ザ・ボーイズ

【ネタバレ感想】『ザ・ボーイズ』シーズン2第4話「この世に類を見ないもの」

theboys-season2-episode4

Amazonオリジナルドラマとして最高の評価と視聴率を記録した『ザ・ボーイズ』

アメコミ原作でヒーローが登場しますが、『アベンジャーズ』とはまったく毛色が違う内容。

本作のテーマはアンチ・ヒーロー

まめもやし
まめもやし
ヒーロー作品なのに、なんとレーティングはR18指定なんです。

腐敗したヒーローたちに立ち向かう一般市民たち「ザ・ボーイズ」の姿が描かれています。

本記事では、『ザ・ボーイズ』シーズン2第話「この世に類を見ないもの」のネタバレ感想を紹介します。

『ザ・ボーイズ』シーズン1を含めた感想は下記の記事をどうぞ。

the_boys
アメコミが原作のドラマ『ザ・ボーイズ』のキャストと感想まとめ今回ご紹介するのは、海外ドラマ『ザ・ボーイズ』です。   Amazonオリジナルのドラマ作品であり、屈指の人気を誇るドラマシリーズです...

『ザ・ボーイズ』シーズン2のキャスト

まずは、エピソードを分かりやすくするために主な登場人物たちを紹介します。

the boys
出典:https://www.imdb.com/
【ザ・ボーイズ】
  • ブッチャー
  • ヒューイ
  • マザーズ・ミルク
  • フレンチー
  • キミコ

ブッチャー(カール・アーバン)

theboys-butcher出典:https://www.imdb.com/

元CIAの工作員で、ザ・ボーイズのリーダー。

シーズン1ネタバレ

ホームランダーに殺されたと思っていた妻のベッカは生きていて、ホームランダーとの間に子どもを産んでいた。

ヒューイ(ジャック・クエイド)

theboys-hughie出典:https://www.imdb.com/

恋人のロビンをAトレインに殺され、示談金による和解を求めたヴォートと謝罪しないAトレインに憤慨する中、ブッチャーに誘われたことでザ・ボーイズの一員となる。

シーズン1ネタバレ

内気だった性格がときには暴走的にもなり、セブンのメンバー、トランスルーセントを爆殺する。

ちなみに、ヒューイ役のジャック・クエイドは俳優のメグ・ライアンとデニス・クエイドの息子。

マザーズ・ミルク(ラズ・アロンソ)

theboys-mm出典:https://www.imdb.com/

以前、ザ・ボーイズのメンバーだったが、ブッチャーの頼みで再び加入する。見た目はイカツイものの中身は一番優しい心をもっている。あだ名はMM。

シーズン1ネタバレ

ザ・ボーイズに復帰したことで、家族を危険にさらし、CIAに家族を匿ってもらうことになる

フレンチー(トメル・カポン)

theboys-frenchie出典:https://www.imdb.com/

MMと同じく、過去にザ・ボーイズのメンバーで、ブッチャーに頼まれて復帰した元殺し屋。

麻薬や武器商人など、犯罪組織との繋がりがあるため情報屋でもある。

シーズン1ネタバレ

キミコに助けられたことで、彼女に思いをよせることになる。

キミコ(福原かれん)

theboys-kimiko出典:https://www.imdb.com/

地下で監禁されていたところをザ・ボーイズに助けられたことでメンバーの一員になる。

超人的な怪力と回復力をもっている。

シーズン1ネタバレ

幼少期にヴォートの作り出したコンパウンドVを投与されたことで超人となった。

the seven
出典:https://www.imdb.com/
【ザ・セブン】
  • ホームランダー
  • スターライト
  • クイーン・メイヴ
  • Aトレイン
  • ブラックノワール
  • ディープ
  • ストームフロント

ホームランダー(アントニー・スター)

theboys-homelander出典:https://www.imdb.com/

セブンのリーダーであり、最強で最恐のヒーロー。

愛国者のヒーローとして世間から絶大な人気を得ているが、実際は冷徹な人間。

気に入らないことがあると力でねじ伏せたり、変態的な一面を持っている。

シーズン1ネタバレ

研究所で育てられたことで、親の愛情を知らないため、異常な執着心を持っている。

心の支えでもあったヴォート社の副社長であるマデリンが自分にウソをついていたことで、彼女を殺してしまう。

ブッチャーの妻ベッカをレイプし、彼女との間に子どもをもうけていた。

スターライト(エリン・モリアーティ)

