恋愛

【ネタバレ感想】映画『劇場』は又吉直樹原作の小説とは違うラストに感動

劇場

今回ご紹介するのは映画『劇場』です。

又吉直樹原作の恋愛小説を行定勲監督が映画化した本作。

主演には山﨑賢人と松岡茉優。

 

自分と重なる部分も多く、恋愛映画というジャンルで言えば近年で一番好きな作品になりました。

同時に、原作を含め共感できるかできないかで感想が大きく変わる映画だとも感じます。

 

※公開延期となってしまったので、ネタバレ記事は時期に合わせて公開する予定です。

映画『劇場』の作品情報とあらすじ

作品情報

原題劇場 
監督行定勲
原作原作:『劇場』 又吉直樹
出演山﨑賢人
松岡茉優
製作国日本
製作年2020年 
上映時間136分
おすすめ度(4.5点/5点)

 

あらすじ

友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を務める永田(山崎賢人)は、前衛的な作風もあって上演ごとに酷評され客足も伸びず、劇団も解散状態で孤独を感じていた。

彼はある日、自分と同じスニーカーを履いていた沙希(松岡茉優)に思わず声をかける。

戸惑いながらも永田を放っておけない沙希は一緒に喫茶店に入る。

そこから二人の恋は始まり、付き合うことになったのだが、お金のない永田は沙希の部屋で一緒に暮らし始める。

 映画『劇場』のスタッフ・キャスト

スタッフ

監督:行定勲
原作:又吉直樹
脚本:蓬莱竜太
音楽:曽我部恵一

監督は『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』などで知られる行定勲監督。

本作では、男女の恋愛のどうしようもなさを巧みに映像化していました。

created by Rinker
東映ビデオ

原作はお笑い芸人であり、芥川賞作家でもある又吉直樹。

芥川賞を受賞した『火花』が有名ですが、『劇場』はそれ以前から書いていた作品とのこと。

彼は「恋愛というものの構造がほとんど理解できていない人間が書いた恋愛小説です」と自らを表現しています。

作中でも確かにと思うところもあれば、恋愛を理解できていないとは思えないほど客観的な表現には驚かされました。

脚本には劇団の作・演出も手掛ける蓬莱竜太が参加しています。劇団出身の彼が加わることで、一層リアルな空気感が加わりラストの展開も小説とは違った魅力をもたらしていました。

キャスト

山﨑賢人:永田

松岡茉優:沙希

寛一郎:野原

伊藤沙莉:青山

井口理:小峰

浅香航大:田所

主演は勢いのある若手俳優、山﨑賢人と松岡茉優。

山﨑賢人はマンガを実写化した作品に多く出演している印象が強い。

個人的には『キングダム』 も見事に演じきっていましたが、本作がキャリアのベストアクトだったように感じます。

これまでの印象とはガラリと変わったどうしようもないダメ男を上手く演じていました。

 

松岡茉優に関しては安定の演技力で、主演もできるし脇役でも素晴らしい存在感を見せる若手ホープの女優。

今回も例にもれず、永田という演劇に囚われた男を支える健気さと、儚さを難しい役どころながら演じきっていました。

伊藤沙莉が役柄にピッタリハマっていました。

【ネタバレなし】芸術・芸能・文化特有の道

劇場_01©2020「劇場」製作委員会

本作、いい表現なのかは分かりませんが、「下北沢界隈」の人は突き刺さるものがあると思います。

役者、ミュージシャン、芸人、アーティスト。それぞれ夢を持って日々生きている。

成功できるのは一握りで、その夢のほとんどが埋もれていきます。

スポーツ選手などとは違って、明確な目標設定が見えづらい芸の世界。

前作『火花』では売れない芸人、『劇場』では売れない演劇家という彼が芸人だからこそ見えてきた、そして通ってきた道を見ているかのようでした。

その中で、自尊心、嫉妬、焦り、そして恋愛。それらをひっくるめて又吉氏は「どうしようもなさ」と表現しています。

まさにその言葉がピッタリと当てはまり、界隈の人にはとても苦しくなるほど突き刺さり、そうでない人は淡々と見れてしまう。

 

ダメ男とそれを甘やかしてしまう女と表現してしまうのは簡単ですが、そこには一言では片付けられない複雑な感情が内包されていました。

【ネタバレ感想】

※以下、映画のネタバレに触れていますのでご注意してください。

当初4月17日公開だったのですが、コロナウイルスの影響で公開延期となってしまったので、詳しい感想は後日公開させていただきます。