ディズニー

【名前や年齢は?】ディズニープリンセスの映画を一覧で徹底解説!

DISNEY Princess
ディズニープリンセスって可愛いよね。今までのディズニー映画でプリンセスってどれくらいいるのかな。

こんな疑問を紹介します。

ディズニープリンセスといえば、きれいで落ち着いていておしとやかなイメージがあると思いますが、そうとも限らないんですよ。

本記事では、ディズニープリンセスたちの名前や登場する作品・年齢まで詳しく解説します。

ディズニー映画の中でも魅力あふれるキャラクターが多いディズニープリンセス。

ディズー見るならDisney+ (ディズニープラス)が最強。

今ならDisney+ (ディズニープラス)が31日間も無料体験できます。いつ終わるか分からないキャンペーンなのでお早めにどうぞ。

\ 登録・解約も簡単 /

※31日間以内に解約する場合、一切お金はかかりません

ディズニープリンセスとは

Disney Princess_02

ディズニー映画に登場するディズニープリンセスですが、一体どういう定義があるのでしょうか。 

ディズニープリンセスの定義

ディズニープリンセスとは、基本的にはディズニー作品に登場する王女を指しています。

  • 王家の出身である王女
  • 王子のもとに嫁いだ妃(きさき)

プリンセスという言葉通り、基本的には上記のパターンがプリンセスとなっています。

しかし、上記のように王女ではなくてもディズニープリンセスとして紹介されるキャラクターもいるんです。

まめもやし
まめもやし
というのも、最初から「ディズニープリンセス」として設定されたのではなく、ディズニーがビジネス展開を目的にまとめたくくりのようなものなんですよね。

ディズニーストアやディズニーランドで見られる商品展開やイベントなどをイメージすれば分かりやすいと思います。

ディズニープリンセスは15人

Disney Princess

現在、ディズニーアニメーション映画に登場するディズニープリンセスは15人います。

この人数も実は公式とは異なるのですが、2018年のディズニー映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』にプリンセスとして登場する15人をここではディズニープリンセスとして紹介しますね。

つづいて、それぞれのディズニープリンセスを紹介していきます。

ディズニープリンセスの名前と作品名

それぞれのディズニープリンセスの名前と登場したディズニー作品を紹介します。

プリンセス名/作品名
snowwhite白雪姫『白雪姫』
Cinderellaシンデレラ『シンデレラ』
Auroraオーロラ姫『眠れる森の美女』
Arielアリエル『リトル・マーメイド』
Belleベル『美女と野獣』
Jasmineジャスミン『アラジン』
Pocahontasポカホンタス『ポカホンタス』
Tianaティアナ『プリンセスと魔法のキス』
Mulanムーラン『ムーラン』
Rapunzelラプンツェル『塔の上のラプンツェル』
Meridaメリダ『メリダとおそろしの森』
Anaアナ『アナと雪の女王』
Elsaエルサ『アナと雪の女王』
Moanaモアナ『モアナと伝説の海』
Vanellopeヴァネロペ『シュガー・ラッシュ』