theboys-starlight出典:https://www.imdb.com/

憧れていたザ・セブンへ加入することができた新米ヒーロー。

電力を操ることができ、強力な衝撃波などを繰り出す脳力をもっている。

シーズン1ネタバレ

善良な心を持っているが、憧れていたセブンでは、ディープからのセクハラ苦しむ。

その後、セクハラを世間に公表しディープをセブンから脱退させる。

悩んでいたころにヒューイと出会い、恋に落ちるが、ヒューイが自分を利用していることが分かり別れてしまう。

クイーン・メイヴ(ドミニク・マケリゴット)

theboys-maeve出典:https://www.imdb.com/

アマゾネス風の出で立ちの白人ヒーロー。

大型トラックに直撃されてもまったく怪我しないほどの強靭な体をもっている。

シーズン1ネタバレ

かつてはスターライトのような正義感をもっていたが、次第にヴォートに染まってしまう。

スターライトをかばうような一面もありつつ、ホームランダーの無慈悲な行動に従うしかない関係。

旧友のエレナとは友達以上の関係がある。

Aトレイン

theboys-atrain出典:https://www.imdb.com/

地上最速の能力をもつヒーロー。

シーズン1ネタバレ

ヒーローへの固執が人一倍強く、能力を高めようとコンパウンドVを乱用したことで薬物中毒となる。

中毒が原因となり、恋人のポップクロウまでも殺害し、自身は心臓発作により倒れてしまう。

ブラックノワール

theboys-blacknoir出典:https://www.imdb.com/

全身を真っ黒なスーツに身を包み、ほとんど発言もしない寡黙なヒーロー。

ナイフを駆使して戦う事が多く、正体については謎に包まれているが、ホームランダーには唯一褒められている。

シーズン1ネタバレ

正体は不明だが、キミコを圧倒するほどの高い戦闘能力を持っている。

また、子どもに対しては優しい一面も持ち合わせている。

ディープ(チェイス・クロフォード)

theboys-deep出典:https://www.imdb.com/

7つの海を支配する自称セブンの2番手を名乗るヒーロー。

自身の腹部にはエラがあり、水中での呼吸も可能。

シーズン1ネタバレ

セブンに加入したスターライトにセクハラをしたことが世間に公表され、謝罪と共にセブンから脱退し、社会的地位を失うことになる。

ストームフロント(アヤ・キャッシュ)

