海外ドラマ

アメコミが原作のAmazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』が面白い【シーズン2やキャストも】

今回ご紹介するのは、海外ドラマ『ザ・ボーイズ』です。

 

Amazonオリジナルのドラマ作品であり、最近かなり話題となっています。

 

その面白さは、有吉弘行もラジオで熱弁するほど。

 

Amazonプライム会員なのに『ザ・ボーイズ』を観ていない方、もったいないですよ。

 

ヒーローを題材としていながら他と違った切り口で展開されるストーリーは必見です。

 

  • Amazonオリジナルドラマ『ザ・ボーイズ』とは
  • 『ザ・ボーイズ』のあらすじ
  • 『ザ・ボーイズ』のキャスト
  • 『ザ・ボーイズ』の魅力
  • 『ザ・ボーイズ』シーズン1について

 

今すぐAmazonプライム会員になる

Amazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』とは

出典:https://www.imdb.com/

配信からたった2週間でAmazonオリジナルドラマ史上最も多く視聴されたドラマとなった本作。

 

批評サイトIMDBのレビューでも、Amazonオリジナルドラマの中では最高の評価を得ている話題の海外ドラマ作品です。

 

どんな作品かと言うと、ヒーローをテーマにした作品です。

 

「どうせアベンジャーズの二番煎じでしょ?」

 

こう思った方、いい意味で期待を裏切るでしょう。

 

従来のヒーロー作品とは全く異なります。

描かれるのは、悪事を働く悪いヒーローとそれに対抗する一般人という構図。

 

そう、この作品はヒーローが主役ではなく、ヒーローを罰する一般人側が主役であるアンチヒーロー作品なのです

 

これまでのヒーローたちをパロディとしていますが、その裏で描かれるのは現代のアメリカを風刺する描写の数々。

 

そんな挑戦的な描き方ゆえ、残酷描写や性描写などもあり、R18となっています。

 

『ザ・ボーイズ』はAmazonプライム会員がみることができます。

 

Amazonの速達サービスを使える上、映画も見放題のお得なサービスです。

30日間の無料体験も設けていて、気に入らなければ解約すれば一切お金はかかりません。

 

今すぐAmazonプライム会員になる

Amazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』作品情報とあらすじ

作品情報

原題The Boys
出演カール・アーバン
エリザベス・シュー
エリン・モリアーティ
アントニー・スター他
製作国アメリカ
話数8話(シーズン1)
企画エリック・クリプキ
エヴァン・ゴールドバーグ
セス・ローゲン

あらすじ

あらすじ

大企業ヴォート社は特殊能力を持つヒーローを200名以上抱える大企業。

様々な危機にヒーローを派遣して市民を守ると同時にメディアへの露出やグッズなどで収益を得ていた。

ヴォートのヒーローの中でもトップ7のヒーローたちはザ・セブンと呼ばれていた。

電気屋で働く平凡な青年のヒューイは、恋人のロビンを目の前でセブンのメンバーである超高速移動能力を持つAトレインに衝突され、殺されてしまう。

その後のAトレインとヴォート社の誠意のなさに怒りを感じ、その後スーパーヒーローたちの腐敗を憎み戦うブッチャーと出会ったことで、ヒーローへの報復を計画する。

Amazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』のキャスト

『ザ・ボーイズ』には魅力的なキャストが多く登場します。

 

その中でも主要なキャストたちをご紹介します。

ジャック・クエイド

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

(ヒューイ・キャンベル役)

生年月日:1992年4月24日
出身地:アメリカ・ロサンゼルス

 

実は、デニス・クエイドと、メグ・ライアンというビッグカップルの息子なんです。

 

デニス・クエイドの代表的な作品

『僕のワンダフル・ライフ』
『オーロラの彼方へ』

犬の飼い主が全員泣ける映画『僕のワンダフルライフ』は吹き替えが面白い【ネタバレ感想】

 

メグ・ライアンの代表的な作品

『恋人たちの予感』
『めぐり逢えたら』

 

ジャック・クエイドはその他にも『ハンガー・ゲーム』などに出演していました。

カール・アーバン

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

(ウィリアム・”ビリー”・ブッチャー役)

生年月日:1972年6月7日
出身地:ニュージーランド・ウェリントン

『ロード・オブ・ザ・リング』のエオメル役や、『スター・トレック』シリーズに出演していることで有名です。

 

エリン・モリアーティ

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

(アニー・ジャニュアリー/スターライト役)

生年月日:1994年6月24日
出身地:アメリカ・ニューヨーク

 

Netflixの『ジェシカ・ジョーンズ』や映画『ブラッド・ファーザー』『クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅』『キングス・オブ・サマー』などに出演しています。

アントニー・スター

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

(ホームランダー役)

生年月日:1975年10月25日
出身地:ニュージーランド

 

TVドラマ『Banshee/バンシー』や映画『世界最速のインディアン』に出演しています。

チェイス・クロフォード

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

(ディープ役)

生年月日:1985年7月18日
出生地:アメリカ・テキサス

 

『ゴシップ・ガール』のネイト役でよく知られています。

ジェシー・T・アッシャー

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

(Aトレイン役)

生年月日:1992年2月29日
出身地:アメリカ・メリーランド

 