次の項目ではそれぞれのプリンセスについて深堀りしていきます。

ディズニープリンセス①:白雪姫

snowwhite

ディズニープリンセス1人目は、白雪姫です。

ディズニー初のプリンセス

白雪姫はディズニー初のプリンセスであり、登場した映画『白雪姫』は世界初の長編アニメーション映画でもあります。

グリム童話の『白雪姫』が原作で、1937年に製作された『白雪姫』は後のアニメーション映画に大きな影響を与えた作品でもあります。

あの手塚治虫ですら「映画館で50回は観た」と語るほどの影響力です。

『白雪姫』のあらすじ

美しい容姿ときれいな心を持つ王女、白雪姫は、その美しさから母親である女王にねたまれ、暗殺を企てられてしまいます。

森へ逃げた白雪姫は、7人のこびとたちと出会い、楽しく暮らしますが、魔女に変身した女王に毒リンゴを食べさせられて、深い眠りに入ってしまいます…。

ディズニープリンセス②:シンデレラ

Cinderella

ディズニープリンセス2人目は、シンデレラです。

ガラスの靴をはいたプリンセス

シンデレラは、1950年の映画『シンデレラ』に登場するディズニープリンセスです。

フランスの詩人、シャルル・ペローの童話『シンデレラ』が原作で、「逆境にある少女の物語」を描いています。

ブロンドの髪に青い目をしたシンデレラはディズニープリンセスの中でも一番有名なプリンセスではないですかね。

無名の女性があるきっかけで一躍有名になる話を「シンデレラストーリー」と言ったりしますが、このシンデレラがもとになっています。

ウォルト・ディズニーは第二次世界大戦の影響もあって、『シンデレラ』の構想に27年も費やしたと言われています。

『シンデレラ』のあらすじ

明るくて気品のある美しいシンデレラは、幼い頃に両親を亡くし、まま母のトレメイン夫人とその2人の連れ子にメイドとして従事しています。

それでもいつか幸せになれると信じて働くシンデレラに気付いた妖精のおばあさんは、魔法で彼女をドレスアップさせ舞踏会へ送り出すのでした…。

ディズニー実写映画『シンデレラ』のシンデレラ

Cinderella-Lily James

2015年には実写映画『シンデレラ』が公開され、主演のシンデレラ役にはイギリス人女優のリリー・ジェームズが抜擢されました。

ディズニー実写映画『イントゥ・ザ・ウッズ』のシンデレラ

Cinderella-Anna Kendrick

「おとぎ話のその後」を描いた2014年のディズニー実写映画『イントゥ・ザ・ウッズ』では、シンデレラも登場します。

演じたのは、アメリカ人女優アナ・ケンドリックです。

ディズニープリンセス③:オーロラ姫

Aurora

ディズニープリンセス3人目は、オーロラ姫です。

魔法と呪いをかけられたディズニープリンセス

オーロラ姫は、1959年の映画『眠れる森の美女』に登場するディズニープリンセスです。

シャルル・ペローによる童話『眠れる森の美女』が原作で、オーロラ姫は金髪の巻き髪とバラのように赤い唇が特徴

生前のウォルト・ディズニーが関わった童話原作としては最後の作品でもあります。

本作は6年の歳月と600万ドルの費用、300人のアニメーター、セル画数100万枚というディズニー映画史上最も贅沢で豪華な作品なんです。

しかし、興行収入的には振るわず、ウォルトがディズニーランド建設に尽力していて本作に注力できなかったことが原因ではないかとも言われています。

『眠れる森の美女』のあらすじ

邪悪な魔女のマレフィセントから呪いをかけられ、それを避けようとした両親によって、城から遠く離れた場所で3人の優しい妖精に育てられたオーロラ姫。

彼女は「ブライア・ローズ」という名前で本当の身分を知らずにひっそりと暮らしている…。

ディズニー実写映画『マレフィセント』のオーロラ姫

Aurora-Elle Fanning

2014年にはディズニー映画『マレフィセント』が公開され、オーロラ姫役にはアメリカ人女優エル・ファニングが抜擢されました。

ちなみに映画タイトルでもある魔女のマレフィセント役にはアンジェリーナ・ジョリーが配役されています。

ディズニープリンセス④:アリエル

Ariel

ディズニープリンセス4人目は、アリエルです。

人魚姫のディズニープリンセス

アリエルは1989年の映画『リトル・マーメイド』に登場するディズニープリンセスです。

デンマークの童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの『人魚姫』が原作で、波打つ赤髪とエメラルドグリーンの尾ひれがアリエルの特徴。

ディズニープリンセスとしては『眠れる森の美女』のオーロラ姫以来の30年ぶりの登場となります。

一時期、業績不振だったディズニーアニメーションが活気を取り戻したディズニー第二黄金期(ディズニー・ルネサンス)の原点とも言われています。

『リトル・マーメイド』のあらすじ

海の王国アトランティカを治める王、トリトンの末娘で、美しい容姿と歌声を持つアリエルは人間の世界に憧れをいだき、人間の王子、エリックに恋をする。

人間になりたい一心から海の魔女アースラと取引をしてしまい、彼女の策略にはまってしまう…。

ディズニープリンセス⑤:ベル

Belle

ディズニープリンセス5人目は、ベルです。

野獣に恋をしたディズニープリンセス

ベルは1991年の映画『美女と野獣』に登場するディズニープリンセスです。

フランスの民話『美女と野獣』が原作で、ベルは読書と空想が好きで夢見がちな性分から変わり者とされています。

アニメーション映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品であり、ディズニー第二黄金期の成功例とも言われています。