theboys-stormfront出典:https://www.imdb.com/

シーズン1で脱却したトランスルーセントに代わり、シーズン2からセブンに加入したヒーロー。

ホームランダーに並ぶような強靭なスピードや、雷を操る能力をもっている。

【ヴォート社】
  • エドガー
  • マデリン
  • アシュリー

エドガー

theboys-edgar出典:https://www.imdb.com/

ヴォート社の社長。

マデリン

マデリン出典:https://www.imdb.com/

ヴォート社の副社長。

ホームランダーのマネージャーも担当している。テディという赤ちゃんが

シーズン1ネタバレ

ホームランダーに子どもの存在を隠していたことがバレて、彼に殺されてしまう。

アシュリー

theboys-ashley出典:https://www.imdb.com/

ヴォート社の広報担当であり、スターライトの指導係を勤める。

ヒーローのメディア活動などをサポートしていて、シーズン2では副社長の座に就任する。

【CIA】
  • マロリー
  • スーザン

マロリー

theboys-mallory出典:https://www.imdb.com/

ザ・ボーイズの創設者であり、元CIAの副長官。

妻を失い落ち込んでいるブッチャーをザ・ボーイズに勧誘したが、ある事件で孫が焼き殺されてしまい、第一線から退いていた。

スーザン

theboys-susan出典:https://www.imdb.com/

CIAの副長官であり、ブッチャーの元同僚。

ブッチャーの境遇を理解してザ・ボーイズの活動をサポートするが、ヴォート社の脅威に及び腰になる一面もある。

【ネタバレあらすじ】『ザ・ボーイズ』シーズン2第4話「この世に類を見ないもの」

キス

フレンチーがドラッグをキメている。

アパート襲撃事件で59人が死亡したというニュースが流れ、死亡したキミコの弟、ケンジは光解放軍のテロリストとして首謀者に仕立て上げられていた。

落ち込むキミコを慰めるフレンチーは彼女にキスをするが、拒否されてしまう。

マデリン

ホームランダーはストームフロントが精力的にヒーロー活動するのをよく思っていない。

ホームランダーはある家に入ると、中には死んだはずのマデリンの姿があった。

彼女からミルクをもらうと、2人は熱いキスを交わす。

リバティー

グレイスと話すブッチャー。

レイナーの件を謝るブッチャーに対して、リバティーという中堅ヒーローの住所を渡される。

そして、ベッカの件は自分の責任で生きていたことを知らなかったといい、ベッカの住所を渡すのだった。

ドッペルゲンガー

マデリンと二人で『タクシードライバー』を見みている。

ストームフロントがセブンの顔だと言われていることに不満を漏らす。

すると、マデリンから雑草は抜くべきだとアドバイスをもらう。

しかし、マデリンは突然うめき声をあげて姿が変わる。

変身能力をもつドッペルゲンガーがマデリンに成り代わっていたのだった。

ブッチャーの意思

ブッチャーはMMにリバティーの引き継ぎをして、ベッカがいるヴォートの施設一人でへ行こうとする。

エレベーターでの脅迫

tbe-boys-2-4_01出典:https://www.imdb.com/

スターライトがのるエレベーターにホームランダーが乗ってくると、彼はヒューイを殺さなかったことをとがめて、彼女を脅す。

スターライトはヒューイは恋人ではないとなんとか突き通して事態を脱するのだった。

ブラックノワール

ブラックノワールがヴォートの情報室へいき、独自にブッチャーの情報を調べている。

スターライトの苦悩

スターライトとヒューイは密会し、コンパウンドVを暴露したのにヴォートは変わらず、むしろ状況が悪化したと話すスターライトに対してなだめる。

そんな中、MMから電話入り、その場を去ろうとするが、スターライトは今の状況の辛さに耐えられないと言って泣きついてくる。

その後、MMを説得し、スターライトもリバティー探しへと向かうことになるのだった。

Aトレインの降格

Aトレインは社内でショックウェーブに会い、動揺するも、その後ホームランダーからセブン脱退の勧告を受ける。

怒るAトレインだったが、彼の体の負担は見抜かれていて「お疲れさん」と言ってホームランダーは出て行ってしまう。

フレンチー

ドラッグ浸りのフレンチーはフラフラになりつつ女性にキミコにキスした話を打ち明けている。

彼女からランプライターに殺された子どもたちを救えなかった償いをしていると言われる。

そしてキミコはそっとしておいてあげろと言われるのだった。

ブッチャー

ヴォートの施設に侵入したブッチャーは、ベッカと再会することに成功。

再会を喜び、ゴミ収集車に紛れて脱出する計画をたてるのだった。

モーテル

モーテルに泊まる3人。

スターライトはMMが強迫性障害であることに気付いていた。

そして、セブンにいると毎日ホームランダーの恐怖を感じることをヒューイに話した後、2人は夜を共にする。

一時の安らぎ

ブッチャーとベッカは車で愛を交わす。

出産後すぐからここに住んでいるというベッカ。

ライアンと一緒に脱出し、ブッチャーは失った時間を埋め合わせたいと話す。

ホームランダーの暴露

テレビ出演するホームランダーとメイヴ。

いろんなインタビューを受ける中で、ホームランダーはメイヴがレズビアンであり、エレナというヒスパニック系の恋人がいることを明かしてしまう。

その後、ホームランダーはメイヴがエレナと付き合っていることを自分の口から言わせ、2人の関係を心から喜んでいると彼女に言うのだった。

演説と接近

tbe-boys-2-4_03出典:https://www.imdb.com/

ストームフロントが民衆の前で会見しているところ、キミコが密かに近づいていた。