『インデペンデンス・デイ リサージェンス』でウィル・スミスに変わって主演に抜擢されたことで多くに知られました。

ドミニク・マケリゴット

© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

(クイーン・メイヴ役)

生年月日: 1986年3月5日
出身地:アイルランド

TVドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』『月に囚われた男』に出演しています。

エリザベス・シュー

© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

(マデリン・スティルウェル役)

生年月日:1963年10月6日
出身地:アメリカ・デラウェア

 

『ベスト・キッド』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『インビジブル』にも出演しています。

ラズ・アロンソ

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

(MM/マザーズミルク役)

生年月日:1974年3月25日
出身地:アメリカ・ワシントン

 

『アバター 』『ワイルド・スピード MAX』などに出演。

トマー・カポン

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

(フレンチー役)

生年月日:1985年7月15日
出身地:イスラエル

 

イスラエル映画『One Week And A Day』などに出演。

福原かれん

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

(キミコ役)

生年月日:1992年2月10日
出身地:アメリカ・ロサンゼルス

 

『スーサイド・スクワッド』にて日本人暗殺者役で出演。

 

Amazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』の魅力

© 1990-2019 IMDb.com, Inc.

Amazonオリジナルドラマの『ザ・ボーイズ』ですが、従来のヒーロー像とは一線を画している作品になっています。

腐敗したヒーロー像

今作で描かれるのは、マーベルやDCコミックで描かれるような正義のために戦うヒーローたちではなく、悪事とハラスメントにまみれた汚れたヒーローたち。

 

そんなヒーローを倒すべく立ち上がるのが能力を持たない一般人たちなのです。

 

そう、これはアンチヒーロー作品なのです。

社会風刺

アラン・ムーア原作の『ウォッチメン』では、現実世界にヒーローがいたら、そしてそのヒーローたちを誰が監視するのかというこれまでにない概念からヒーロー像とアメリカ社会を描いていました。

 

今作では、#MeToo運動やスパイダーマンMCU脱退騒動などのヒーロービジネス、宗教問題やセクシャルマイノリティなど、近年のアメリカの社会問題を思わせるシーンがいくつもでてきます。

 

それらは一見笑えるように作られているのですが、実際には笑えないようなことが起きている現実を風刺する構造になっていて、ただの娯楽作品には収まらないテーマが感じられました。

Amazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』はアメコミが原作

本作『ザ・ボーイズ』はアメコミが原作となっています。

 

『ヒットマン』『プリーチャー』など数多くの人気作を手がけているガース・エニスと、『Transmetropolitan』ダリック・ロバートソンがタッグを組んでできた『ザ・ボーイズ』。

 

コミックなのですが文字量が多く、アンチヒーロー感が強すぎたこともあり、当初はDC系列で発行されたのですが途中で変更となってしまいます。

 

内容もドラマ以上に攻めた表現をしています(主にはエログロです)。

 

日本の漫画も最近は過激な表現の作品が多かったりするので、意外と日本人にもウケる内容なのかもしれません。

 

それにしても10年以上前の作品にも関わらず現代のアメリカを風刺するような作風になっているのがすごいです。

 

Amazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1

現在視聴できるのは、シーズン1の全8話となっています。

 

全8話というボリューム感もちょうどいいですよね。

話数タイトル監督脚本
第1話"発端"
"The Name of the Game"
ダン・トラクテンバーグエリック・クリプキ

ザ・ボーイス1話ネタバレ感想

第2話
 
"指導"
"Cherry"
マット・シャックマンエリック・クリプキ
ザ・ボーイス2話ネタバレ感想
第3話"収穫"
"Get Some"
Philip SgricciaGeorge Mastras
ザ・ボーイス3話ネタバレ感想
第4話"彼女"
"The Female of the Species"
フレッド・トーイCraig Rosenberg
ザ・ボーイス4話ネタバレ感想
第5話"信念"
"Good for the Soul"
Stefan SchwartzAnne Cofell Saunders
ザ・ボーイス5話ネタバレ感想
第6話"無垢"
"The Innocents"
Jennifer PhangRebecca Sonnenshine
ザ・ボーイス6話ネタバレ感想
第7話"防衛"
"The Self-Preservation Society"
ダン・アティアスCraig Rosenberg & Ellie Monahan
ザ・ボーイス7話ネタバレ感想
第8話"発覚"
"You Found Me"
エリック・クリプキAnne Cofell Saunders & Rebecca Sonnenshine
ザ・ボーイス8話ネタバレ感想

【まとめ】Amazonプライムドラマ『ザ・ボーイズ』は面白い

『ザ・ボーイズ』は宗教、セクシャルマイノリティ、芸能界や格差社会など、ただ笑える内容になっているだけではない、裏にある社会風刺を感じられる作品でした。

 

レーティングもR18となっていて、過激な映像、性描写など妥協のない映像表現をしています。

 

昨今のヒーロー映画がイマイチ乗れないという人にとっても楽しますよ。

 

『ザ・ボーイズ』はAmazonプライム会員がみることができます。

 

Amazonの速達サービスを使える上、映画も見放題のお得なサービスです。

30日間の無料体験も設けていて、気に入らなければ解約すれば一切お金はかかりません。

 

今すぐAmazonプライム会員になる