国内ドラマ

【ネタバレ感想】秋元真夏『Perfect I』乃木坂シネマズ第2話

 

乃木坂46のファンなら見逃せない番組が始まりました。

 

その名は『乃木坂シネマズ』。

 

フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」にて配信中の、10人の乃木坂46メンバーがそれぞれ1話ずつ主演を務める全10話のオムニバスドラマです。

 

2020年1月21日よりフジテレビで地上波放送も決定しました。

『乃木坂シネマズ』とは?

乃木坂46の人気メンバー10人が、それぞれ1話ずつ主演を務める全10話のオムニバスドラマです。

 

それぞれのストーリーを国内外で活躍する気鋭の映像クリエイター10人の監督が手掛けます。

アクション、SF、恋愛、コメディー、ファンタジーなど、多彩なジャンルのドラマに乃木坂46のメンバーが挑戦します。

 

乃木坂シネマズをノーカット版で全話見られるのはFODだけです。

 

今なら2週間無料の見放題プランがあるのでその間に観てしまえば完全無料ですよ。

 

第2話『Perfect I』は秋元真夏×松本優作監督

出典:https://www.fujitv.co.jp/nogizakacinemas/

乃木坂シネマズ第2話の主役は、「まなったん」こと秋元真夏です。

 

 

第2話を担当するのは、1992年生まれの若き監督、松本優作

 

23歳の時に撮影した映画『Noise ノイズ』で長編デビューし、海外メディアからも称賛されました。

 

今後の活躍が期待される若い才能ある監督ですね。

第2話『Perfect I/パーフェクトアイ』のあらすじとキャスト

『Perfect I/パーフェクトアイ』あらすじ

2040年、テクノロジーの発達した東京。
黒縁メガネで地味な恰好の内気な大学生・夏海(秋元真夏)は、友人の由佳に誘われてクラブへと向かう。そこで、明るい青年・拓也と出会う。
夏海は拓也からバーチャルリアリティーゲーム「Perfect I」を勧められ、怪しい錠剤を口にしてしまう。
「Perfect I」の中で理想の自分を手に入れ、ゲーム内では打って変わって積極的になっていった夏海は、次第に現実と仮想空間の境目が曖昧になっていく…。
(公式HPより引用)

キャスト

  • 秋元真夏
    夏海:地味な大学生
  • 比嘉梨乃
    由佳:夏海の大学の友人
  • 田中俊介
    拓也:クラブで夏海をパーフェクトIに誘う

【第2話ネタバレ感想】秋元真夏が黒人マッチョに?

出典:https://www.fujitv.co.jp/nogizakacinemas/

舞台は2040年の東京。

 

世界観は『ブレードランナー』で内容は『レディ・プレイヤー・ワン』のような感じ。

 

 

パーフェクトIという仮想現実のゲームにハマる中で、現実と仮想現実の区別がつかなくなるという、まぁ近年多く見られるストーリー。

 

個人的にはNETFLIXのオリジナルドラマ『ブラック・ミラー』シーズン3の「拡張現実ゲーム」を思い出しました。

 

正直言って、『ブラック・ミラー』の方が断然面白いです。

 

https://movie-architecture.com/blackmirror

 

正直今回の内容を20分程度の長さでやるには少し無理がある内容だったように感じます。

『Perfect I/パーフェクトアイ』の考察

正直、良く分からない部分が多すぎました。

イマイチしっくり来ていませんが、考察してみます。

 

クラブで知り合った拓也からパーフェクトIを勧められて始める夏海。

青い錠剤は「ナノマシーンという機械が脳の神経に直でアクセスする」と拓也は話します。

 

初めてのパーフェクトIを終えた後、気が付くと突然、授業の場面になります。

教授らしき男性が言っていることにヒントを感じました。

 

彼は「2045年には人工知能と人間の逆転が起きる、人工知能が意識をもつ」と話しています。

 

つまり、青い錠剤のナノマシーンを飲んだことで、夏海の脳に勝手にアクセスし、パーフェクトIの黒人が夏海の体を乗っ取ったのではないか。

 

じゃあスーツを来た夏海と黒人のシーンは何なのか。

 

黒人は夏海本人の意識であり、スーツを着た夏海はパーフェクトIの黒人の意識だと考えます。

 

そう考えるとあのシーンは、夏海の脳内で起きているのではないでしょうか。

黒人はスーツを来た夏海に殺されてしまいます。

 

つまり、パーフェクトIの人格が夏海本人の意識を殺したのです。

そのシーンの後、夏海は自信に溢れた姿となっています。

 

もう一点考えられるのは、夏海が最初の時点ですでにパーフェクトIをやったことがあるということ。

 

そう考えると、SNSを知らぬ間にやっていたり、パーフェクトIで銃の使い方を知らないのに拓也を助けられたことにも繋がります。

 

冒頭とラストで、パーフェクトIのCMをボーッと眺める夏海の姿がありましたが、あれは人工知能が意識を持ち始めて夏海の意識を侵食しつつあることを描いているのではと考えました。

 

ただ、それにしても「あの世界で禁止されていること」についてがよく分かりません。

 

分かる情報として、拓也から夏海、夏海から拓也という2回描写があること。

そしてその後、2人とも笑みを浮かべている。

 

「何かエロいワードでも言ったのかな」と思いましたが、あまりしっくりきませんね。

 

あとは、拓也も人工知能に支配されていて、人工知能にしか分からない言葉を言ったとか。

まぁそれにしても20分では伝わらないことが多すぎましたね。

 

演技面でいうと、安っぽい感じがしたのは残念でした。

特に夏海と黒人のバトルシーンで、周りの人たちの演技がヒドかったですね。

【まとめ】秋元真夏のメガネ姿に萌える

第2話は、現実と仮想現実が入り乱れるSF作品でした。

 

まなったんに関しては、メガネ姿も可愛いし、最後のカメラ目線の顔もよかったです。

 

第3話は、「さゆりんご」こと松村沙友理です。

松村沙友理3
【ネタバレ感想】松村沙友理『超魔空騎士アルカディアス』乃木坂シネマズ第3話   乃木坂46のファンなら見逃せない番組が始まりました。 その名は『乃木坂シネマズ』。 フジテレビが運営する動画配...

 

乃木坂シネマズをノーカット版で全話見られるのはFODだけです。

今なら2週間無料の見放題プランがあるのでその間に観てしまえば完全無料ですよ。