弟を殺された恨みをぶつけようとするキミコを直前のところでフレンチーが止める。

事情聴取

リバティーを知るハンターと言う女性を訪れた3人は、初めは断れてしまうものの、MMの説得でなんとか情報を聞き出すことに成功する。

48年前、ハンターの兄は黒人という理由でリバティーという白人ヒーローに殺された話をする。

警察に言いたかった彼女だったが、両親に説得されてヴォートからの金を受け取ってしまったのだった。

すると、彼女はストームフロントがリバティーであるというのだった。

レイナーはストームフロントの正体に気づいたから殺されたのではないかと推測をたてる。

怒り

tbe-boys-2-4_02出典:https://www.imdb.com/

ホームランダーがストームフロントに怒りをぶつける。

彼女は力になりたいだけだと言い、人気を集めている彼女はホームランダーについてくるのはファンで自分についてくるのは兵士だという。

時代に合わせて変わるべきだと言うものの、ホームランダーは助けは必要ないといって出ていくのだった。

別れ

脱出目前で、ベッカは一緒にはいけないと言い出すのだった。

3人で逃げてもブッチャーがライアンをいずれ遠ざけてしまうのが目に見えるというベッカ。

ヴォートがライアンを育てたら第二のホームランダーになってしまうという彼女に対して、イカれた能力者の子だと言ってしまうブッチャー。

ベッカは妊娠が判明した後、、ブッチャーを頼らずヴォートを頼ったのはブッチャーのように戦い続けるのは無理だからだと話し、去っていく。

ノワールの動き

監視カメラの映像でブッチャーの姿をブラックノワールが見つけていた。

別れ

スターライトは楽しんでいる場合ではないと言い、今後はヒューイと会うのをやめて去って行くのだった。

セブン復帰の目論み

さまざまな女性の面接をするディープたち。

その中で愛について語るカサンドラという女性を理想的な結婚相手だと勧められ、ディープの世間イメージを回復させてセブン復帰を狙っていた。

みんなに愛されなくていい

再びドッペルゲンガーのマデリンの元を訪れるホームランダー。

マデリンから誘惑されるも、自分以外は誰もいらないと言うのだった。

すると、ドッペルゲンガーはホームランダーに変身して接近する。

自分のサオを自分にしゃぶり尽くすのは最高だと話す彼に、惨めだと言って、みんなになんて愛されなくていいと言って殺してしまうのだった…。

【ネタバレ感想】ホームランダーのイライラが爆発寸前

『ザ・ボーイズ』シーズン2第4話。

  • ブッチャーが妻ベッカと再会するが、結果的にベッカは残ることに
  • ホームランダーのイライラがだんだん溜まっていく
  • Aトレインはセブン脱退を告げられる
  • リバティー=ストームフロントだった
  • ブラックノワールが密かにブッチャーへ接近
  • ディープは結婚することでイメージ回復を狙う

第4話のポイントは上記のところですかね。

ホームランダーの鬱憤を『タクシードライバー』で例えたり、ビリー・ジョエルの『We Didn’t Start The Fire』で盛り上がるヒューイとスターライトなど、相変わらず小ネタが面白い。

『We Didn’t Start The Fire』はアベンジャーズメンバーが歌うやつが一時期話題になったのを思い出しました。

ちなみにこの「We Didn’t Start The Fire」が収録されたアルバム名が「ストームフロント」というのもつながりを感じずにはいられませんね。

マデリンの再登場

マデリンが生きていたのかと思いましたが、変身能力を持つドッペルゲンガーでした。

それにしてもドッペルゲンガーの能力って、その人自体になれるんですかね。

マデリンの姿を真似したというよりはマデリンになったという印象が強かったので気になりました。

もし彼がマデリンの真似をしているだけだったら、めっちゃすごいし、さすがのホームランダーでも萎えそうですけどね(笑)。

しかし、殺されちゃったのでもう意味ないですが。

ホームランダー

ホームランダーのイライラが溜まりに溜まっていました。

彼はAトレインを脱退させ、スターライトを問い詰め、メイヴのレズビアンを暴露するなど、かなりイライラしている様子です。

「#ヒーローは白人」という昨今のさまざまな人種問題に絡んだ内容を適度にブチ込無あたりと、その流れでホームランダーがメイヴのレズビアンを暴露する流れなどはさすがの表現でした。

それぞれの苦悩

ブッチャーはベッカと念願の再会を果たしましたが、結果的に別々になってしまいます。

ホームランダーへの復讐に囚われていたたブッチャーに対して、たとえホームランダーとの子どもであっても守りたいベッカとの間に距離が生まれてしまいました。

一方で、スターライトとヒューイも愛し合っているものの、互いの立場上の苦悩と、ホームランダーの圧力に疲弊しているスターライトは、ヒューイと会わないようにするのでした。

ストームフロント

独自のやり方でヒーロー活動を行い、人気を得ていくストームフロントに対して、ホームランダーもみんなから愛される必要はないという方向になっていきました。

2人は協力するのか、一方で衝突するのかは分かりませんが、ホームランダーがヒーローとしての人気商売をやめた場合、今後手もつけられないくらいになりそうで怖いところです。

また、ストームフロントが黒人殺しのリバティーだとすると、彼女もかなりの問題材料となってきますね。

『ザ・ボーイズ』第5話のネタバレ感想

下のリンクから30日間の無料体験を利用して『ザ・ボーイズ』が無料で視聴できます。

\ 登録・解約も簡単 /

今すぐ『ザ・ボーイズ』を観る※30日間以内に解約で完全無料です

人気記事【裏技】U-NEXTの31日間無料トライアルを2回目3回目と利用する方法

人気記事アメコミが原作のドラマ『ザ・ボーイズ』のキャストと感想まとめ