『美女と野獣』のあらすじ

フランスの小さな町に住む美しい娘ベルは読書と空想好きで、ロマンスや冒険を日頃から夢見ています。

森の奥の城に住む王子は、わがままで不親切なことが原因で魔女見た目を野獣にさせられてしまいます。

城を訪れたベルは身勝手で礼儀知らずの野獣に困りつつ、彼の奥に秘めた優しさを見出し、野獣もベルの優しさに触れて次第に惹かれ合っていきます…。

ディズニー実写映画『美女と野獣』のベル

Belle-Emma Watson

2017年にはディズニー実写映画『美女と野獣』が公開されました。

主演のディズニープリンセス、ベル役にはイギリス人女優エマ・ワトソンが抜擢されました。

ディズニープリンセス⑥:ジャスミン

Jasmine

ディズニープリンセス6人目は、ジャスミンです。

主人公ではないディズニープリンセス

ジャスミンは1992年の映画『アラジン』に登場するディズニープリンセスです。

イスラム世界の説話『千夜一夜物語(アラビアンナイト)』で一番有名な物語『アラジンと魔法のランプ』が原作で、ジャスミンは豊かな黒髪と大きな瞳を持つ王女です。

これまでのディズニープリンセスはすべて作品の主人公となっていましたが、ジャスミンは初めてディズニープリンセスで主人公ではないのです。

アメリカでは公開翌年にビデオ販売数年間1位に、日本でもセルビデオで出荷数歴代1位になった大ヒット映画です。

『アラジン』のあらすじ

貧しくも清らかな心を持ち、人生を変えたいと願っている青年アラジンは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと出会い、互いに惹かれ合う。

一方でアラジンは“3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニーとの出会いをきっかけに、王国の支配を企むジェファーの策略にはまっていく…。

ディズニー実写映画『アラジン』のジャスミン

Jasmine-Naomi Scott

2019年にはディズニー実写映画『アラジン』が公開されました。

ディズニープリンセス、ジャスミン役にはイギリス人女優のナオミ・スコットが抜擢されました。

また、主演のアラジンにはエジプト生まれカナダ育ちのメナ・マスード、ランプの魔人ジーニー役にはウィル・スミスが配役されています。

Aladdin
【ネタバレ感想】ディズニー実写映画『アラジン』はウィル・スミスの魅力が溢れたお手本作品今回ご紹介するのは、ディズニー実写映画『アラジン』の感想記事です。ジャスミン役の美しさと青いウィル・スミスがかなり印象的ですが、実写映画のお手本となる良作でした。...

ディズニープリンセス⑦:ポカホンタス

Pocahontas

ディズニープリンセス7人目は、ポカホンタスです。

ネイティブアメリカンのディズニープリンセス

ポカホンタスは1995年の映画『ポカホンタス』に登場するディズニープリンセスです。

ディズニーアニメーションの歴史で初めて実在の人物を描いた本作は、ネイティブアメリカンとイギリス人という異種間の恋愛を描いた異例の作品なんです。

これまでのディズニープリンセスの王道のハッピーエンドとは異なり、後のプリンセス像にも影響を与えた作品でもあります。

『ポカホンタス』のあらすじ

ジョン・スミスをのせた船は金を探しに新大陸へと出港します。

目的地には、先住民のパウアタン族が平和に暮らしており、首長の娘ポカホンタスは入港する船を発見。

警戒する二人でしたが、しだいに打ち解け合い、通じるはずのない言葉を心で理解し合い、一瞬にして恋に落ちる二人でしたが、互いが敵同士となる戦いが迫っていました…。

pocahontas_01
【ネタバレ感想】実話ベースの『ポカホンタス』はプリンセス像に影響を与えた映画今回ご紹介するのはディズニー映画『ポカホンタス』です。知名度はそれほど高くありませんが、ディズニーアニメーションの歴史でも重要な位置づけとなっている本作。後のディズニープリンセス像に大きな影響を与えたと言われています。さまざまな意味で注目すべき点がいくつもありました。...

ディズニープリンセス⑧:ムーラン

Mulan

ディズニープリンセス8人目は、ムーランです。

男装して戦いに挑んだディズニープリンセス

ムーランは1998年の映画『ムーラン』に登場するディズニープリンセスです。

中国の伝統的な古典演劇の一つである戯曲「花木蘭」に基づいたストーリーで、ディズニープリンセスで初めてのアジア人という位置づけになっています。

黒髪と切れ長の目が特徴的なムーランは、男勝りで正義感にあふれた女性です。

ムーランは王家出身でも、王子と結婚するわけでもないのでプリンセスという定義からは外れますが、ディズニープリンセスの一員となっています。

『ムーラン』のあらすじ

家族想いで美しい娘、ムーランは怪我した父親の代わりに髪の毛を切り、男装して軍隊へと出兵します。

厳しい訓練を乗り越えたムーランは、家の名誉のために戦場で戦いに挑んでいきます…。

ディズニー実写映画『ムーラン』のムーラン

Mulan-Liu Yifei

2020年にはディズニー実写映画『ムーラン』が公開されます。

主演のムーラン役には中国人女優のリウ・イーフェイが抜擢されました。

ディズニープリンセス⑨:ティアナ

Tiana

ディズニープリンセス9人目は、ティアナです。

カエルになったディズニープリンセス

ディアナは2009年の映画『プリンセスと魔法のキス』に登場するディズニープリンセスです。

アメリカの作家、E.D.ベイカーの『カエルになったお姫様』とグリム童話の『かえるの王さま』を基にしていて、ディズニープリンセスで初めて黒人がプリンセスとなっている作品でもあります。

