても無茶な行動を突き進んでいく姿が描かれていましたね。

そして、3つ目のパート。

このパートで、賢治は親父の計らいでヤクザを辞めて普通に生きる選択をします。

出所した賢治の髪型は、黒髪に白髪が混じっていました。つまり、ここでのイメージは灰色。

灰色といえば、劇中を通してタバコの煙や工場から出る煙も印象的にインサートされていましたね。

まめもやし
まめもやし
監督自身も意図的に“煙”をモチーフにしていると語っていましたね。

この灰色からは、ヤクザと一般社会で揺らぐ賢治の姿が現れているようにも感じます。

白から黒へ、そして灰色へ。

映像の視覚的な表現を通して賢治という人間性を描いていました

そして、これを成り立たせるのが、俳優・綾野剛さんのすごさです。

唯一無二の俳優、綾野剛

the-family-08© 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

本作が面白かった理由のひとつに、役者たちの力の入った演技が挙げられます。

本当に全員がいい演技をしていて、舘ひろしさんの佇まい、尾野真千子の安定感、若頭の北村有起哉さんの上手さや、市原隼人さんの絶妙なキャラクターだったり、若手の磯村勇斗さんの存在感や、寺島しのぶさんの安心感など、挙げればキリがないくらいないくらい。

その中でも、やはり主演の綾野剛さんはすごい

ドスの利いた声の綾野剛さんといえば、北海道警察で実際に起きた事件を元に描かれた白石和彌監督の『日本で一番悪い奴ら』で魅せた悪に染まっていく警察官が思い出されます。

綾野剛さんがすごいのは、彼にしかできないと思わせる演技をみせてくれること

人気若手俳優の中で演技が上手い方はたくさんいますが、「この人だったらどうかな」「違う役者でも観てみたい」と思うことがたまにあります。

しかし、綾野剛さんに関してはそれが本当にないと言えるほど作品に溶け込んでいるんです。

本作においても、完璧としか言いようがないくらいに圧倒的な演技でした。

まめもやし
まめもやし
本気で日本を代表する俳優になっていくと思います。

【まとめ】非常に見応えのある新しいヤクザ映画

以上、『ヤクザと家族 The Family』をご紹介しました。

藤井道人監督の映画は、ほぼすべて面白いこともあったので、期待していたのですが、想像を遥かに超える面白さと圧倒的なキャストの演技力に震えました

オリジナル脚本でここまでできる技量に感服です。

これだから映画は面白い。

日本映画の水準を高める非常に完成度の高い作品でした。

日本映画の面白い作品は下記の記事でまとめていますので、合わせてどうぞ。

awesome-japanese-movie
【邦画】映画ブロガーが選ぶマジで面白いおすすめ映画33選【DVD選びに】本記事では、映画ブロガーの私がおすすめするマジで面白い映画をご紹介します。「邦画はつまらない」と思うのは、まだ面白い邦画に出会ってないだけ。...

映画をオトクに観るならU-NEXTが最強!

  • 見放題作品数日本No.1
  • 登録するだけで600円がもらえる(ポイント)
  • 80以上の雑誌が読み放題
  • 4人までシェア可能
  • アダルト動画も見られちゃう

これらが、無料で誰でも31日間楽しめちゃうんです!

利用しないのはもったいないですね。

\ 登録・解約も簡単 /
今すぐU-NEXTを無料体験※31日間以内に解約で完全無料です