海外ドラマ

【ネタバレ感想】Amazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1第4話「彼女」の結末とは。

今回ご紹介するのは、海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1の第4話です。

 

R18という成人向けのレーティングながらAmazon史上最多の視聴数として話題となっている本シリーズ。

 

Amazonプライム会員で観ていない方はもったいないですよ。

 

  • 『ザ・ボーイズ』シーズン1第4話展開と結末ネタバレ
  • 『ザ・ボーイズ』シーズン1第4話感想
 

 

『ザ・ボーイズ』について詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。
アメコミが原作のAmazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』が面白い【シーズン2やキャストも】
 
『ザ・ボーイズ』はAmazonプライム会員がみることができます。
 
Amazonの速達サービスを使える上、映画も見放題のお得なサービスです。
30日間の無料体験も設けていて、気に入らなければ解約すれば一切お金はかかりません。
 
今すぐAmazonプライム会員になる

第4話「彼女(The Female of the Species)」の展開と結末

© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

※これより下では第4話のネタバレとなっていますのでご注意してください。

ブッチャーの思惑

ブッチャーは恋人との生活の思い出の夢を見ていた。

 

目が覚めると彼の部屋には彼一人であり、その恋人が公園のベンチに座っている映像をただ呆然と眺めていた。

 

ブッチャーはその後、CIAの副長官スーザンの事務所に忍び込む。

 

スーザンに対して、コンパウンドVという能力増強剤を使って、ヒーローがドラッグ漬けである証拠を見せることでヴォート社の国防参加を止められると持ちかける。

 

スーザンはVの実物と確かな証拠を持って来れば活動を保証するといった。

謎の女

一行は、ポップクロウからの情報を元に、銃を持った怪しいアジア系の人間の跡をつけて、そのアジトに潜入する。

 

中を調べるもコンパウンドVは出てこなかった。

 

地下室に日本人とみられる女が監禁されていた。フレンチーが同情して檻を開けてしまうと、彼女は突然飛び出してきて、駆けつけてきたアジア人グループを超人的な力で皆殺しにしてしまう。

 

その後女はどこかへ言ってしまうが、彼女のいたところを調べるとVの注射針が見つかり、彼女が実験されていたことが分かる。

 

同じくしてヒューイの元へアニーから連絡が来る。

 

ブッチャーは重要な手がかりとなるため、彼女の電話に盗聴器を仕掛けるように指示する。

Aトレインとポップクロウ

Aトレインは、ポップクロウの元を訪れ、Vについて誰かに話したかと迫るのだが、彼女は話さない。

 

しびれを切らした彼はホームランダーにバレる前に荷物をまとめて遠くへ行くように勧める。

ハイジャック事件

一方、アメリカ国境の上空で飛行機ハイジャック事件が起きる。

 

マデリンはホームランダーを呼び、世間にアピールするいい機会だと話す。

 

ホームランダーとメイヴは、飛行機に乗り込みハイジャック犯をいとも簡単に一網打尽にする。

 

怯えた乗客たちは彼らの登場と活躍で一気に元気を取り戻す。

 

コックピットにいくとハイジャック犯の残党が残っていて、すでにパイロットたちは殺されていた。

 

ホームランダーのビームで犯人を殺すも、誤って機体も損傷させてしまう。

 

操縦もできないホームランダーは、仕方ないと言って乗員を全員見捨てようとする。

 

一方のメイブは助けられる方法を提案するのだが、彼はそれを断るのだった。

 

見捨てられると分かった乗客たちは、怒りと恐怖で大混乱となるが、ホームランダー何食わない顔で脱出しようとする。

 

メイブは少しでも乗客を助けようと提案するのだったが、耳を貸さない彼に従うしかなく、彼らは墜落する飛行機を後にするのだった。

デート

連絡を取っていたアニーとのボーリングのデートをするヒューイ。

 

彼女との話の中で、トランスルーセントに息子がいたことを知り、複雑な気持ちになる。

 

アニーはヒーローであるけれど正義感を持った人間であることを感じるヒューイだったが、ブッチャーの指示通りに彼女の携帯に盗聴器を仕掛けるのだった。

女の動向

女はその後、裏でアジア人を密入国させていた店へ行くが、自分を含めて騙せれていたことから、その店主を殺害する。

 

その後、事件現場に訪れる一行だったが、そこにはAトレインもいて、彼も彼女を追っていることが分かる。つまりどちらが先に女を見つけるかという状況になっていた。

ペン駅

高速移動できるAトレインに対して不利な状況だったが、フレンチーは彼女が手がかりを残したペン駅にいると予測する。

 

ペン駅で手分けして探すことになり、フランチーが女を見つける。

 

警戒する彼女に対し、自らの幼少期の境遇を話して落ち着かせるが、もう少しのところで逃げられてしまう。

 

その後、女を見つけるも先にAトレインに捕まってしまう。

 

女は殺されそうになるが、フレンチーの機転で何とか回避し、フレンチーが再び説得を試みるのだが暴走してしまったため、結局催眠弾を使って捕獲する。

追悼

ハイジャックされた飛行機は結局そのまま墜落し、乗客は全員死亡してしまう。

 

現場に到着するホームランダーとメイヴ。

 

ホームランダーは現場の中継テレビの取材の受け、自分たちが軍隊加入すればこうはならなかった、自分たちにはもっとできることがあると偽りの悲しい表情で訴えるのだった。

『ザ・ボーイズ』第4話の感想・まとめ

© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

いやー、ホームランダーのクズっぷりが胸糞悪いです!

 

メイヴが言った通り一人一人運べば飛行機の乗客全員助けられましたよね。

 

高速移動もできるのに面倒臭いからと言って全員死なせてしまうのは流石にひどすぎる。

 

しかもメディアの前では善人ぶるからたちが悪い。

 

メイヴは一応普通の感情を持っているように感じますが、結局ホームランダーには逆らえない。絶対的権力のある男性に意見を言えない女性のようですね。

 

また二人の過去の関係性にも気になるところです。

 

あと、ディープはネタ要員なんでしょうか(笑)

 

彼がやることはことごとく空回りしている気がします。

 

助けようとしたイルカがミンチにされてしまう展開は流石に笑っちゃいましたが。

 

報道されてTV越しに映る、イルカの残骸に佇むディープの姿の虚しいことと言ったら。

 

そして日本人キャストの福原かれんがついに登場しましたね。

 

謎の女としてまだ素性は明らかではないですが、彼女はボーイズ側の特殊能力枠として活躍しそうです。

余談ですが、福原さん登場シーンでTVから日本語の歌が聞こえるなと思ってよく聞いてみたら、ボイメンことBOYS AND MENの曲「帆を上げろ!」のPVがテレビで流れていました。

 

 

なんか嬉しかったです。

 

見ているとヒーローたちは、ヴォート社に良いように利用されているだけにも見えてくるんですよね。

 

ヒーローたちには普通の感覚というのが欠如している感じがして、それも原因があるように感じます。

 

腐ったヒーローたちの中でアニーが変えらるのかというのも気になるところです。

 

第5話はこちらから。

 

『ザ・ボーイズ』はAmazonプライム会員がみることができます。

 

Amazonの速達サービスを使える上、映画も見放題のお得なサービスです。

30日間の無料体験も設けていて、気に入らなければ解約すれば一切お金はかかりません。

 

今すぐAmazonプライム会員になる