『プリンセスと魔法のキス』のあらすじ

料理上手のティアナは父親との夢だった自分のレストランを開くため、ひたむきに働いています。

ある日、調理人として参加したパーティでカエルの姿をしたナヴィーン王子と出会い、彼を人間の姿に戻すためにキスをしますが、ティアナまでもカエルの姿になってしまいます。

衝突する二人は、魔法を解くことができるママ・オーディのもとへ向かいます…。

ディズニープリンセス⑩:ラプンツェル

Rapunzel

ディズニープリンセス10人目は、ラプンツェルです。

21メートルの髪の毛を持つディズニープリンセス

ラプンツェルは、2010年の映画『塔の上のラプンツェル』に登場するディズニープリンセスです。

グリム童話の『髪長姫(ラプンツェル)』が原作で、ラプンツェルは70フィート(21メートル)もの長い髪を持っています。

ディズニープリンセスで初めて3DCGで描かれた本作は、ディズニー・アニメーション・スタジオ50番目の節目となる作品で、2.6億ドルという巨額の制作費をかけて作られた作品なんです。

巨額な制作費のウラには、ラプンツェルの長い髪を表現するためのアニメーションの開発費が大きく関わっています。

『塔の上のラプンツェル』のあらすじ

ラプンツェルの髪の毛には、どんなケガや病気も治せる金色の花の力を秘めていました。

それを知ったゴーテルはラプンツェルを連れ出し、自分の娘として城から離れた塔で育てます。

城から王冠を盗んで塔にやってきたフリン・ライダーと出会ったラプンツェルは、塔から見える明かりの元へ、初めて塔から出て連れて行ってもらうのですが…。

ディズニー実写映画『イントゥ・ザ・ウッズ』のラプンツェル

Rapunzel-Mackenzie Mauzy

「おとぎ話のその後」を描いた2014年のディズニー実写映画『イントゥ・ザ・ウッズ』では、ラプンツェルも登場します。

演じたのは、アメリカ人女優のマッケンジー・マウジーです。

ディズニープリンセス⑪:メリダ

Merida

ディズニープリンセス11人目は、メリダです。

赤巻髪のディズニープリンセス

メリダは2012年の映画『メリダとおそろしの森』に登場するディズニープリンセスです。

ディズニープリンセスで初めて基となる原作がないオリジナル作品であり、ピクサー映画で初の女性主人公でディズニープリンセスの作品なんです。

さらには、これまでのディズニープリンセスのようなラブストーリーがなく、サラサラのストレート髪だったプリンセスたちと異なり、赤毛のカール髪というというのも大きな特徴です。

『メリダとおそろしの森』のあらすじ

立派な王女になるために王妃に厳しく育てられた王女のメリダは、自分の結婚相手を勝手に決められたことに腹をたて、城を出ていきます。

魔女に出会った彼女は王妃を変えてほしいと頼み、渡されたケーキを食べさせると王妃が熊に変わってしまうのでした。

メリダの「裂かれた絆」を取り戻す冒険が始まります…。

ディズニープリンセス⑫・⑬:アナ・エルサ

Ana
Elsa

ディズニープリンセス12人目・13人目は、アナとエルサです。

元気で活発な赤毛のディズニープリンセス

アナは2013年の映画『アナと雪の女王』に登場するディズニープリンセスです。

デンマークの童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの『雪の女王』から隠避レーションを受けた本作は、ディズニー初のダブルヒロインの物語。

アレンデール王国第二王女のアナは、そばかすと赤毛が特徴の明るく勇敢な女性です。

雪や氷の魔法が使えるディズニープリンセス

エルサはアナ同様に『アナと雪の女王』に登場するディズニープリンセスです。

アレンデール王国第一王女のエルサは、生まれながらに雪や氷を作り出す魔法の力を持っています。

真面目で落ち着いた性格のエルサは、プラチナブロンド色の髪の毛と青い瞳が特徴です。

『アナと雪の女王』のあらすじ

美しきアレンデール王国の女王で姉妹であるエルサとアナ。

しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまいます。

行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていく…。

【ネタバレ考察】『アナ雪2』エルサを呼ぶ声の正体とは・・・今回ご紹介する映画は『アナと雪の女王2』です。 日本の歴代興行収入ランキングで3位となる大ヒットを遂げた『アナ雪』の続編となる本作。...

