ザ・ボーイズ

『ザ・ボーイズ』シーズン1第7話「防衛」のネタバレ感想

今回ご紹介するのは、海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1の第7話のネタバレ感想です。

 

R18という成人向けのレーティングながらAmazon史上最多の視聴数として話題となっている本シリーズ。

 

Amazonプライム会員で観ていない方はさすがにいないですよね?

 

ザボーイズってなんだと言う方はこちらの記事をどうぞ。

関連記事アメコミが原作のドラマ『ザ・ボーイズ』のキャストと感想まとめ

 

Amazonで買い物しているのにAmazonプライム会員じゃない方、もったいないですよ。

 

Amazonの速達サービスやセール、映画や音楽、本などのサービスも利用できるお得なサービスです。

 

30日間の無料体験も設けていて、気に入らなければ解約すれば一切お金はかかりません。

今すぐAmazonプライムを体験する

【ネタバレ】第7話「防衛(The Self-Preservation Society)」の展開と結末

© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

※これより下では第7話のネタバレとなっていますのでご注意してください。

過去と現在

8年前のヴォート社クリスマスパーティ。

 

ブッチャーが妻のベッカと話しているとホームランダーが入ってくる。

 

彼女のヴォート社での働きに感心した様子だった。

 

時は現在にもどり、メズナーの裏切りにより、ホームランドはボーイズの素性を知る。

 

そしてブッチャーの姿をみてベッカの夫だと気づくのだった。

 

一方ヒューイとアニーは愛を交わす。

 

アニーはヒューイのことを詳しく知らないことから、金を持って出てった父親とリンクすると話し不安がるが、ヒューイは本当のことは明かさないでいた。

会議

ディープは不祥事のこともあり、地方へ飛ばされることに。

 

セブンは5人となり、その後ホームランダーがセブンを集めて会議を始める。

 

彼は現在のセブンの堕落ぶりに呆れていた。

 

そしてボーイズの存在とヒューイがトランスルーセントを殺したこと、そしてAトレインとの関係も話す。

 

スターライトに対し、知らない間に手を貸していたことを咎めるホームランダーだったが、メイヴが仲裁に入ったことで場が納まる。

発覚

アジトに戻ったヒューイは一味を辞めたいと言い出す。

 

アニーとのことでブッチャーと揉めるが、Aトレインからヒューイを脅す電話がかかり、また他のメンバーの家も荒らされていることが分かる。

 

自宅に戻ったヒューイは父親を人質にされ脅されるが、コンパウンドVをちらつかせAトレインを動揺させるとキミコが不意打ちをかけ、足を負傷させる。

ベッカ

マデリンにベッカのことを聞いてみるホームランダーだったが、彼女は何も知らない様子だった。

 

その後、自分を実験室で育てたヴォーゲルバウム博士の元へ訪れるホームランダーは、彼にベッカについて尋ねる。

 

するとベッカはホームランダーとの間に子供を妊娠しており、異常な早産で赤ん坊が腹を突き破り母子ともに死んでしまったという事実を知るのだった。

ブッチャー

裏切ったことでメズナーを報復しようとするブッチャーは、彼を発見して追い詰めると、行方不明のベッカ探しを手伝うと言い逃れするメズナーを殺害する。

 

ブッチャーはCIAのマロリーからホームランダーとベッカの件を聞き、彼女が報復の協力の手伝いをしてくれたことを思い出していた。

新たな動き

ボーイズの素性がバレてしまったため、逃げ場がなくなり家族も一緒にアジトで生活することになる。

 

そこへCIAがやってきて、ブッチャーの計らいでホームランダーには関与しないことを前提に安全を保証することになるのだった。

 

CIAはブッチャーから得た証拠を元にマデリンの元へ訪れ、ヴォート社の陰謀を糾弾する。

 

しかしその後、スーザンの元へ情報が入り、ナキーブという男が特殊部隊を壊滅させるという事件が起き、能力者のテロリストが出てきたことが判明する。

アニーとヒューイ

アニーに非難され、警察へ連れていかれそうになるヒューイだったが、ヴォート社の陰謀とコンパウンドVによりヒーローは作られたものだと語るのだが、アニーは聞き入れない。

 

その瞬間近くにいたブッチャーが発砲したことでアニーは倒れこむ。

 

ヒューイは謝りながらもブッチャーとともにその場を去って行くのだった。

『ザ・ボーイズ』第7話の感想・まとめ

© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

ホームランダーには子供がいたんですねぇ。

 

母子ともに死んだと話されていましたが、恐らくどちらも生きているでしょうね。

 

また、あの映像を見ただけではホームランダーがレイプしたという決定的な証拠には至らないと感じる部分もあり、まだ何か出てきそうな予感がしました。

 

また、ホームランダーの性格の形成は、彼が実験室で育てられたことによるものでした。

 

育てた博士ですら最大の失敗作と言ってしまう。

 

言ってみれば彼もヴォート社の被害者なんですよね。

 

だからマデリンに対して母性を求めていたんですね。

そう考えるとやはりホームランダーはかなり手強い存在ですね。

 

一方でAトレインは生粋のクズ人間と分かります。ポップクロウを殺したのは自分なのに、何故かヒューイのせいにしようとしたり、Vを乱用して自分の体を壊していきます。

 

クズというより弱い人間という方が正しいかもしれません。

 

アニーはついにヒューイのやっていることを知ってしまいます。

 

アニーとしては自分が信じていたものがことごとく崩れ去っていくのでショックだと思います。

 

それが乗り越えられたら、ボーイズ側の救世主となり得える存在になってくるのでは。

 

そしてエラプレイを見せてくれたディープの今後にも違った意味で期待ですね!

 

次がシーズン1の最終話となるので、一体どんな展開を見せるのか楽しみです。

 

第8話(シーズン1最終話)はこちらから。

『ザ・ボーイズ』シーズン1第8話(最終話)「発覚」のネタバレ感想今回ご紹介するのは、海外ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン1の第8話のネタバレ感想です。 R18という成人向けのレーティングながらAm...

 

『ザ・ボーイズ』はAmazonプライム会員がみることができます。

 

Amazonで買い物しているのにAmazonプライム会員じゃない方、もったいないですよ。

 

Amazonの速達サービスやセール、映画や音楽、本などのサービスも利用できるお得なサービスです。

 

30日間の無料体験も設けていて、気に入らなければ解約すれば一切お金はかかりません。

今すぐAmazonプライムを体験する