ディズニープリンセス⑭:モアナ

Moana

ディズニープリンセス14人目は、モアナです。

海を愛し、海に愛されたディズニープリンセス

モアナは2016年の映画『モアナと伝説の海』に登場するディズニープリンセスです。

ポリネシア神話のマウイ(ハワイ神話)をもとに作られたオリジナルストーリーで、王子様も登場しない上に物語も世界を救う冒険の話なんです。

さらには劇中で「私はプリンセスじゃない、族長の娘だよ」と明言するほどあっけらかんとプリンセスを否定していたりします。

『モアナと伝説の海』のあらすじ

海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定します。

モアナは愛する者たちを救うため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して再び平和な世界を取り戻す冒険へ出発します。

その道中、伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にするのでした…。

ディズニープリンセス⑮:ヴァネロペ

Vanellope

ディズニープリンセス15人目(特別枠)はヴァネロペです。

毒舌家でレーサーのディズニープリンセス

ヴァネロペは2012年の映画『シュガー・ラッシュ』に登場するディズニープリンセスです。

ヴァネロペはディズニー映画の中のゲーム「シュガー・ラッシュ」内のキャラクターで、不具合をもつキャラクターとしてゲームの世界で敬遠されていた彼女が実はその国の王女であることが分かるのでした。

見た目は少女でも小生意気で毒舌家な彼女はレースの才能にあふれた自由な女性です。

『シュガー・ラッシュ』のあらすじ

閉店後のゲームセンター。ゲームの中で長年悪役を演じてきたラルフは、嫌気がさし、自分のゲームを飛び出してしまいます。

彼はお菓子の国のレース・ゲーム「シュガー・ラッシュ」に行き着き、仲間はずれの少女ヴァネロペと出会い、友情を深めていきます。

しかし、ラルフの脱走はゲーム世界にパニックを引き起こすことに…。

【ネタバレ考察】『シュガーラッシュ』はラルフの悪役としての姿に注目映画『シュガー・ラッシュ』を紹介します。ディズニーがゲームの中のキャラに命を吹き込んだ本作は、熱い友情と自分の役割を考えさせられる上質なストーリーになっていました。...
映画『シュガーラッシュ2オンライン』はつまらない?ラルフとヴァネロペの決断とプリンセスたち   今回ご紹介する映画は『シュガー・ラッシュ:オンライン』です。 ディズニーのヒット映画『シュガー・ラッシュ』の続編です...

ディズニープリンセスたちの年齢

つづいて、ディズニープリンセスたちの年齢について紹介します。

ディズニープリンセスたちの年齢についてはさまざまな意見がありますが、ここでは一つの参考事例をご紹介します。

アメリカのウェブサイト「Reddit」が公開した情報によると、ディズニープリンセスたちの年齢は上記のようになっています。

プリンセス 年齢
白雪姫 14歳
シンデレラ 19歳
オーロラ姫 16歳
アリエル 16歳
ベル 17歳
ジャスミン 15歳
ポカホンタス 18歳
ムーラン 16歳
ティアナ 19歳
ラプンツェル 18歳
メリダ 16歳
アナ 21歳
エルサ 24歳
モアナ 16歳
ヴァネロペ 9歳

どのプリンセスも大人びているので意外に感じますが、圧倒的に10代が多いことが分かります。最年長はエルサで24歳ですね。

あくまで一つの指標として参考にしてみてください。

ディズニープリンセスは美しい

歴代のディズニープリンセスの名前や登場する作品を紹介してきました。

一覧でまとめておきます。

  1. 白雪姫
  2. シンデレラ
  3. オーロラ姫
  4. アリエル
  5. ベル
  6. ジャスミン
  7. ポカホンタス
  8. ムーラン
  9. ティアナ
  10. ラプンツェル
  11. メリダ
  12. アナ
  13. エルサ
  14. モアナ
  15. ヴァネロペ

ディズニープリンセスは、それぞれ個性にあふれた魅力あふれるキャラクターです。

ぜひ、気になったディズニープリンセス映画をみてみてください。

今ならDisney+ (ディズニープラス)が無料体験できます。いつ終わるか分からないキャンペーンなのでお早めにどうぞ。

\ 登録・解約も簡単 /

※31日間以内に解約する場合、一切お金はかかりません

関連記事【裏技】U-NEXTの31日間無料トライアルを2回目3回目と利用する方法

人気記事【2020年最新】VODサービスの選び方まとめ【これで解決】